満月
ENTRIES
☆ 人気ブログランキング
☆ FC2ブログランキング
☆ ブログラム
blogramのブログランキング
COMMENTS
  • ピエール ドゥ ロンサール * 返り咲き * 咲くには咲いたけど・・・
    ouna (07/21)
  • ピエール ドゥ ロンサール * 返り咲き * 咲くには咲いたけど・・・
    藤の花 (07/21)
  • 株主総会に出席 ・・ 初体験 の ouna ・・ ((o(^-^)o))わくわく
    ouna (07/03)
  • 株主総会に出席 ・・ 初体験 の ouna ・・ ((o(^-^)o))わくわく
    藤の花 (07/03)
  • 嘉例川駅(鹿児島県・JR肥薩線) 2006 〜懐かしくて回想〜
    ouna (06/16)
  • 嘉例川駅(鹿児島県・JR肥薩線) 2006 〜懐かしくて回想〜
    藤の花 (06/16)
  • うちの庭でなったハマユウ(浜木綿)の実〜竜串の海岸へ帰してやりたい〜
    ouna (06/10)
  • うちの庭でなったハマユウ(浜木綿)の実〜竜串の海岸へ帰してやりたい〜
    jhiloshi (06/10)
  • つるバラ2代目 * ピエール ドゥ ロンサール * 咲きました〜♪(後編)
    ouna (05/26)
  • つるバラ2代目 * ピエール ドゥ ロンサール * 咲きました〜♪(後編)
    藤の花 (05/26)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

ouna のブログへようこそ!

六甲高山植物園・小便小僧・六甲ケーブルの楽しい思い出〜もう登らないので〜

JUGEMテーマ:観光施設の感想・情報.

 

標高932mの六甲山は、市街地よりひと足はやく紅葉を迎える。

六甲ケーブルの素敵なクラシック&レトロタイプの車窓から紅葉・黄葉を眺めながら。

今年も 六甲高山植物園 へ、行きたい!行きたい!の気持ちですが・・・

 

1月下旬の 目の手術 後から、飛行機と高い山には登らないことにしている ouna。

 

六甲山の高さでは、高山とは言えないでしょうが・・・((;゚Д゚))

 

高山植物園の今年の「小便小僧のマント着せ行事」は、もう終わった。残念!

けれど、まだ見られるイベントが・・・

 

六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2017」- 紅葉の六甲山上を舞台にした現代アート展覧会。

 

植物園、六甲オルゴールミユージアムでの、アート作品の夜間展示と紅葉のライトアップ。

ほかにも見逃せないイベントの数々・・・でも、登れない・・・(ノд・。) グスン

 

六甲山ポータルサイト やマイ・フォトアルバムを開いて、楽しい思い出に浸っている。

 

 

小便小僧のマント着せ行事

 

マントのデザイン画 クリンソウ 森萌乃さん

第44回 マントのデザイン画 テーマはクリンソウ

 

11月3日(祝・金) 第44回「小便小僧のマント着せ行事」

 

冬の間、休園となる六甲高山植物園は、そろそろ冬支度の時期。

小便小僧が風邪をひかないようにと、毎年素敵なマントを着せてもらう。

 

今年のマントのテーマは「クリンソウ」。 神戸芸術工科大学学生の森萌乃さんのマント。

ピンクや赤のクリンソウのような可愛いマントを着た小便小僧を見たかった!

 

 

 

小便小僧のマント ヒマラヤの青いケシ

第43回のマント テーマはヒマラヤの青いケシ

 

※ 2画像はサイト六甲高山植物園から拝借、トリミング加工.

 

 

マイ・ブログ 思い出の記事:

秋が深まり 小便小僧マントを着る ♪d(⌒o⌒)b♪ 六甲高山植物園 2015.11.

 

小便小僧 変身か!?‥六甲高山植物園の小便小僧冬支度‥ 2013.11.

 

モリアオガエルのオタマジャクシ 六甲高山植物園 小便小僧のプールで 2012.08. 

