満月
ENTRIES
にほん ブログ村
 
人気ブログランキング
 
FC2ブログランキング
 
COMMENTS
  • 「 クロトン 」に 再び魅了されました〜 ♪v(⌒o⌒)v♪      
    AKAZUKIN (02/28)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    Ouna (02/24)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    Fly fishig 大好き (02/24)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    Ouna (02/23)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    藤の花 (02/23)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    Ouna (02/23)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    AKAZUKIN (02/22)
  • クロアゲハのラブラブな交尾シーンが撮れました 〜昆虫館で〜
    Ouna (02/19)
  • クロアゲハのラブラブな交尾シーンが撮れました 〜昆虫館で〜
    Ouna (02/19)
  • クロアゲハのラブラブな交尾シーンが撮れました 〜昆虫館で〜
    AKAZUKIN (02/19)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

Ouna のブログへようこそ!

コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02

JUGEMテーマ:鳥が好き!

 

2020年1月20日(月)

伊丹市 昆陽池公園 昆陽池・給餌池の4羽のコブハクチョウが 3羽だけになっていた のが気がかりだった。

2月13日(木)

昆虫館の見学をしてから足を延ばして、いなくなったコブハクチョウの情報を得るために昆陽池・給餌池へ行ってみた。

ちょうど、給餌などのお世話をしている方のお一人から事情を聞くことができた。

 

お世話されている方々の間では、コブハクチョウ4羽に呼び名があって「チョウ」と呼ばれていたのが急死していた。(T_T)

「チョウ」は老いていたので体力が落ちていたのか、組んでいる若いコブハクチョウ2羽にいじめられていたようです。

 

どのコブハクチョウが急死したのか、過去の記事から探してみたが。

昆陽池公園・昆陽池の コブハクチョウ4羽 の近況 2019.03.08 2019.03.12

この記事中のコブハクチョウ(A)さんかも知れない!?

野鳥観察橋の向こう側で若いコブハクチョウから離れて給餌されていたので……。

 

 

3羽だけになったコブハクチョウの近況

 

若いコブハクチョウ 2羽組 2020年2月13日

 

コブハクチョウ2羽組

(2020.02.13 15:40)

午後の給餌を終えて芝生で羽繕いなどしながら、くつろいでいる2羽のコブハクチョウ。。

急死したと思われるコブハクチョウがいた辺り。

 

 

コブハクチョウ2羽組

(2020.02.13 16:14)

「カワ」「フク」と呼ばれているらしい若い2羽のコブハクチョウ。

Ouna は「カワ」と「フク」の見分けがつかない。

いつも仲良く行動しているのでカップルか、と思っていたがただ組んでいるだけ。

 

 

若いコブハクチョウ 2羽組  2020年2月10日

 

1羽のコブハクチョウ

(2020.02.10 16:42)

若いコブハクチョウの1羽が遊泳中。

 

 

餌をとっているコブハクチョウ

(2020.02.10 16:45)

若いコブハクチョウの1羽、給餌池の沖で餌をとっている。

 

 

餌をとっているコブハクチョウ

(2020.02.10 16:45)

長い首を使って水中の餌をとっているコブハクチョウ。

 

 

 

1羽 の コブハクチョウ 2020年2月13日

 

コブハクチョウ

(2020.02.13 15:43)

「イチ」と呼ばれているコブハクチョウかな!?

午後の給餌を終え、1羽だけで定位置の芝生でくつろいでいる。

 

 

コブハクチョウ

(2020.02.13 16:28)

右の目が白く濁っていて見えないらしい。

このコブハクチョウも老いている!? がんばろうね!

 

 

1羽 の コブハクチョウ 2020年2月10日

 

コブハクチョウ

(2020.02.10 16:39)

野鳥観察橋の手前の芝生、この辺りが定位置でいつもカモたちと一緒にいる。

あまり池に入らないようで。

 

 

コブハクチョウ 1本足で立っている

(2020.02.10 16:39)

この日、長いこと1本足で立っていた。フラミンゴじゃあるまいし…… (⌒▽⌒)アハハ!

 

 

2017年1月の鳥インフルエンザ禍で、 昆陽池の26羽のコブハクチョウの内20羽が死んだ。

急死したコブハクチョウと右目が白濁しているコブハクチョウは、その時の生き残り。

 

2016年1月22日の記事

カモたち飛来 〜 寒波と共に 〜 昆陽池公園 2016.01.20

 

コブハクチョウ 20数羽の遊泳風景

(2016.01.20 14:41)

この頃は、昆陽池・給餌池で20数羽のコブハクチョウの遊泳が見られた。

給餌箱も5か所ほどに分けて置かれ、お相伴にあずかるカモたちも一緒で賑やかな食事風景だった。

コブハクチョウや渡り鳥を見に来る方々も多かった。

 

昆陽池公園・昆陽池のシンボルのコブハクチョウ!

たった3羽になってしまったけれど、いつまでも元気でいて欲しい。

 

 

関連記事:

冬枯れの昆陽池公園・昆陽池 〜3羽だけのコブハクチョウと野鳥たち〜 2020.01.27

 

夕暮れ時の コブハクチョウ・野鳥たち 〜冬枯れの昆陽池公園・昆陽池で〜 2020.01.23

 

コブハクチョウ 4羽で静かな食事タイム ・・昆陽池公園 2018年秋の午後・・ 2018.11.11

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ

にほんブログ村

 

| コブハクチョウ・野鳥 - 昆陽池 | 12:15 | comments(6) | - |

冬枯れの昆陽池公園・昆陽池 〜3羽だけのコブハクチョウと野鳥たち〜

JUGEMテーマ:野鳥

 

夕暮れ時の コブハクチョウ・野鳥たち 〜冬枯れの昆陽池公園・昆陽池で〜」の続編です。

 

