満月
ENTRIES
☆ ブログラム
blogramのブログランキング
☆ FC2ブログランキング
☆ 人気ブログランキング
☆ にほんブログ村
☆ グリムス
COMMENTS
  • 枯れ蓮 ・・ 痛ましく哀れな姿なれど趣ありて ・・
    ouna (08/18)
  • 枯れ蓮 ・・ 痛ましく哀れな姿なれど趣ありて ・・
    藤の花 (08/18)
  • はちす・はす(ハス) ** 万葉植物 **
    ouna (08/07)
  • はちす・はす(ハス) ** 万葉植物 **
    藤の花 (08/07)
  • 我が庭の梅の木 * ウメ輪紋病の調査 * と * 梅の収穫 * 2017
    ouna (07/31)
  • 我が庭の梅の木 * ウメ輪紋病の調査 * と * 梅の収穫 * 2017
    藤の花 (07/31)
  • パンダのタンタン 規則正しく 単身生活・・神戸王子動物園で・・
    ouna (07/26)
  • パンダのタンタン 規則正しく 単身生活・・神戸王子動物園で・・
    藤の花 (07/26)
  • 結希・りり香「象さんのお絵かき」は、神戸の街なみ〜王子動物園で〜
    ouna (07/19)
  • 結希・りり香「象さんのお絵かき」は、神戸の街なみ〜王子動物園で〜
    藤の花 (07/19)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

ouna のブログへようこそ!

こんな蛾(ビロードスズメ)になったよ〜葉隠れの術を使った幼虫〜

JUGEMテーマ:昆虫写真.

 

葉隠れの術を使った蛾(ガ)の幼虫 〜そっと覗いてみたよ〜  2016.11.12

「秋の蛹は来年5月頃から成虫になるとか」と記したように見事に成虫になった!

「ビロードスズメ」という蛾(ガ)でしたよ。

 

このところ、気温が上がってきたので気にしてたのですが・・・

なんせ、枯葉に身(蛹)を隠していたので、気付かなかった。 ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ〜

 

5月29日の夜、「2階洗面所のガラス瓶の中で蛾(ガ)が飛んでいる!」とokina の声。

しまった!羽化する瞬間を見逃してしまいました。(* ̄□ ̄*;

 

ガラス瓶の中の蛾は上手く撮れなくて、、、何とか撮れた不鮮明な写真ですが載せます。

調べてみたら、スズメガ科の「ビロードスズメ」のようですが、詳しくは目下調査中。

 

それと、この忍者のような子(害虫の蛾)の、これからの身の振り方を思案中。

蛾になったところを見た okina には、とても相談することはできないし。( ̄ーÅ)ホロリ

 

 

ビロードスズメ(スズメガ科)・・ガラス瓶の中で羽化・・

 

成虫になりたてのビロードスズメ

 

蛹になる前の幼虫は、爬虫類のような顔・姿で不気味だったが。

 

成虫は意外と小ぶりで地味な感じ。

計ることはできなかったが、開張は45〜60mmとか。

広口瓶の口にラップを張って、真上から撮ったのでクロスが写っている。

(2017.05.29 20:52)

 

 

立合い姿勢のビロードスズメ

 

ビロードスズメ 立合う

 

闘志満々!? 正面から向かってきた。

 

 

立ち上がった ビロードスズメ

 

ビロードスズメ 立ち上がる

 

ガラス瓶の側面に立ち上がった面白いポーズ。

滑稽で笑ってしまった!

 

 

割り箸に止まっている ビロードスズメ

 

ビロードスズメ

 

ガラス瓶の中に入れてあった割り箸に止まって休んでいるところ。

 

 

飼育していた広口ガラス瓶の中の様子

 

飼育ガラス瓶の中

 

葉隠れしていた枯葉と入れてあった割り箸。

枯葉の中に蛹の抜け殻が見える。

勢いよく飛び回って疲れたビロードスズメが、瓶の底で休んでいる。

 

 

ビロードスズメの蛹の抜け殻

 

蛹の抜け殻

 

ガラス瓶からとり出した蛹の抜け殻。長さ40mmほど。

とても薄く、吹けば飛ぶような軽さ。

 

 

関連記事:

どんな蛾(ガ)になるのかな!? 蔦についた幼虫 2016.09.19

 

 