 

小便小僧マントを着る・・六甲高山植物園・・ 2009.11. 過去のマントの画像あり.

 

 

六甲ケーブル

 

六甲山・高山植物園に行くといっても、とうてい自力では登れない ouna。

いつも、阪急神戸線の六甲駅で下車、六甲ケーブル下駅までバス。

六甲ケーブルカーに山上駅まで運んでもらう。

 

六甲山の玄関口、六甲ケーブル下駅から六甲山上駅までの約1.7km。

高低差493.3mを約10分間で結ぶ。

車両は、「クラシックタイプ」と「レトロタイプ」の2編成。

山上側の箱形車と山下側の展望車の2両連結での運転は世界でも珍しい。

(参考: 六甲ケーブル のホームページ)

 

車窓から見る木々の姿に季節を感じ、小さな滝の流れ、時には小動物の姿にびっくり!

六甲山上駅までの短い旅ですが、自然を満喫できるたまらなく楽しいひと時なのです。

 

 

六甲ケーブル下駅

 

六甲ケーブル下駅

六甲山の玄関口 レトロな山小屋風デザインの駅舎。

 

 

マウンテンバイクもケーブルで六甲山上へ・・・

 

ヘルメット

2016.10.20 11:51

ouna の座席の前に置かれていたヘルメット。カッコいいですね!

 

 

ケーブルカーに乗ったマウンテンバイク

2016.10.20 11:52

マウンテンバイク3台。。。東アジア系男性お三方。

 

 

六甲ケーブルカー ・レトロタイプ

2016.10.20 11:54

六甲山上駅に到着。

山下側の展望車に乗るouna、いつもこの長い急な階段は休み休み。。。

マウンテンバイクのお三方は乗らずに押して・・・駅員さんが手助けに駆け下りてました。

カッコいいマウンテンバイクで、六甲山上を駆けるのでしょうか・・・ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ

 

 

六甲ケーブルで六甲山小学校の児童下校

 

六甲ケーブルカー・クラシックタイプ

2016.10.20 14:56

 

六甲山上の神戸市立六甲山小学校の児童と同じケーブルで下山。

山上に住宅はほとんどないのですが、校区外からでも入学できるようです。

ケーブル下駅でお迎えのお母さんもいましたが、バスに乗り継ぐお子さんも。

 

ouna は、2012年5月29日にこの階段で、 大きな青白色の蛾 を見た!オオーw(*゚o゚*)w

下りのケーブルに乗るとき、いつも思い出す。

 

 

六甲ケーブルカー レトロタイプ 上り

2016.10.20 15:07

 

下りのクラシック車両から上りのレトロ車両を撮る。 この対向の瞬間が楽しみ!

 

思い出は尽きなくて・・・まだまだ続くかも知れません。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ

 

| 植物園 - 六甲山 | 09:00 | comments(2) | trackbacks(0) |

六甲山の ** 秋色アジサイ(紫陽花)** み〜つけた ♪

JUGEMテーマ:秋の気配.


10月20日、久しぶりに六甲山へ。。。
紅葉の見ごろは11月上旬〜11月下旬で、まだ山は秋色に染まっていなかった。

六甲山はアジサイ(紫陽花)の名所。
5月下旬ごろ、コアジサイ・ヤマアジサイが咲き始め、、、
植栽のセイヨウアジサイと共に7月中旬まで山はアジサイ一色になります。

六甲山上バスから、沿道に咲く六甲ブルーの鮮やかなセイヨウアジサイを見ることができる。
このアジサイが秋になってもまだ咲いているのですが・・・
なかでも、枯れて秋色になっているのを探しに出かけるのです。

ouna は山歩きはできないけれど、山上バスでオルゴールミュージアム前下車。
その周辺や六甲高山植物園への散策道を歩くと、、、
刈り取られないで残っている秋色のアジサイたちに会える。

