満月
ENTRIES
☆ 人気ブログランキング
☆ FC2ブログランキング
☆ ブログラム
blogramのブログランキング
COMMENTS
  • 嘉例川駅(鹿児島県・JR肥薩線) 2006 〜懐かしくて回想〜
    ouna (06/16)
  • 嘉例川駅(鹿児島県・JR肥薩線) 2006 〜懐かしくて回想〜
    藤の花 (06/16)
  • うちの庭でなったハマユウ(浜木綿)の実〜竜串の海岸へ帰してやりたい〜
    ouna (06/10)
  • うちの庭でなったハマユウ(浜木綿)の実〜竜串の海岸へ帰してやりたい〜
    jhiloshi (06/10)
  • つるバラ2代目 * ピエール ドゥ ロンサール * 咲きました〜♪(後編)
    ouna (05/26)
  • つるバラ2代目 * ピエール ドゥ ロンサール * 咲きました〜♪(後編)
    藤の花 (05/26)
  • つるバラ2代目 * ピエール ドゥ ロンサール * 咲きました〜♪(前編)
    ouna (05/14)
  • つるバラ2代目 * ピエール ドゥ ロンサール * 咲きました〜♪(前編)
    藤の花 (05/14)
  • 遅咲きの桜が見られた ..大阪造幣局の桜の通り抜け 2018 ..
    ouna (05/06)
  • 遅咲きの桜が見られた ..大阪造幣局の桜の通り抜け 2018 ..
    藤の花 (05/06)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

ouna のブログへようこそ!

ツマベニチョウ と オオゴマダラ は不仲!? なのに一緒に花蜜を吸う♪

JUGEMテーマ:あげは・蝶.

1月20日(水)夕方、伊丹市昆虫館・チョウ温室を見学。
チョウは活発に舞わない時間帯だったが、くす玉の様なドンベアの花の蜜を忙しげに吸っているのが何匹もいた。
ドンベアの花はチョウたちに好かれているようです。(*’ε`*)チュッチュ

 

不仲な ツマベニチョウ と オオゴマダラ 一緒に吸蜜中


ツマベニチョウとオオゴマダラ

翅が傷んでいるツマベニチョウが飛んできて、先客のオオゴマダラが吸蜜している花にとまって吸蜜し始めた。
傷んだ翅でも支障がないのか元気そう、と立ち止まってしばらく眺めていた。

そこへ、昆虫館・学芸員さんが通り掛かり、「ツマベニチョウはオオゴマダラと一緒に並んでとまることは珍しい。」と教えてくださった。

両者共に故郷が沖縄ですが、縄張り、それとも相性が良くないのでしょうか?
独断で不仲と解釈した ouna 、同席しない訳をよく聞けばよかったと後悔しています。

今年の年頭に「よく見て・よく聞いて・よく話す」と誓った ouna なのに・・・。

 

不仲な ツマベニチョウ と オオゴマダラ2匹 仲良く吸蜜中


ツマベニチョウとオオゴマダラ2匹

別の枝のドンベアの花。
こちらは先客オオゴマダラ2匹、そこへ飛んできたツマベニチョウが同席。
不仲らしい両者ですが、争いもなく一心に吸蜜している。
よほど、ドンベアの花の蜜を気に入っているのかも知れません。


ツマベニチョウ(褄紅蝶) 学名 Hebomoia glaucippe
開張は約 90mm〜100mm
日本のシロチョウ科の中では最大の蝶

ツマベニチョウは、毒を持つチョウですが「幸せを運ぶチョウ」ともいわれる。

 

オオゴマダラ・アサギマダラ・ツマムラサキマダラ 吸蜜中


ドンベアの花の蜜を吸うチョウたち

このドンベアの花にはツマベニチョウの姿はない。

チョウの数え方、頭を使わず匹を使っています。


関連記事:
ツマベニチョウ〜幼虫・さなぎ(蛹)も見ました〜(*゚o゚*) 2012.04.07


‥ドンベヤ(ドンベア)と 紅白の花 ‥カリアンドラ 2014.01.05
 
| チョウ・蝶 | 20:00 | comments(4) | trackbacks(0) |

チョウ温室のチョウ 夕暮れ時は 休息・睡眠中!?・ ・(_ _).。o○

JUGEMテーマ:あげは・蝶

伊丹市昆陽池公園で野鳥を見ていて、昆虫館へ入るのが夕方近くになってしまった。
温室のチョウが盛んに舞うのは午前中、なので温室植物の観察だけで終わった。

閉館前の温室はひっそりとしていて、チョウたちは大きな木の葉陰でお休み中。
ドーム型の天井を見上げて、チョウたちを探してみた。。。蝶 蝶 蝶
比較的低い位置で、見られたチョウたちを撮ってみたのですが、光が不足で不鮮明。