Ouna が伊丹市昆陽池公園の、コブハクチョウや渡り鳥に興味を持ったのは2012年の秋。

2012年 以前のことは詳しく知らなかったのですが、下記の記事を読んで驚いた。

 ↓

渡り鳥の飛来40年で10分の1に 原因は不明 神戸新聞NEXT 2019.02.08

 

市などの調査によると、昆陽池公園に飛来する渡り鳥は、ピーク時の1982年には計10種類 5862羽が渡ってきたとされ。

開園時から飼育するコブハクチョウは144羽もいたという。

 

以後、渡り鳥の減少が続き、コブハクチョウは3年前の鳥インフルエンザ禍で、ほぼ全滅状態になり4羽になった。

昨年の11月26日 は4羽元気だったのに、今年の1月20日は3羽しかいなかった。

昆陽池公園のシンボルのコブハクチョウが減ってしまったので、冬枯れの昆陽池公園は活気がなくて寂しい。

 

 

遊泳中の2羽のコブハクチョウ

 

コブハクチョウ2羽 遊泳中

 

石積堤防の向こう側の昆陽池は水位がずいぶん下がっている。

昆陽池・給餌池の南西エリアを遊泳中の2羽のコブハクチョウ。

この2羽がもしペアならば、ヒナ誕生の希望がもてるかも、などと思った。

 

 

羽繕いに余念がない1羽のコブハクチョウ

 

羽繕い中のコブハクチョウ

 

給餌池の南西の水際、大木のラクウショウの傍で、様々なポーズでリズミカルに羽繕い。

画像の左手にオオバンが見える。オオバンは何羽か昆陽池公園にいつもいる。

 

 

羽繕い中のコブハクチョウ

 

羽繕い中のコブハクチョウ、いつも時間をかけて念入りに。

 

コブハクチョウ 〜仲良しさんの羽づくろい〜 昆陽池公園で

 

 

給餌池の野鳥観察橋辺り カモたちの たまり場

 

給餌池野鳥観察橋辺りのカモたち

 

水中に大小の石が置かれていて、カモたちは石の上で羽繕いをしたり、まどろむ。

画像の右手、岸でアヒルが爆睡中。アヒルは何羽かいたが1羽になっているよう。

 

 

ヒドリガモたち 給餌池 野鳥観察橋辺りの たまり場へ・・・

 

ヒドリガモたち池へ戻る

 

給餌池の野鳥観察橋の辺りをエリアにしている? ヒドリガモたち。

岸に植わっているナンキンハゼの下の芝生をついばんでいた。ナンキンハゼの実でも落ちていたのかな?

雄雌が揃って給餌池の野鳥観察橋下へ戻る。。。

 

 

ヒドリガモの 雄・雌 と オナガガモの 雄・雌 遊泳中

 

遊泳中のヒドリガモ・オナガガモたち

 

給餌池 野鳥観察橋の上から撮る。

 

 

ハシビロガモ 雄

 

ハシビロガモ 雄

 

ハシビロガモの雄、黒く幅の広いクチバシ。

水面に模様、野鳥観察橋の欄干などが映り、カモたちが泳ぐと波立って不思議な模様ができる。

 

 

キンクロハジロ 雄

 

キンクロハジロ 雄

 

野鳥観察橋の上から撮る。

 

 

キンクロハジロ の 餌のとり方

 

キンクロハジロが潜水してできた波

 

キンクロハジロが潜水してできた波。。。

 

 

潜水していて浮かび上がったキンクロハジロ

 

キンクロハジロは潜水ガモ。

湖沼・河・湾などで潜水して、貝類・甲殻類・水生昆虫など動物質なものを主に採食する。

潜水時間は約20秒ほど、といわれているが。

給餌池は浅い、もう少し長く潜って泳いでいたように思う。

 

 

昆陽池の中 アオサギ・シロサギ

 

アオサギ・シロサギ 獲物を探している

 

昆陽池の水位はずいぶん下がっている。

アオサギ2羽、いつもこの辺りで見る。 この日、シロサギは2羽いた。

サギたちは獲物を探している様子。

 

 

昆陽池の中に浮かぶ野鳥の島 に カワウ

 

昆陽池の中の野鳥の島 カワウ多数

 

 

昆陽池の中の野鳥の島 カワウ多数

 

カワウは年中、昆陽池の中の野鳥の島で多数見られ、糞で木を白く枯らしてしまう困った鳥。

カワウの糞害は冬枯れに拍車をかけている。

 

関連記事:

カワウの群れとサギ 〜 昆陽池公園・昆陽池で 〜

 

川鵜の巣作りラッシュ・・昆陽池にて

 

川鵜(カワウ)の糞に憤慨!? 昆陽池の日本列島

 

 

伊丹市 昆陽池公園 〒664-0015 兵庫県伊丹市昆陽池3丁目

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ

にほんブログ村

 

| コブハクチョウ・野鳥 - 昆陽池 | 15:00 | comments(4) | - |

夕暮れ時の コブハクチョウ・野鳥たち 〜冬枯れの昆陽池公園・昆陽池で〜

JUGEMテーマ:野鳥.