追記: 2017.06.02

ビロードスズメ幼虫の食草は、ツタ・ブドウ・ヤブカラシ・オオマツヨイグサ・フクシャ・ホウセンカ・・・など。

成虫は何を食するのか調べたが分からなくて・・・

羽化した5月29日から、飲まず食わずのビロードスズメ。

それでも排泄はしているようだった。

 

今朝、瓶の底で動かなくなっているので、庭に持ち出して瓶の口のネットを外した。

触ってみたら、何と!生きていて、弱々しかったけれど、植込みの中へ飛び去った。。。

okinaには、力尽きて死んでいたと報告。

 

| 昆虫 | 20:20 | comments(6) | trackbacks(0) |

葉隠れの術を使った蛾(ガ)の幼虫 〜そっと覗いてみたよ〜

JUGEMテーマ:昆虫写真.

 

 

蔦 クリップアート

 

 

どんな蛾(ガ)になるのかな!? 蔦についた幼虫 の続編です。

 

少々お見苦しい昆虫写真です。苦手なお方はスルーしてくださいませ。

 

たぶん、蛹(さなぎ)になっていると思うけど、、、気になるのでそっと覗いてみた。

 

 

葉隠れの術を使って姿を隠した 蛾(ガ)の幼虫 9月15日

 

蛾の幼虫が作った蔦の葉の部屋

9月15日

 

9月7日、名前が分からないまゝ観察スタートした蛾(ガ)の幼虫。

葉隠れの術!? 食草の蔦の葉を身にまとって、姿を隠してから間もなく2ヶ月。

 

蛾の幼虫は、土の中で蛹になるのもあるようですが・・・

ガラス瓶の中に捕らわれの身、ouna が何気に入れた割り箸に蔦の葉を巻き付けて、上手く部屋を作った。

 

 

葉隠れの術を使って姿を隠した蛾(ガ)の幼虫 11月9日

 

蛾の幼虫が作った蔦の葉の部屋 枯れた

11月9日

 

大口のガラス瓶の中、食草の蔦を生けていたガラスコップは9月末に取り出した。

蔦の葉で作った部屋は枯れているが変化はない。

部屋の中を覗くことができないので、瓶を持ち上げて底から見ると蛹になっている模様。

 

割り箸に葉をしっかりと絡めて包まっているようなので、割り箸を持って瓶から取り出す。

 

 

葉に包まって蛹(さなぎ)になっている・・・

 

葉に包まって蛹になっている

11月10日

 

枯葉の部屋がバラバラにならないことを確認してから、裏返して覗いてみた。

割り箸を持って振ると部屋の中で、蛹は少しコロコロするけれど落ちることはない。

 

葉がじゃまをして全身を見ることができないが、体長は4cm弱。

左側が頭部、葉で見えない。

 

 

頭部が見えている方から・・・

 

蛹の頭部が見える

11月10日

 

こちらが頭部らしい。何となく顔が・・・(^0_0^)

 

蛹はこのままの状態で越冬して、春が来たら蛾になるのだろうか・・・?

調べてみると、秋の蛹は来年5月頃から成虫になるとか。

 

ガラス瓶の口にネットを張っていたけれど、まだまだ蛾にならないようなので・・・

瓶に戻して、そっとして置くことにした。

 

 

関連記事:

ハマオモトヨトウの幼虫&さなぎ〜 ハマユウ・ハマオモトに付く虫 2012.10.19

 

 

blogramのブログランキング 

| 昆虫 | 10:00 | comments(8) | trackbacks(1) |

どんな蛾(ガ)になるのかな!? 蔦についた幼虫

JUGEMテーマ:昆虫写真.
 

蛾(ガ)の幼虫


蛾の幼虫
9月11日 08:58

まるで爬虫類のような顔・姿をした不気味な蛾の幼虫。
たぶん蛾だと思うけれど、、、、どんな蛾になるのか飼育することにした。
ところが、4日後に葉隠れの術!?で姿を隠され、期待していた蛹(さなぎ)の段階を見ることができなくなって残念。

9月初め頃、庭の塀に絡まっている緑の蔦を切って2階の洗面所に生けた。
葉に蛾の幼虫がついていたらしくて、黒い糞が花瓶の周りに落ちていて分かった。

 

蛾の幼虫 観察 9月7日



20:43

蛾の幼虫
20:44

体長 約4cm。
生け花にした蔦についてきた蛾の幼虫。
大きくなって気がついた。

口の大きなガラス瓶の中に蔦を生けたコップを入れ、幼虫を移動させて観察スタート。

 