夕暮れ時、翅をたたんで動かないチョウたち、このまま朝まで眠っているのかな??
チョウの睡眠についての研究は、されていないのでしょうか?調べてみたが分からない。
 

休息中・睡眠中!? 動かないチョウたち


小枝に静止のオオゴマダラ
2015.11.21 16:34 伊丹市昆虫館・チョウ温室で

天井近くの木の小枝に止まっているオオゴマダラ2匹。
ずっとこのままの姿勢で居続けるのか、見てみたいのですが・・・
16時30分で閉館になるので観察ができません。


オオゴマダラカップル
16:10
一番に目についた、オオゴマダラのカップル。
休息・睡眠中でもなさそうなので番外!!
トキワネムノキの葉にぶら下がって、ずっとこのままの姿勢でした・・ラブ


ヒスイカズラに静止のチョウ
16:26
ヒスイカズラ棚のヒスイカズラのつるに止まっている・・・
オオゴマダラ2匹とリュウキュウアサギマダラ3匹?逆光で見づらい。


ヒスイカヅラのつるに静止のオオゴマダラ
16:22
ヒスイカズラ棚のヒスイカズラのつるに静止の数匹のオオゴマダラ。
薄暗くてコンパクトデジカメが発光!


スパニッシュモスにぶら下がって静止のチョウ
16:30
リュウキュウアサギマダラ2匹とジャコウアゲハのシルエット。
天井近くのエアプランツ スパニッシュモスにぶら下がって静止している。
空中ブランコのようですが、このままで動かないのでしょうか?


スパニッシュモスにぶら下がって静止のリュウキュウアサギマダラ
16:22
リュウキュウアサギマダラ?5匹のシルエット。
エアプランツ スパニッシュモスにぶら下がって、休息中か睡眠中か?

チョウの数え方は頭ですが、このページでは匹とします。

関連記事:
チョウ温室のチョウ 眠りながら 〜 吸蜜か 〜( ̄ー ̄?) 2015.01.10



伊丹市昆虫館 伊丹市昆陽池3丁目1番地 昆陽池公園内
 
| チョウ・蝶 | 09:00 | comments(2) | trackbacks(0) |

オオゴマダラ 梯子乗り技で * 紅筒花 * の蜜を吸う

JUGEMテーマ:あげは・蝶.
10月10日(土)
伊丹市昆虫館・チョウ温室 を訪ねたのは、夕方近かった。

温室のチョウたちが、盛んに舞う午前中を逃してしまったけれど、ラッキー!!
紅筒花(ベニツツバナ)を、気に入ったオオゴマダラが盛んに吸蜜中で・・・( ̄¬ ̄*)
その姿を見ていたら、消防出初式で披露される「梯子乗り」が思い浮かんだ。


梯子乗り 1

 

梯子乗り を思わせる技で *紅筒花* の蜜を吸う オオゴマダラ


吸蜜開始

吸蜜 始め・・・(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ


オオゴマダラ 逆立ちで吸蜜

一気に逆立ち!


花序の先端で吸蜜

花序の先端に乗って・・


バランス崩して

おっと!バランス崩した・・


逆立ち再び

再び逆立ちで吸蜜・・


後方に向いて吸蜜

後方に向いて・・


オオゴマダラ 綺麗に決めポーズ

決めポーズ!

オオゴマダラの産卵シーンと幼虫と金色のさなぎ 2011.10.19

 

オドントネマ・ストリクツム

Odontonema strictum

オドントネマ・ストリクツム 赤い花

和名:紅筒花(ベニツツバナ)

オドントネマ・ストリクツム の * 赤い管状花 * と チョウ 2014.11.08



梯子乗り 2
| チョウ・蝶 | 08:00 | comments(6) | trackbacks(0) |

チョウ温室のチョウ 眠りながら 〜 吸蜜か 〜( ̄ー ̄?)