 

2020年1月20日(月)

今年の昆陽池公園・昆陽池のコブハクチョウと野鳥の初撮りは遅くなってしまった。

昨年11月26日以来で、すっかり冬枯れで茶色の世界になった昆陽池・給餌池。

訪ねるのが午後になってしまい、夕暮れ時を迎える昆陽池公園は寒々として寂しく感じた。

 

昨年11月26日 よりは、カモたちは少し増えているようですが。

午後のコブハクチョウへの給餌が終わった後だったので、別の場所へ移動しているのがいたかも。

 

 

冬枯れの昆陽池公園 昆陽池・給餌池 コブハクチョウ3羽だけ

 

岸辺の芝生で、まどろむ コブハクチョウ

 

岸辺の芝生でまどろむ コブハクチョウ

 

前方、昆陽池と給餌池を仕切る石積み堤の近くを遊泳中のコブハクチョウ2羽。

昨年11月には4羽いたコブハクチョウですが、3羽になっている。

どうしたのだろう? 給餌の係の方に会えなかったので分からない。(* ̄□ ̄*;

 

 

羽繕い(はづくろい)に余念がないコブハクチョウ

 

羽繕いするコブハクチョウとカモたち

 

優雅とはいえない姿で羽繕いしているコブハクチョウ。 カモたちもいる。

 

 

羽繕いするコブハクチョウとカモたち

 

Ouna がコブハクチョウの羽繕いを見ていたら、給餌池からあがって来てくれたオナガガモたち。

みんな飛来してきた疲れもとれ、栄養が届いているのか美しい。

 

 

夕暮れ時 昆陽池公園・昆陽池の上空は・・・

野鳥の群れが次々と舞い飛び騒々しい。

 

昆陽池の上空を舞い飛ぶ野鳥の群れ

 

 

不穏な空気を感じたカモたちは・・・

上空を舞い飛ぶ野鳥の群れに警戒して羽をふくらませ丸くなる!?

 

警戒して羽をふくらませるカモたち

 

大阪国際空港(伊丹空港)から飛び立つ飛行機のラッシュアワー。

昆陽池の上空を次々と騒音をたてて飛んでいくが、カモたちは慣れているのか驚く様子はない。

 

 

カモの群れが危険を感じて・・・

給餌池へ勢いよく飛んできて着水。。。

 

池に勢いよく着水するカモの群れ

 

芝生でコブハクチョウと遊んでいたカモたちは急いで給餌池へ戻る。。。

 

 

芝生で遊んでいたカモたち池へ急いで戻る

 

水中が安全、と給餌池へ戻るカモたち。。。

 

 

コブハクチョウとオナガガモたちの行進・・・!?

 

コブハクチョウとカモの水中行進

 

コブハクチョウと並んで泳ぐカモたち。。。

昆陽池・給餌池のコブハクチョウとカモたちはいつも仲良し。

 

 

昆陽池公園 昆陽池・給餌池にカモたちの飛来が減ったのは・・・

 

カモたち渡り鳥の飛来数が減った訳を言及しているサイトがあるか検索。

渡り鳥の飛来40年で10分の1に 原因は不明 神戸新聞NEXT 2019.02.08

 ↑

原因は不明だが、伊丹市は園内の環境や生態系の変化が与えた影響を指摘する。という。

 

コブハクチョウが多数いた時の給餌タイムは、給餌のおこぼれ目当てのユリカモメやカラスたちで騒然としていた。

そのころを思えば争いもなく静かで、鳥たちを観察するにはいいかも知れません。

 

 

関連記事:

コブハクチョウへの給餌〜お相伴にあずかる〜ユリカモメ・カモたち〜 2016.01.26

 

昆陽池公園・昆陽池のカモたち 数が増えてました。。。 2014.01.25

 

コブハクチョウ・野鳥 - 昆陽池

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ

にほんブログ村

 

80歳以上ランキング

| コブハクチョウ・野鳥 - 昆陽池 | 12:30 | comments(4) | - |

発信機(送信機 )を付けた オナガガモの思い出 〜昆陽池公園で〜

JUGEMテーマ:野鳥.

 

今年の伊丹市昆陽池公園の野鳥初撮りは、近日中にと思っています。

昨年11月26日 に行ってきたのですが、近年とみにカモたちの飛来数が減っているようで寂しい。

 

Ouna は2012年から昆陽池公園を訪ね、放鳥飼育のコブハクチョウや渡り鳥を見てブログに載せてきた。

2012年ごろはコブハクチョウもまだ多数いて、給餌タイムは渡り鳥のカモたちも一緒でとても賑やかだった。

 

 

背に送信機を付けたオナガガモの彼と彼女 課せられた任務は!?

 

2012年3月14日、昆陽池・給餌池岸辺の芝生で、一緒に羽繕いをするオナガガモの雄と雌を見た。

 

発信機を付けたオナガガモの羽繕い・・昆陽池にて 2012.03.17

 

その背には発信機らしき物が装着されていて。

Ouna は発信機としていますが、正しくは人工衛星用送信機というものだと後に知る。

雄・雌のカモはペアか? 確かなことは分からなかったけれど。

 

 

送信機を付けた オナガガモの雄

 

・・・午後の給餌後 羽繕い中・・・

 

オナガガモのオス 送信機付き

(2012.03.14 15:42)

大きく羽ばたいたり……

 

 

オナガガモのオス 送信機付き

 

後ろ向きでは羽繕いをしているので、付けられた送信機はよく見える。

 

 

オナガガモのオス 送信機付き

 

短いがアンテナらしきが見える。

盛んに羽繕いしていたのでその様子は何枚も撮れているが送信機が見えるのをUP。

 

 

オナガガモのオス 羽繕い

 

 

 

送信機を付けた オナガガモの雌

 

・・・午後の給餌後 羽繕い中・・・

 

オナガガモの雌 送信機付き

(2012.03.14 15:37)

雌のオナガガモも雄と同じ送信機が付けられている。

アンテナはじゃまにならないのだろうか?