蛾の幼虫 観察 9月11日


蛾の幼虫 大きくなった
08:58

体長約6cm。
爬虫類のような顔・姿で不気味な感じ。
茶色かった体に複雑な模様が入った。
白い尻尾?が可愛い。
食欲旺盛なので、新しい蔦を毎日取ってきて入れた。

 

蛾の幼虫 観察 9月12日


 
14:16

体長 約6cm。
新芽の茎もかじって、食欲旺盛。。。

9月13日
あまり食べなくなり、動きも鈍くなった。

9月14日
朝から出掛けるので新しい蔦を入れて、雨が降りそうなので洗面所の窓を閉めた。
瓶の底に蔦の葉を数枚入れて置いた。

夕方帰宅、幼虫を見ると瓶の底に横たわっていて動かない。
暑くて死んでしまったのか、と思って写真を撮らなかった。

もしかしたら蛹(さなぎ)になるのかも、と割り箸を入れて置いた。

 

蛾の幼虫 観察 9月15日

葉を身にまとった蛾の幼虫 葉隠れの術か!? ( ̄∀ ̄*)

葉を身にまとった蛾の幼虫
14:48

いつの間にか瓶の底で、落ちていた蔦の葉を身にまとって幼虫は姿を隠した。
中で蛹(さなぎ)になるのかな!?

 

蛾の幼虫 観察 9月19日

葉を身にまとった蛾の幼虫

葉にくるまった蛾の幼虫
09:47


10:05

瓶を回して裏側を撮る。

瓶の中の蔦の葉は枯れかけている。
枯れた葉にくるまった幼虫はどのような姿になっているのだろう?
葉を取り除いて中を見たい気もするが・・・
何か変化があるまで、このままそっとしておくことに。

もしも成虫になって飛び出すといけないので、瓶の口に網を張って観察続けます。


追記: 2017.06.04
2016.09.15に葉隠れの術を使った幼虫は、
2017.05.29に飼育ガラス瓶の中で羽化しました。

こんな蛾(ビロードスズメ)になったよ〜葉隠れの術を使った幼虫〜


blogramのブログランキング
| 昆虫 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(1) |

蛾(ガ)だと思いますガ 〜 名前教えてくださいませ 〜

JUGEMテーマ:昆虫写真
 

名前の分からない昆虫 蛾(ガ)?


名前の分からない昆虫 蛾(ガ)の写真

蛾(ガ)だと思いますが、手持ちの図鑑に載っていないし、検索しても名前が分かりません。
どなたかご存知でしたら、教えてくださいませ〜 m(__)m

7月16日 午後2時頃、我が家の北側テラスのブロック塀にとまっているのを発見。
体長は20mmほど。腹部や触覚を見たくて触ると逃げられた。。。( ´△`)アァ-

この暑いのに、もこもこ とした毛皮の帽子・マント着用の王様のようにも見える!?

蛾(ガ)は、日本では 4500種もいるそうです。
新種発見! だといいのですガ・・・うふ♪(* ̄ー ̄)v


blogramのブログランキング

| 昆虫 | 18:45 | comments(2) | trackbacks(0) |

ジンメンカメムシに会ってきた 。。 v(▼ω▼メ)ゞ 。。

JUGEMテーマ:昆虫写真.

「ジンメンカメムシ生体展示中」 伊丹市昆虫館・1階特別展示室で、の情報を得たouna。

日本国内で生きたジンメンカメムシに会える絶好のチャンス!
9月13日(日)に、胸躍らせて会いに行ってきた。。。ε=ε=(*~▽~)


昆虫館のジンメンカメムシのパネルより

<マレーシアから いたこんに やってきたよ!
神戸植物防疫所の指導の下、農林水産大臣の許可を得て特別に展示しております>と昆虫館。
 

ジンメンカメムシ 生体


ジンメンカメムシ 上向き

(写真の上下反転で・・・) ↓

ジンメンカメムシ 下向き

ようこそ!ジンメンカメムシさま ご一行。

びっくりしました!本当に人の顔に見えます。
歌舞伎役者の顔、ちょんまげを結ったお相撲さんの顔、リーゼントの髪型にも見える。
と思ったら、ネット上でも評判ですね。

カットされたリンゴが供されていたのですが、お好きですか〜。
 

ジンメンカメムシ 標本


標本のジンメンカメムシ

展示用ガラスケース中の標本写真、光が入ったため、一部を切り取って加工。
もっともっと並んでいたのですが・・・。

ずらりと並んだジンメンカメムシ、よく見ればそれぞれ顔模様に違いがある。
にこにこしてる顔、にんまりしてる顔、歯を見せて笑っている顔、一文字口の顔、悲しげな顔などなど。

おねえ顔は、と懸命に探したけれど、、、いるような、いないような。
雌のジンメンカメムシは、女装をすれば面白いと思うのですが・・・o(*^▽^*)o

学名は悪魔の顔という意味があるそうですが、見ていて飽きませんね。
なぜこのような模様をしているのでしょう・・・? (@'ω'@)ん?