JUGEMテーマ:あげは・蝶.
 

眠たい〜!? チョウ、サイネリア(シネラリア)の花から吸蜜中。。。


アサギマダラとサイネリア

眠りながら蜜を吸うアサギマダラとサイネリア

スジグロカバマダラとサイネリア

(伊丹市 昆虫館・チョウ温室で 2015.01.03)

午後3時を過ぎていたので、、、
昆虫館・チョウ温室のチョウたちは、大木の葉の陰などで休息中で舞う姿は少なかった。

お正月企画のプチ展示・「チョウ温室のラン」 開催中だけれど、ランにではなくて・・・
傍のサイネリアの花にとまっている、3匹(頭)のチョウがいたので観察した。
アサギマダラ、スジグロカバマダラ、リュウキュウアサギマダラ。

このチョウたちは、動きが鈍くて羽に触れても反応が乏しく、羽を開くのを待って撮れた。

チョウの睡眠について知りたくて調べたけれど、解明されていないようで分からない。
この次に昆虫館を訪ねた時、質問してみたい。。。

蝶
| チョウ・蝶 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

ツマベニチョウのメス 交尾拒否・・・オスは 振られました・・・!?

JUGEMテーマ:あげは・蝶.

10月19日(日)、伊丹市昆虫館・チョウ温室で。
温室へ入ってすぐの所で、赤い 花が大好きなツマベニチョウが・・・蝶蝶
次々舞ってきては忙しげに蜜を吸っているので、足を止めてしばらく眺めた。

 

ツマベニチョウ オスがラブコール メスは交尾拒否


赤い花の蜜を吸うツマベニチョウ

赤い花の咲く木の葉にとまっているチョウの上で、盛んに翅を震わせ、、、
ホバリングしているチョウに気が付いた。びっくり
ツマベニチョウのオスの求愛行動・ラブコールです。。。オス

チョウ雄の求愛行動と雌の交尾拒否姿勢

葉の上にとまっているのは、ツマベニチョウのメス。メス
とまっている姿勢が、普通ではありません。
腹部を反り返し、ピンと上げている。
求愛行動・ラブコールするオスに対しての交尾拒否の姿勢です。

 

ツマベニチョウ メスの交尾拒否姿勢


チョウ雌の交尾拒否姿勢

5年前、チョウ温室で、それもツマベニチョウがとっていた姿勢と同じ。
その時は訳が分からず呆然と見ていて、撮り逃がした。
交尾拒否の姿勢です。
こんなチャンスは滅多にない、と急いでコンデジ取り出してパチリ!パチリ!

求愛していたオスは、意外とあっさり諦めて?飛んでいった。。。失恋


なぜ、メスは交尾拒否をするのか、検索してみました。。。検索
交尾が済んでいた場合には交尾拒否をする、とあります。
ツマベニチョウのメスに、インタビューできるといいのですが・・・。
近いうちに、図書館へ行って詳しく調べてきます。

関連記事:
ツマムラサキマダラの求愛 〜蝶の楽園での恋愛模様〜 2012.12.03

ジャコウアゲハ 三角関係か!?〜蝶の楽園での恋愛模様〜 2012.12.02

ツマムラサキマダラのカップル ☆結ばれました〜☆ 2012.04.26

☆ オオゴマダラのラブラブシーン ☆ 後編 2011.10.17

☆ オオゴマダラのラブラブシーン ☆ 前編 2011.10.16
蝶
| チョウ・蝶 | 06:00 | comments(2) | trackbacks(1) |

☆ ツマムラサキマダラのカップル ☆ オオゴマダラが祝福 ☆

JUGEMテーマ:あげは・蝶.