 

 

オナガガモの雌 送信機付き

 

羽繕いをしている……

 

 

オナガガモの雌 送信機付き 羽繕い

 

 

 

オナガガモの雌 送信機付き 羽繕い

 

羽繕い中に送信機に触れたようで、あれ! 何だか硬いなー、という面持ち。

 

 

背に装着された送信機は羽繕いのじゃまにならないのだろうか、と案じたけれど気にしていない様子。

誰が何のために送信機を付けたのか、送信機は軽量に作られているのでしょうが、時が来れば自然に外れるのだろうか、などと心配。

 

 

1週間たった3月21日、オナガガモの背の送信機のことが気になり、検索して調べた。

下記のサイトが見つかり…‥

「折々の記録」 樋口広芳 2012年2月8日(水)〜9日(木)  兵庫県伊丹へ。

樋口広芳(ひぐち ひろよし 1948年2月26日 - )日本の鳥類学者・農学博士。

 

記録には

<2012年2月8日〜9日、昆陽池からのカモ類の追跡のため、オナガガモ8羽とヒドリガモ1羽に衛星用送信機が装着されました>とありました。

発信機ではなくて、正しくは人口衛星用送信機のようです。

 

オナガガモ8羽に送信機を装着とありますので、写真の雄・雌はその内の2羽か。

送信機を装着されてから34日ほどになるので慣れた様子。

Ouna が写真を撮ったのは3月14日、そろそろ北帰行の旅に出発の前ごろだったでしょう。

 

渡りの経路を送信するという任務を課せられた、オナガガモの彼と彼女は無事に任務を果たせたのだろうか!?

そして、その後も昆陽池・給餌池へ飛来して来ただろうか……  (; ̄ー ̄)...ン?

 

 

今回、送信機装着のオナガガモについて、もっと詳しく知りたくて検索して探した。

22から23ページ カモの渡り、カワウ、ホタル(PDF:2.1MB)  - 伊丹市

 ↑

昆陽池に飛来するオナガガモの移動経路

渡り鳥飛来経路解明調査報告書(環境省2012)より引用

 

送信機を付けたオナガガモの移動経路が図で示されています。

 

 

関連記事:今までに投稿した記事

コブハクチョウ・野鳥 - 昆陽池

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ

にほんブログ村

 

日記・雑談(80歳以上)

| コブハクチョウ・野鳥 - 昆陽池 | 10:45 | comments(6) | - |

渡り鳥のカモたち飛来してます。。。伊丹市昆陽池公園の昆陽池と貯水池に

JUGEMテーマ:野鳥.

 

2019年11月26日(火)

伊丹市昆陽池公園 へ渡り鳥が飛来しているか、見に行ってきた。

 

13日(水)は、まだ渡り鳥のカモたちの姿は見られなかった。

その後、多くはないけれどカモたちが飛来したようで、コブハクチョウの午後の給餌タイムに餌場に集まっていた。

もう少し寒くなれば、カモたちの数も増えるカモ。

 

2017年の鳥インフルエンザ禍で、20数羽も放飼いにしていた人気者のコブハクチョウがほぼ全滅。

今は、オス4羽だけの活気のない給餌タイムになっている。

そのため、給餌池に飛来するカモたちの数も減ったように思うが!?

 

昆陽池と道をはさんだ人口池・貯水池に、キンクロハジロの大きな群が飛来。。。

他のカモたちも混ざって遊泳していた。

 

 

コブハクチョウに午後の給餌 と 渡り鳥のカモたち 昆陽池・給餌池で

 

コブハクチョウ 午後の食事, 周りにカモたち

14:29

コブハクチョウ午後の食事タイム。

給餌係の方の姿をみるとコブハクチョウ、カモたちはお相伴にあずかるため集まって来る。。。

コブハクチョウ4羽になってから、1羽ずつポリバケツなどでの給餌。

 

 

コブハクチョウ 午後の食事, 周りにカモたち

14:30

食事するコブハクチョウの周りに集まったカモたち。

後方にユリカモメ2羽が控えている。

ユリカモメは、いつも勢いよく飛んで来てコブハクチョウの餌をさらっていく。

 

 

コブハクチョウ 午後の食事, 周りにカモたち

14:30

係の方がユリカモメを追払ったので逃げた。

ユリカモメが多数の時は大変!

 

 

コブハクチョウ 食事中, 周りにカモたち

14:33

首が長いコブハクチョウ用の餌入れ。

カモさんが深い容器の中の餌を食べようとしているが無理でしょう。

 

 

コブハクチョウ 1羽だけで食事

 

コブハクチョウ 1羽で食事

14:32

このコブハクチョウくんは足が悪いとかで、水辺ではなくて。

ユリカモメなどに食事のじゃまをされないように配慮されているようです。

 

 

飛来している渡り鳥 カモたち

 

飛来している少数のカモたち

14:33

黄色の線で楕円形に囲んだ中にオオバンがいる。

オオバンは渡り鳥ではなく、今年の3月に給餌池で Ouna が初めて見た オオバン だろうか!?

コブハクチョウは毎年渡って来るカモたちとは共存しているようだが、オオバンが近寄ると威嚇していた。

 

 

コブハクチョウ 食事終了か

14:36

コブハクチョウ、ほぼ食事を終えたようで……。

オナガガモたちは水からあがって、これから芝生などでくつろぐ。

 

 

浄水場の水源としての貯水池 渡り鳥飛来

 

渡り鳥のキンクロハジロなどが多数飛来して遊泳。

 

貯水池に渡り鳥多数

14:48

キンクロハジロ、その他の水鳥たちも一緒で200羽以上か。

キンクロハジロは潜水ガモ、食べ物が違うので昆陽池へは来るが給餌池の餌場には近寄らない。

 

 

貯水池に渡り鳥多数

14:51

貯水池。向きを変えて撮る、逆光。

昆陽池公園(28.5ha) 内には、北側に自然池の昆陽池(12.5ha)。

南側に浄水場の水源としての貯水池(4.5ha)の二つの池がある。

 

 

昆陽池・給餌池の野鳥観察橋

 

昆陽池・給餌池の野鳥観察橋

2019.11.13

カモの数はまだ少なく、コブハクチョウが4羽いるが写っていない。

赤く紅葉したナンキンハゼの木。

26日には落葉しており、カラスが白い実をついばんでいた。

 

年が明けたらまた見に行きます。

 

 

昆陽池公園案内図

 

昆陽池公園 HPより拝借

 

 

関連記事:

コブハクチョウが多数健在だった頃

カモたち飛来 〜 寒波と共に 〜 昆陽池公園 2016.01.20

 

コブハクチョウ・野鳥 - 昆陽池

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ

にほんブログ村

 

 

 

| コブハクチョウ・野鳥 - 昆陽池 | 11:45 | comments(2) | trackbacks(0) |

黒い鳥 オオバン と 初対面 ・・ 幸せ運んでくれるかな ・・!?