「人なりすましの術?」 の巻物?も展示されてますよ。




◆ ジンメンカメムシ(人面亀虫)◆
学名:Catacanthus incarnatus
分類:カメムシ目 カメムシ科
生息地:マレーシア、インドネシア、タイなど
全長:33mm


応援クリックお願いします
  blogramのブログランキング
| 昆虫 | 08:00 | comments(8) | trackbacks(0) |

昆虫食 ・・ 試食してきました ・・昆虫館で・・ (´〜`) モグモグ

3月8日(日)
いつも チョウ温室の見学を楽しみに、足しげく訪ねている 伊丹市昆虫館で、開催された『 企画展「昆虫食」講演会 昆虫食の世界 』に初参加。

講演の後の試食タイムで、ヘボご飯や昆虫の佃煮など、昆虫食なるものを初めて食してきました。。。((*´゚艸゚`*))

子どもの頃から、イナゴやハチの子は、食べられると知ってはいたのですが・・・。
昆虫を食べたことがある、という参加者が多かったのにびっくり!

昆虫食の研究をされている大家の先生から、各地の昆虫食とハチの子をめぐる文化について、スライドを交えての講演を拝聴。
とても興味深いお話で、昆虫食がマイブームになりそうです。

日本での伝統的な昆虫食として、岐阜県恵那市串原で食されているクロスズメバチのヘボ(ハチの子)のお話も、とても楽しかった。

日頃 昆虫と仲良しの、虫愛づる姫?の ouna、これからは・・・
昆虫食を ムシャムシャ とは食べられないけれど、ちょっと つまんで・・・ (´〜`) モグモグ。
昆虫ともっと仲良くなろう!? と密かに心に決めました。

頂いた試食セット、ヘボご飯と昆虫の佃煮などを撮影。
虫などを苦手とされるお方は、鮮明画像ではありませんが、拡大なさいませんように・・
見た目は、ちょっとグロテスクですが、調味されていて美味しいですよ。栄養価も高いとか。


バッタ クリップアート 
 

< 試食した 昆虫食 >


ヘボご飯と昆虫の佃煮
試食セット・へぼご飯と各種昆虫の佃煮など

昆虫の佃煮
試食セットの各種昆虫の佃煮など 並べました

クロスズメバチ素揚げ? お菓子
クロスズメバチ素揚げ?と昆虫入りお菓子


各種の昆虫佃煮
クロスズメバチ はちのこ
ざざむし かいこのさなぎ いなご ケラなど


炊飯器のヘボご飯

炊飯器で炊かれたへぼご飯


JUGEMテーマ:食べちゃいました・・・

完

応援ありがとうございます
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング
| 昆虫 | 19:45 | comments(8) | trackbacks(0) |

ハマオモトヨトウの幼虫&さなぎ〜 ハマユウ・ハマオモトに付く虫

JUGEMテーマ:昆虫写真.

ハマユウの実に虫が付いた〜ああ絶望的!  2012.09.18

↑  ↑  ↑
ハマユウの実に付いた虫はweb検索で、ハマオモトヨトウと判明。
葉をよく見れば、産み付けられた卵や幼虫が何匹もいて、、、
ハマユウは、葉と茎らしい部分がボロボロに食われて再起不能。

四国の竜串・見残し海岸から、はるばるわが家に嫁いできたハマユウ。
綺麗な花は見せてくれたけど、子孫を残すことはできなかった。

そこで、ハマオモトヨトウの成虫はどんなのか???
観察したくて、幼虫2匹を捕えて飼育することにした。
大きなビンに入れ、中にハマユウの新鮮な葉を毎日入れ替えて。。。

 

<ハマオモトヨトウの幼虫> 飼育中


2012.09.23

ハマオモトヨトウの幼虫1

体長2.5cm程の幼虫、どちらが頭部?
(小さな幼虫を撮った写真を紛失)