6月26日(木) 伊丹市昆虫館・チョウ温室で。
1年中 約14種類 1000匹のチョウが温室に放たれています。。。
一番多いのは オオゴマダラ で130匹ほど。。。

ツマムラサキマダラ は少ないが、いいお相手を見つけてジューンブライドのカップル誕生。
裏翅は地味目なカップルですが、白い筋模様が見えるのが花嫁さん。
翅をたたんでいるので見えませんが、花婿さんの表前翅先の紫色は花嫁さんよりも鮮やか。

結ばれたカップルの新居は、ベンジャミンの木になるでしょう。
花園では、オオゴマダラさんたちが祝福しています。。。末長くお幸せにと。。。


 

オオゴマダラたち


花とオオゴマダラ
花とオオゴマダラ



 

ツマムラサキマダラのカップル


ツマムラサキマダラのカップル交尾



 

オオゴマダラたち



花とオオゴマダラ花とオオゴマダラ

関連記事:
ツマムラサキマダラの求愛 〜蝶の楽園での恋愛模様〜 2012.12.03


ツマムラサキマダラのカップル ☆結ばれました〜☆ 2012.04.26


オオゴマダラ・・・伊丹市昆虫館・チョウ温室 2009.05.07(月の滴)


| チョウ・蝶 | 11:22 | comments(2) | trackbacks(0) |

ツマムラサキマダラの 卵・幼虫・蛹、見つけたよ〜 ヾ(*ΦωΦ)ノ

JUGEMテーマ:あげは・蝶.

 伊丹市昆虫館・チョウ温室で。
美しい翅で優雅に飛びまわり蜜を吸う、たくさんのチョウの姿に、目を奪われがちです。
が、南国・亜熱帯植物の茂みや天井近くまで伸びた花木に、目をやり見つめれば、
ドラマチックに変身しながら成長する、チョウの卵・幼虫・蛹を見つけることができる。

首尾よく見つけた時は童心に返って、わくわくする ouna(媼)です。。。
チャチなコンデジで撮った不鮮明な写真ですが‥‥

ツマムラサキマダラの卵・幼虫・蛹(さなぎ)、成虫もいます。。。
さあ、お暇でしたら見つけてくださ〜い。。。

 

ツマムラサキマダラの蛹(さなぎ) チョウ温室の南国・亜熱帯植物に


南国・亜熱帯の植物に蛹

 

ツマムラサキマダラの卵・幼虫・蛹(さなぎ) シダの葉裏に


卵・幼虫・蛹

 

ツマムラサキマダラの蛹(さなぎ) シダの葉裏に


蛹

 

ツマムラサキマダラの成虫・幼虫 シダの葉をはう


ツマムラサキマダラの成虫・幼虫

 

ツマムラサキマダラの成虫 雄・雌


ツマムラサキマダラ

(伊丹市昆虫館・チョウ温室で,2014.06.04)

※ 関連記事:
ツマムラサキマダラの求愛 〜蝶の楽園での恋愛模様〜 2012.12.03

ツマムラサキマダラのカップル ☆結ばれました〜☆ 2012.04.26

ツマムラサキマダラの「さなぎ」・・・見付けて感激! 2009.05.16 (月の滴)

ツマムラサキマダラ 2009.05.08 (月の滴)

| チョウ・蝶 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

オオゴマダラ産卵 ラッシュ ★ ブラウスに産み付けられたよ ★ 昆虫館・チョウ温室で

JUGEMテーマ:あげは・蝶

黄金週間の5月6日、伊丹市昆虫館・チョウ温室は、子供連れの来館者で賑わっていた。
その中で、何匹(何頭)ものオオゴマダラが、産卵に余念がなかった。

温室内に置かれている、オオゴマダラ幼虫の食草であるホウライカガミの鉢植え。
それほど大きくないので、我勝ちに産み付ける裏葉を選んでいるようです。

 

産卵ラッシュで混乱しているオオゴマダラたち


オオゴマダラの産卵1

 

産卵中のオオゴマダラ


オオゴマダラの産卵2

 

産卵中のオオゴマダラ


オオゴマダラの産卵3

普通は裏葉に産卵するのですが、花茎に産み付けている様子。

 

ブラウスに産み付けられた卵


ブラウスにオオゴマダラの卵

産卵の瞬間をと、コンデジ向けている ouna の頭に1匹のオオゴマダラがとまり。。。
しばらくしてから、ブラウスの袖に舞い降りた。

いつも、ふわりふわりと舞いながら頭や肩にとまりにくるので、気にしていなかった。
けれど、ふとブラウスの袖を見ると‥‥
黄金の卵ならぬ、白い小さな卵(大きさ約1.5mm)が、2こ産み付けられていたのです。