JUGEMテーマ:野鳥.

 

 

黒い鳥 オオバン(大鷭)

 

伊丹市 昆陽池公園・昆陽池の給餌池で遊泳中のオオバン 2019年3月8日(金)

 

遊泳中のオオバン 2羽

2019.03.08 15:33

 

給餌池の野鳥観察橋の側で、遊泳中の2羽のオオバンと初対面。

オスとメスの区別がつきにくいわ。 もしかしたら、ペアかも。

無造作に撮ったので……、顔がよく分からない。

もう会えないかも知れない。 ちゃんと撮ればよかったのに、と後悔している。

 

 

オオバン 遊泳中・・・

 

遊泳中のオオバン 1羽

15:34

 

ペアらしき2羽とは別に、昆陽池・給餌池の沖の方で1羽で遊泳していたオオバン。

 

 

Ouna が リボンをつけた オオバンの写真(1)

 

オオバン

 

 

Ouna が リボンをつけた オオバンの写真(2)

 

オオバン

 

体は灰黒色で美しくはないけれど、赤い目、顔は白い仮面をかぶったようでユニーク。

仮面舞踏会にでも行けそうなので、Ouna がリボンを付けてあげた。 (*'ー'*)ふふっ♪

 

 

初対面の黒い鳥 オオバン 幸せ運んでくれるかな!?

 

3月8日(金) 昆陽池公園・昆陽池の給餌池へ、コブハクチョウを見に行った。

4羽のコブハクチョウの元気な姿を見て安堵した。

 

初めて見たキンクロハジロの可愛い羽繕いに興奮。

 

この日、給餌池の野鳥観察橋に吹きつける風が冷たくて、コンデジ持つ手がしびれた。

そろそろ帰らねばと思った時、今まで見たことがない黒い鳥のぺア? が静かに現れ。

池の沖にも1羽が遊泳していた。

 

灰黒色で引かれるような鳥ではなかったので、無造作に撮って昆陽池公園を後にした。

帰宅後、PC に取り込んだら、白い仮面をかぶったようで、くちばしは 白く尖がっている。

黒い鳥の名は「オオバン」 だった。

 

オオバン・バンという鳥の名は聞いたことがあるが、昆陽池公園で会ったことがない。

日本列島を模した島が浮かぶ昆陽池で、密かにすんでいるのでしょうか。

どこからか飛んで来たのかも知れない。

 

オオバンは、「幸せを運ぶ黒い鳥」とか「幸せを呼ぶ黒い鳥」と、いわれているようですが。

黒い鳥のカラスとカワウが、好きになれない Ouna。

オオバン との初対面の感想は、美しくないし可愛いとも思わなかった。

 

自分が潜水して採ってきた水草を、カモたちに奪われても怒ることはないらしい、オオバン。

なので、食べ物を恵んでくれる、「幸せを呼ぶ黒い鳥」というような説もあります。

 ↑ ↑

神戸宇考さんの野鳥観察に行こう

 

 

オオバンは、カモたちに「大盤振る舞い」をするのでしょうか。 (⌒▽⌒)アハハ

和名はバンよりも大型であることに由来するのですが……。

 

奇しくもこの日3月8日は、Ouna 満82歳の誕生日。

カモたち 鳥にとっては、オオバンは「幸せを運ぶ黒い鳥」かも知れないけれど…‥。

初対面の Ouna に、幸せを運んでくれるわけではなさそう。(* ̄□ ̄*;

 

しかし、この日は キンクロハジロ 羽繕いの初見 とオオバン自らが姿を見せてくれて、ラッキーだった。

 

陸に上がった姿を見ていないのですが、足の形が面白そうなオオバン。

今度、対面できたら、よく観察して好きな鳥の部に入れてあげたい。

 

 

< オオバン > 大鷭

ツル目 クイナ科の鳥。

全長 約40cm。くちばしと額板と次列風切の先端が白いほかは、ほぼ全身がすすけた黒色。

眼の虹彩は赤くてよく目立つ。

日本での分布は、1980年代の百科事典で調べると、本州中部以北で繁殖し、冬季は本州中部以南で見られる。

となっているが、近年は増加の傾向があり、日本中で見られるそう。

湖沼や池にすみ、とくに営巣や隠れ場になるヨシやマコモなどの繁茂しているところを好む。

 

 

関連記事:

キンクロハジロの羽繕い ・・初見です・・ ∩(^∇^)∩

 

嫌われ者です 〜カラス(烏)とカワウ(川鵜)〜昆陽池公園で

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ

にほんブログ村

| コブハクチョウ・野鳥 - 昆陽池 | 11:30 | comments(6) | trackbacks(0) |

キンクロハジロの羽繕い ・・初見です・・ ∩(^∇^)∩

JUGEMテーマ:野鳥.

 

キンクロハジロ(オス)の 羽繕い

 

伊丹市 昆陽池公園・昆陽池の給餌池で初見。 2019年3月8日

 

水中で羽ばたくキンクロハジロ オス

2019.03.08 15:07

羽繕いの最後の仕上げか! 背を向けて羽ばたきを見せてくれた。

キンクロハジロの翼開張は 67〜73cm。

翼を開いた時、白い翼帯が入ることからハジロ(羽白)。

 

 

水中で羽ばたくキンクロハジロ オス

 

羽ばたき〜〜不細工な瞬間…… (;´▽`A``

 

 

水面で羽繕いするキンクロハジロ オス

 

羽繕い、やっと終わりか……。

 

 

水面で羽繕いするキンクロハジロ オス

 

首の辺りを羽繕い!?