 

<ハマユウの葉の中に入り込んだ幼虫>


2012.09.23

ハマオモトヨトウの幼虫2

葉の薄皮の中に入ったり出たり。

体長4cm程になったとき、急に弱った感じで葉も食べず。
死んでしまうのか、と諦めて・・・観察を怠けていた。
何日かして気が付けば、さなぎ(蛹)になっていた。

 

<ハマオモトヨトウのさなぎ>


さなぎになった日は不明。(-。−;)

ハマオモトヨトウのさなぎ

さなぎ(蛹)の体長は2cmほど。

ハマオモトヨトウのさなぎ,拡大

(さなぎの置き方、頭部を下向きにしている ・・・(x_x;)シュン)

以前にイラガを飼育羽化させた時は、板切れにまゆ(繭)作った。
この幼虫はどんな さなぎ(蛹)になるのか分からなかった。

最初、尻部?と思われる部分(とんがっている方)は動いていた。
が、それも何日かで動かなくなった。

今は、ビンの底の枯れたハマユウの葉の上に転がしてある。
これからどのようになっていくのか?さっぱり分からない。



追記: 2017.07.28
上記の観察中の さなぎ(蛹)は、ビンに入れたまゝ物置にしまっていた。
翌春、変化がないので処分。
今思えばもう少し観察すれば、よかったのかも知れません。

この記事を書いてから5年間、
ハマユウはハマオモトヨトウの害を受けることなく咲いている。
ところが、先日、ハマユウの葉にハマオモトヨトウの卵らしきものを発見した。
今度こそは、成虫になるまで観察しようと思っていた。

後日、写真を撮ろうと見たところ、卵がない!
okina が、害虫らしいので取り除いた、というではありませんか。
折角のチャンスを逃がしてしまったと思ったのですが・・・

今日、新たに花の茎に卵らしきものを見つけた。
先に見た卵よりもずいぶん小さいし色が変、不完全なのかも知れません。
今年は、ハマオモトヨトウに要注意です。ε- ( ̄、 ̄A) フゥー


<ハマオモトヨトウの卵 !?>

ハマオモトヨトウの卵?拡大

拡大すると・・・ 卵は不完全!? 茶色になっているのは?


ハマオモトヨトウの卵?

今年3番花の茎に。。。
 
| 昆虫 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(0) |

今年の蝉の抜け殻- 空蝉 には傑作がない!過去の空蝉は・・・≧(´▽`)≦

JUGEMテーマ:昆虫写真

猛暑の中、賑やかだった蝉たちの大合唱も聞こえなくなって・・・。
初秋の庭の木々や草本などに、蝉の抜け殻-空蝉(うつせみ)だけが淋しく残っている。
今年、わが家の庭から羽化した蝉の数は昨年よりも少ないよう。

< 羽化して間がない蝉 庭のカリンの幹で >

カリンの幹で羽化した蝉、夜

家の庭では、木の高所で羽化する蝉は少なく、木犀、椿の木の下部の葉、ブロック塀の下段。
茗荷(みょうが)の葉や植木鉢の小さな植物の葉などに空蝉がしがみついている。

なぜか?今年は、蝉の抜け殻(空蝉)に笑ってしまうような傑作は見当たらない。
そこで、過去に記事にした空蝉の傑作を一堂に・・・。

団子・タイプ、サーカスブランコ・タイプ、ラブラブ・タイプ、ロッククライミング・タイプなど。(ouna が勝手にタイプ分けしています)

よく無事に羽化できたもの、と思うような姿のがあって、思わず・・・≧(´▽`)≦アハハハ

セミの抜け殻・・傑作集・・ ▼  2010.08.31 (月の滴)

団子状になった空蝉


蝉の抜け殻・・2匹・3匹と重なって羽化・・ ▼  2011.08.29 (月の滴)

3匹重なった空蝉


山の芋のつるで羽化した蝉の抜け殻(空蝉) ▼  2011.09.25 (月に昇るその日まで)

山の芋の茎にぶら下がった空蝉


空蝉(うつせみ) ▼  2007.10.30 (月の滴) ・・おみな作、空蝉で書いたセミの字.

集めた空蝉
(集めた空蝉)


空蝉で・・・「空」 ▼  2008.09.10 (月の滴) ・・空蝉で書いた「空」の字.