家に帰る途中で落ちたらいけない、と思って傍にいた方に撮っていただいた。
卵は強力に接着されているようで、今も落ちずに付いている。

いつも、オオゴマダラの記事をブログに載せるので、お礼のプレゼントでしょうか‥‥

関連記事:
オオゴマダラ産卵中。。。チョウ温室で 2012.03.27

オオゴマダラの産卵シーンと幼虫と金色のさなぎ 2011.10.19

オオゴマダラの蛹

| チョウ・蝶 | 20:20 | comments(2) | trackbacks(0) |

ホシミスジ が飛んできた!?

ホシミスジ

 

Neptis pryeri   タテハチョウ科

 

翅を広げたホシミスジの写真

 

翅を閉じたホシミスジの写真

 

(2013.06.03  10:59  自宅の庭で)

 

 

庭のガクアジサイに、見慣れない蝶がとまっているのに気がついた。

 

広げた翅(羽)は、こげ茶色がかった黒色。

前翅に白帯模様が一本、後翅に二本で、三の字に見える。

 

コミスジかな、と思ったけれど、確定できないまま日が経った。

 

ミスジチョウの仲間には、

コミスジの他にホシミスジ・ミスジチョウがいることが分かった。

 

ホシミスジは、

コミスジ・ミスジチョウのように三本の白帯の最前列の白斑がつながっていない。

後翅裏の付け根に黒い斑点があることから、ホシミスジと確定。

 

ユキヤナギ・コデマリなどを植えてある家や公園で普通に見られるらしい。

庭のガクアジサイのそばにコデマリ、少し離れた所にユキヤナギが植わっている。

 

よそから飛んできたのかもしれないが、ひょっとしたら庭で羽化したのかも。

そう思うと嬉しくなって‥‥。

 

翅を開いたまま、羽ばたかずに飛ぶホシミスジ。

とまっていたガクアジサイが風で揺れた拍子に、すーっと飛び去った。

 

okina は蝶が庭で育つのを嫌う!植木の葉をボロボロにされるからと。

okina に見つからなくてよかった!!

 

 

ホシミスジは七夕に縁がある!?(独断)

夜空に浮かぶ天の川と星が翅を飾っているよう。

 

 

JUGEMテーマ:あげは・蝶

 

| チョウ・蝶 | 09:30 | comments(16) | trackbacks(0) |

ツマムラサキマダラの求愛 失敗! 〜蝶の楽園での恋愛模様〜

JUGEMテーマ:あげは・蝶

10月20日(土)、午後3時のチョウ温室の気温は26.7℃、湿度は34%.
温室内に差し込む陽光を受けた植物の葉に、ツマムラサキマダラの雌が止まっていた。
そこへ雄が飛んできて〜翅の輝く紫色を見せつけ、雌の頭上で求愛・プロポーズ開始〜

 

<ツマムラサキマダラの求愛・プロポーズ>


ツマムラサキマダラ 雌
(15:06)

ツマムラサキマダラの求愛

ツマムラサキマダラの求愛

ツマムラサキマダラの求愛

ツマムラサキマダラの求愛


(15:07)
雄は翅(はね)が千切れんばかりに羽ばたき続けたが・・・雌は微動だにしない。
蝶の求愛・プロポーズ、ずっと羽ばたき続けるのを見たことがある。
が、この雄は脈がないと思ったのか、あっさりと飛び去った。。。
求愛・プロポーズは失敗に終わった!
(伊丹市昆虫館・チョウ温室にて)

ツマムラサキマダラ雄くんへ.
マダラチョウの仲間の雄は、お尻の先から出る黄色い「ヘアペンシル」から、
雌を誘う匂い「フェロモン」を出すらしいけど、フェロモンが足りなかったのじゃない!?
離れて撮ったのでよく見えないけれど、「ヘアペンシル」とやらを見てみたいわ。
ouna より.

関連記事:
ツマムラサキマダラのカップル ☆結ばれました〜☆ 2012.04.26

| チョウ・蝶 | 20:00 | comments(6) | trackbacks(0) |