 

 

水面で羽繕いするキンクロハジロ オス

 

しばし休憩。

 

 

水面で羽繕いするキンクロハジロ オス

 

白いお腹を上にして羽繕い。

 

 

水面で羽繕い キンクロハジロ オス

 

お腹を上にして浮かび羽繕い……、ラッコのよう。

 

 

羽繕いを始めるキンクロハジロ オス

 

羽繕いを見せてくれたキンクロハジロのオス。

 

 

水鳥は なぜ羽繕いをするのでしょう……

 

お尻に油脂を出す腺があって、そこからにじみ出る油を羽繕いで羽に塗りつけて、水をはじくようにする。

それで、羽毛の間に空気をためられるようになり、浮き袋の役目をするので、すいすいと優雅に泳ぐことができる、そうです。

また、羽ばたいたりして、汚れや寄生虫を取り除かねばならない。 たいへんなお仕事ですね。

 

 

キンクロハジロ 昆陽池公園・昆陽池の給餌池で 2019.03.08

 

遊泳中のキンクロハジロ オス

 

 

遊泳中のキンクロハジロ オス・メス

15:08

10羽ほどの群れが円を描いて遊泳中。

左手、オスの後頭部の冠羽に注目。 可愛いですね。

 

 

3月8日(金)、伊丹市 昆陽池公園・昆陽池へ、コブハクチョウを見に行ったのですが……。

キンクロハジロの 羽繕い・羽づくろい の初見をして、ちょっと興奮気味になり。

コンデジ向けた手を止めて見とれてしまい、よく撮れなかった。

 

この日の昆陽池・給餌池は、渡り鳥たちが北帰行して、放養のコブハクチョウ4羽だけ。

広々していて、少数のカモと10羽ほどのキンクロハジロが、ゆるりと遊泳していた。

渡り鳥のキンクロハジロ、まだ北帰行しないの!?

 

8年ほど前から渡り鳥を見に、昆陽池・給餌池へ行っているので。

キンクロハジロの群れが、野鳥の島が浮かぶ昆陽池で、遊泳しているのを遠目で見ていた。

潜水ガモのキンクロハジロは、給餌池に来る数はそれほど多くはないよう。

コブハクチョウの餌を当てにしていないように見受ける。

 

 

<キンクロハジロ> 金黒羽白

カモ目 カモ科の鳥。 全長 約44cm、メスはやや小さい。

キンクロハジロの名は、金色の目をした体が黒いハジロガモを意味する。

 

オスは、頭部に紫光沢をもち、後頭に冠羽がある。 わき・腹は白色で他は黒色。

目は金色。 くちばしは灰青色で先端は黒色。

メスは、黒褐色で、わき・腹は褐色。 冠羽は短い。 他はオスと同じ。

 

 

昆陽池で キンクロハジロ の群れ 2014.12.18

 

昆陽池で遊泳中のキンクロハジロ 大群

15:30

キンクロハジロの大きな群れ。

日本列島を模した野鳥の島が浮かぶ昆陽池で遊泳中。

 

関連記事:

昆陽池公園・昆陽池の コブハクチョウ4羽 の近況 2019.03.08 2019.03.12

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ

にほんブログ村

| コブハクチョウ・野鳥 - 昆陽池 | 08:00 | comments(4) | trackbacks(0) |

昆陽池公園・昆陽池の コブハクチョウ4羽 の近況 2019.03.08

JUGEMテーマ:野鳥.

 

2019年3月8日(金)

久しぶりに、伊丹市 昆陽池公園・昆陽池へ、コブハクチョウに会いに行ってきた。

冬の間、飛来していた渡り鳥たちの殆んどは、帰ったようで……。

 

給餌池では、コブハクチョウの午後の給餌は、終わったばかり。

4羽のコブハクチョウは、それぞれの場所で羽繕いに余念がなかった。

 

 

コブハクチョウ 4羽  食後の ひと時 羽繕い

 

コブハクチョウ (A)さん の 羽繕い

 

水中で羽ばたくコブハクチョウ

 

昆陽池・給餌池の野鳥観察橋の沖で、水しぶきを上げながら入念かつ派手に羽繕い。

最後に大きく羽ばたいて、ゆっくりと泳ぎながら岸辺に上った。

 

 

羽ばたいて羽繕いする コブハクチョウ

 

こちらでも、羽繕いしながら、何度も羽ばたいて……。

 

 

コブハクチョウ カラスに気付く

 

そこへ、カラスが餌を狙ってきたので、表情を変え……。

 

 

威嚇の羽ばたきをするコブハクチョウ

 

威嚇のために大きく羽ばたくと、カラスは退散した。

 

 

コブハクチョウ (B)さん の 羽繕い

 

コブハクチョウの羽繕い

 

給餌池の野鳥観察橋 近くの芝生で、寝ているのかと思ったが、羽繕い中だった。

 

 

芝生の上で羽繕いするコブハクチョウ

 

ずっと丸くなったままで……、首だけをあちこちと動かして、ソフトな羽繕い。

 

 

コブハクチョウ

 

やっと、お顔が見えました。 やはり、眠そう。 美女? 美男?

4羽のコブハクチョウは全て雄なので美男です!

 

 

コブハクチョウ (C)さん の 羽繕い

 

羽繕いするコブハクチョウ

 

給餌池 野鳥観察橋の手前の水辺で。

少数のカモたちが、コブハクチョウの給餌のお相伴にあずかっている。

 

 

起立の姿勢で羽繕いのコブハクチョウ

 

菜っ葉、お残しですか〜。 羽繕いに忙しいの!