空蝉で書いた空の字


応援ありがとうございます
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ
にほんブログ村
| 昆虫 | 20:20 | comments(6) | trackbacks(0) |

エゾゼミと初対面! 六甲高山植物園で

JUGEMテーマ:昆虫写真

7月27日(金)、久しぶりに六甲高山植物園へ。10時の気温は25℃。
照り付ける太陽を避けて、樹林区の大木の陰に入るとひんやりとして涼しい。
園に咲く高山植物を見るためだったのですが、思いがけず 「エゾゼミ」 と初対面。

樹林区散策中に、アマドコロの茎にとまっているセミ発見!
クマゼミでもヒグラシでもなそう・・近づいてよーく見ると、背にWの字紋がある!!
通りかかった園のスタッフの方から、「ギーギー」 と鳴くエゾゼミと教わりました。

海抜865m、六甲山頂付近にある高山植物園では、
昼間なのにヒグラシの「カナカナ」という甲高い鳴き声が響いている。
ヒグラシとエゾゼミたちの合唱が園の夏を盛り上げています。

エゾゼミは、面白いことに樹木のこずえなどに、逆さまにとまって鳴くとか。
逆さまにとまるのは雌が多いそうです。

鳴き声は聞こえるが、木に逆さまにとまっているエゾゼミは見つけられなかった。
けれど、初対面のエゾゼミが撮れてラッキーでした。
サインはWではなくて、、、Vサイン!v( ̄ー ̄)v

アマドコロの茎にとまったエゾゼミ

▲エゾゼミ(蝦夷蝉) Lyristes japonicus
半翅目セミ科の昆虫.
日本各地の山地に. 北海道,本州,四国,九州,朝鮮半島,中国に分布.
大型種で、体長4〜4.6cm.
前翅の開張11.5〜13cm.
体は漆黒色で,前胸背の外側,中胸背のW字紋は黄褐色.
翅は透明で,翅脈は暗緑色ないし黒褐色.
雄の腹弁は丸みを帯びるが角形.
体下面は全体的に白粉で覆われる.
7〜9月に標高600〜1000mの山地に見られる,
種々の樹木のこずえなどに逆さまにとまって,ギーという単調な声で鳴く.
(平凡社大百科辞典より)

応援ありがとうございます,ポチッ!いただくと励みになります.<(_ _*)> アリガトォ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ
にほんブログ村
| 昆虫 | 20:00 | comments(2) | trackbacks(0) |

おお! オオミズアオ!〜大きい青白色の蛾〜

JUGEMテーマ:昆虫写真.

 

オオミズアオ(大水青)


学名 : Actias artemis
チョウ目・ヤママユガ科に分類されるガ(蛾)の一種。

オオミズアオ(大水青)
オオミズアオの雄(?) 開張約10cm.

オオミズアオ(大水青)
(六甲山 六甲ケーブル山上駅の階段で)

5月29日、六甲ケーブル山上駅階段にいた、大きい青白色の蝶か蛾らしいもの1匹(1頭)。
後翅は尾状に伸びていて、前・後翅とも黄色の小さな眼状の紋がある。
触角は櫛の歯のよう。

初めて見ました、この不思議な蝶か蛾!? 動かないので眺めていると少しだけ移動。。。
ケーブルに乗る時に利用する階段なので、踏まれるといけないと思い、撮ってから持っていたチラシでそっとすくって近くの草むらへ移した。

蝶か蛾か、そして名は? 調べようと思いつつ、そのままになっていた。

ところが、「雲上の楽園通信」 雲の上さまのブログで拝見して、蛾であることが分かりました。

雲の上さまは、とても素晴らしく撮影されています。
(ouna の写真は不鮮明で分かりにくいです ^^;)

検索して詳しく調べてみました。
この蛾、形も色もちょっと神秘的でわくわくしたけれど、北海道から九州に分布し、それほど珍しいこともないようで・・・
けれど、種名にギリシア神話の「アルテミス」が使われている、、、ただ者ではないですね。

成虫は口が退化していて、餌や水を食べたり飲んだりしないらしい。
子孫を残す役目を果たしたら、月に昇るのでしょうか・・・?

非常によく似た種に、「オナガミズアオ」があるので比べてみたのですが、、、
多分「オオミズアオ」。
触角がはっきりしているようなので、雄かと思います。
ご存じのお方さま、違っているようでしたらお教えくださいませ。

| 昆虫 | 21:21 | comments(8) | trackbacks(0) |