 

 

コブハクチョウ

 

この場所にいつもいるようだけど……。 ここが、餌場で定位置なのですね。

4羽になってからは、個々にポリの容器で給餌されている。

 

 

コブハクチョウ (D)さん の 羽繕い

 

羽繕いするブハクチョウ

 

年配らしきコブハクチョウ、さまざまなポーズで羽繕いに余念がない。

先方、画像中央辺りの水辺に、コブハクチョウ(C)さんが見える。

 

カモたちは、もう北帰行した後で、静かな昆陽池公園の昆陽池・給餌池。

多い時は20数羽もいたコブハクチョウ、たった4羽になって寂しい光景です。

(2019.03.08 15:40)

 

関連記事:

コブハクチョウ 4羽で静かな食事タイム ・・昆陽池公園 2018年秋の午後・・

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ

にほんブログ村

| コブハクチョウ・野鳥 - 昆陽池 | 20:45 | comments(2) | - |

コブハクチョウ 4羽で静かな食事タイム ・・昆陽池公園 2018年秋の午後・・

JUGEMテーマ:野鳥.

 

2018年11月7日(水)

渡り鳥のシーズン到来で、伊丹昆陽池公園へ気掛りなコブハクチョウを、見に行ってきた。

昆陽池・給餌池で会えたコブハクチョウは、4羽だけ。。。。

 

コブハクチョウ 4羽になって 寂しい昆陽池公園

 

2017年1月に、鳥インフルエンザ禍から、逃れた6羽のコブハクチョウ。

同年11月、渡り鳥や野鳥らから、インフル感染をさけるため隔離飼育されていた。

 

再び、2018年3月に昆陽池公園で、カラスが鳥インフルエンザで死んだ。

この時は、コブハクチョウは隔離されていたので、難を逃れたようでしたが。

 

ouna は、カラスが鳥インフル禍の1か月前の2月7日に、昆陽池公園を訪ねている。

その時、コブハクチョウ1羽が盗まれたとかで、5羽だけが隔離飼育されていた。

今回は給餌池で4羽、また1羽 減ったことになるのですが、どうしたのでしょう!?

 

カモたちの数も少なくて、午後の食事タイムは、何とも静かで活気のないものでした。

コブハクチョウが20数羽いた頃がしのばれる。

 

平日の昆陽池公園は、訪れる人も少なくて。

この日は、赤色と黄色の揃いの帽子の保育園児らが遠足で来て。

コブハクチョウやカモに、可愛い歓声を上げていた。

 

昆陽池の全体を見渡すと、いつものようにカワウやサギの姿はあった。

けれど、カラス軍団の姿はなかった。

居るとの噂は聞いていたが、初めてヌートリアを見た。

 

 

コブハクチョウ 午後の食事風景 昆陽池・給餌池で

 

給餌する公園管理員とコブハクチョウ

(2018.11.07 14:35)

伊丹市公園管理員の腕章をつけた方が、給餌をしている。

 

 

午後の食事をするコブハクチョウ

 

黄色のポリバケツの餌入れで、給餌されているコブハクチョウ。

 

 

コブハクチョウとカモ 午後の食事中

 

黄色のポリバケツの隣は、ブルーのポリバケツの餌入れ。

コブハクチョウは数が少なくなったので、1羽ごと餌を貰っている。

カモたちも、お相伴にあずかっているようです。

 

以前のように、コブハクチョウの餌を狙うカラス、よちよち歩きのハトの姿はない。

そうそう、アヒルが1羽だけ池から上って、芝生の上にいましたよ。

アヒルも、以前は2羽いたと思いますが。

 

 

コブハクチョウ の 午後の食事メニュー

 

コブハクチョウの餌

 

白菜・食パン・ペレットなど。

 

関連記事:

コブハクチョウへの給餌〜お相伴にあずかる〜ユリカモメ・カモたち〜 2016.01.

 

 

 

コブハクチョウ 昆陽池・給餌池 岸辺の芝生で・・・

 

コブハクチョウを眺める保育園児

 

黄色・赤色のお帽子の保育園児さんたち、コブハクチョウに歓声を上げていた。

コブハクチョウが首を長くして目をやる先には、何があるのかな!?

 

 

羽づくろい中 の コブハクチョウ

 

羽づくろいするコブハクチョウ

 

羽づくろい、、、あまり優雅な姿ではありませんが・・・。

保育園児さんたちは、かゆいのかな!? としきりに心配していました。

 

 

羽ばたく コブハクチョウ

 

羽ばたくコブハクチョウ

 

とっさのことで、シャッターを切るのが遅れた。

 

 

若いコブハクチョウ

 

若いコブハクチョウ

 

若いコブハクチョウの姿は美しい。

 

 

争い中 の コブハクチョウ 給餌池で・・・

 

争っているコブハクチョウ

 

若いコブハクチョウが、年配のコブハクチョウに、いじめられていた。

たったの4羽、なのに仲良くできないのかしら。

前方に見える建物は、伊丹市昆虫館。

 

 

昆陽池・給餌池の南から 野鳥観察橋方向を見る

 

昆陽池・給餌池のコブハクチョウ

 

紅葉前の昆陽池・給餌池に2羽、岸辺の芝生に1羽のコブハクチョウ。。

昼過ぎに、ラクウショウ(落羽松)の木の影になるこの水辺。

 

 

昆陽池・給餌池に浮かんでいるコブハクチョウとカモ

 

昆陽池・給餌池のコブハクチョウ カモ

 

手前に、給餌池岸水際のラクウショウの大木とその不思議な 呼吸根(気根)

1羽のコブハクチョウとカモたち。。。

もう少し寒くなれば例年のように、カモたちの飛来があるかも。

 

 

関連記事:

昆陽池公園で見つかったカラスのインフルでコブハクチョウが心配! 2018.03.08

 

鳥インフル禍を逃れた〜昆陽池のコブハクチョウの近況〜2017.11. 2017.11.18

 

伊丹市昆陽池公園のコブハクチョウの近況は・・2017.09.01・・ 2017.09.05

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ

にほんブログ村

 

| コブハクチョウ・野鳥 - 昆陽池 | 22:22 | comments(2) | trackbacks(0) |

昆陽池公園で見つかったカラスのインフルでコブハクチョウが心配!

JUGEMテーマ:野鳥.

 

2017年1月にも、伊丹市昆陽池公園のコブハクチョウが、鳥インフルエンザ禍で多数死んだ。

また、今年3月3日に野生のカラスが、鳥インフルエンザで死んでいるのが見つかった・・・

と報道された。

 

「伊丹の昆陽池公園の野生のカラスが鳥インフル」の新聞記事を見て、

2017年1月に鳥インフルエンザ禍から逃れた、6羽のコブハクチョウのことが心配で心配で!

6羽のコブハクチョウは、昨年11月に渡り鳥や野鳥らから隔離飼育されているのです。

 

鳥インフル禍を逃れた〜昆陽池のコブハクチョウの近況〜2017.11.

 

2018年3月7日付の新聞記事では、

「公園周辺でほかの種類への感染などの状況は発生していないとしている」とあるのですが。

感染が広がらないことを祈っています。

 

 

伊丹市昆陽池公園のカラスが鳥インフル

 

2018年3月3日(土曜日)日本経済新聞 朝刊

新たに7羽陽性反応 伊丹の鳥インフル

兵庫県は2日、伊丹市の昆陽池公園で見つけた死んだ野生のハシボソガラス7羽を簡易検査した結果、A型鳥インフルエンザの陽性反応が出たと明らかにした。公園では1日にも5羽で陽性反応が出ている。

 

2018年3月7日(水曜日)日本経済新聞 朝刊

伊丹の公園5羽 鳥インフル確定

兵庫県は6日、同県伊丹市の昆陽池公園で1日に発見した死んだハシブトガラス5羽から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)を検出したと発表した。鳥取大の確定検査で判明した。公園周辺でほかの種類への感染などの状況は発生していないとしている。

 

 

3月の鳥インフル以前

2018年2月7日(水) 昆陽池公園のコブハクチョウ

 

昨年、野鳥から隔離の6羽が気掛かりで、体調はイマイチだったけれど、見に行ってきた。

ところが、6羽のはずが5羽しかいない! (; ̄ー ̄)...?

 

どうやら盗難にあったらしく、警察に届けているとのことでした。

大きなコブハクチョウ、盗って自宅で飼育しているのだろうか???

その後の情報は得ていないのですが・・・。

 

 

5羽のコブハクチョウ 食後の羽づくろい

 

5羽のコブハクチョウ 羽づくろい 1

(2018.02.07 15:21)

渡り鳥や野鳥からの鳥インフルを避けるため、狭い所での不自由な日々を送っている。

 

コブハクチョウ5羽 羽づくろい 2

 

15時の給餌タイムの後、羽づくろいに余念がない5羽のコブハクチョウ。

 

 

昆陽池・給餌池の風景 渡り鳥の姿は見られない

 

昆陽池・給餌池

 

昆陽池・給餌池 前方に野鳥観察橋。野鳥観察橋に少しの見物客。

コブハクチョウ多数が死んで、渡り鳥のカモは給餌池での給餌のおこぼれを貰えないこと。

昆陽池上空にオオタカの群れ旋回で、渡り鳥のカモの飛来があまりなかったらしい。

 

2016年1月の昆陽池公園の昆陽池・給餌池は、コブハクチョウやカモたちで賑わっていた。

 

カモたち飛来 〜 寒波と共に 〜 昆陽池公園 2016.01.20

 

 

昆陽池・給餌池 野鳥観察橋のたまり場

 

昆陽池・給餌池のたまり場で泳ぐ少数のカモ

 

カモたちが集まっている。。。

前方に見える白いドーム型の建物は昆虫館。

 

 

昆陽池・給餌池のアヒル・カモたち

 

以前からいるアヒルと少数のカモたち。。。

 

 

昆陽池と手前給餌池を仕切る石積みの堤防

 

 

以前のようにコブハクチョウやカモたちの姿はなく、ひっそりとしている。

前方の昆陽池に浮かぶ日本列島を模した野鳥の島に、相変わらず「カワウ」の姿が見える。

糞で木を白く枯らしている。

 

前方右手の白いドーム型の建物は 伊丹市昆虫館

 

白鳥 白鳥 白鳥

 

追記:2018.04.01

コブハクチョウを見に行ったのですが、見ることができませんでした。

昆陽池公園内で発見されたハシブトガラスの死骸から高病原性鳥インフルエンザが確認されたため、公園の一部が閉鎖されています。

昆虫館の方にお聞きしたのですが、コブハクチョウは元気だそうです。

5月になったら会えるかな!?

 

追記:2018.04.12

「公園内の野鳥の状況」について、伊丹市が発表しています。

3月25日以降現在まで、カラスの死骸から高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されていません。

しかし、野鳥監視重点区域の解除は最終感染確認日から30日後とされています。

今後、野鳥の新たな感染が確認されなかった場合、4月25日に野鳥監視重点区域が解除され、公園の規制も解除する見込みです。

但し、解除見込み日までに、新たな野鳥の感染が確認された場合、解除が延期されますのでご了承ください。

また、状況が変わりましたらホームページにてお知らせいたします。

 

関連記事:

鳥インフル禍を逃れた〜昆陽池のコブハクチョウの近況〜2017.11. 2017.11.18

 

サギ 〜 昆陽池公園・昆陽池で 〜 2016.01.31

 

カモ たち 飛来してるかな・・昆陽池公園・昆陽池・・2014.10.28 2014.10.30

 

嫌われ者です 〜カラス(烏)とカワウ(川鵜)〜昆陽池公園で 2013.03.31

 

水鳥の餌を狙う黒い軍団・カラス〜昆陽池公園で〜 2013.02.10

 

川鵜(カワウ)の糞に憤慨!?昆陽池の日本列島 2012.02.15

 

白鳥 白鳥 白鳥

| コブハクチョウ・野鳥 - 昆陽池 | 20:00 | comments(4) | trackbacks(0) |