年によって、美しいとは言い難いこともあるのですが、、、
ドライフラワー状になった秋色のアジサイが好きで、よく絵にもします。
今年は、秋口に暑かったことや雨・風で傷んだのでしょうか、いいのが少なくてがっかり。

ところが、高山植物園内で・・・
陶芸家さんが紫陽花をモチーフに制作された素敵な「紫陽花」が咲いていた。∩(^∇^)∩

 

・・六甲山で見つけた・・ 秋色のアジサイ(紫陽花)・・


ドライフラワーになったアジサイ 1

山上バス オルゴールミユージアム前で
ドライフラワーになったアジサイ。 ちょっと哀れな姿。


アジサイ葉の紅葉

葉の紅葉も綺麗!


ドライフラワーになったアジサイ 2

山上バス オルゴールミユージアム前で
ドライフラワー状で、渋い色になったアジサイですが 、好きでよく絵にします。


まだ咲いているアジサイと枯れたアジサイ

オルゴールミユージアム横で
手毬咲き、黄緑色のアナベルでしょうか、まだ生き生きと咲いているのも。


ドライフラワーになったアジサイ 3

オルゴールミユージアムから高山植物園への散策道、木道の傍で、紫色が綺麗!

 

・・六甲高山植物園 樹林区で見つけた・・紫陽花・・


六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2016 で展示されている作品から

角倉起美 Kazumi SUMIKURA 作品名 紫陽花

陶器の紫陽花 1

高山植物園・樹林区の落ち葉の中で、鮮やかな陶器の紫陽花が咲いています。
全部は載せてませんが、それぞれが個性的で素晴らしく飽きることはありません。


陶器の紫陽花 2

濃い色の紫陽花でしょうか。 七宝焼きのようにも見えます。


陶器の紫陽花 3

こちらは渋い色合いで・・・。 木漏れ日が眩しい。


陶器の紫陽花の一部分

近づいてみました〜鮮やか! もみじやら木の葉が舞い散っているようです。
 
作品説明板には・・・
作者は、六甲山で制作を行う陶芸家です。
六甲山は紫陽花の名所であるため、アトリエの周りにもたくさん紫陽花があり、作者は日々目にしています。
四季折々の紫陽花の姿に、作者は自らの想いを投影させてきました。
そして、自らの日常に寄り添う紫陽花をモチーフに本作品を作りました。
展覧会が始まる頃は六甲山の紫陽花は枯れ始めて渋い姿を見せる時期ですが、その中で作者が作りだす陶器の紫陽花は鮮やかな色彩を見せます。

六甲ミーツ・アートは 11月23日(水・祝)まで。 もう一度、見に行きたい。。。(「  ̄ー ̄)

関連記事:
ouna の花の絵 秋色 あじさい(紫陽花)の絵 ・・2題

紫陽花紫陽花紫陽花
| 植物園 - 六甲山 | 09:45 | comments(4) | trackbacks(0) |

秋が深まり 小便小僧マントを着る ♪d(⌒o⌒)b♪ 六甲高山植物園

JUGEMテーマ:観光施設の感想・情報.

11月3日(火)
六甲山頂付近、海抜865mにある 六甲高山植物園 は、市街地よりも早く冬が訪れる。

寒い六甲山の冬、小便小僧が風邪をひかないように、と毎年暖かいマントが贈られる。
今年のマントはどんなのかしらと、わくわくしながら見に行ってきた。((o(*^^*)o))

第42回「小便小僧のマント着せ」の行事。
報道関係者や園を訪れた大勢の人に注目されながら、デザイン・制作の神戸芸術工科大学ファッションデザイン学科2年の馬込心さんに、マントを着せてもらった。
喜びの小便小僧、お小水が一瞬止まったかに見えたが、ouna の目の錯覚だった。(/ー\*)

入園した午前11時の気温は12℃。
美しい紅葉・黄葉は盛りを過ぎているのもあって、秋の深まりを告げていた。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2015」開催中! 植物園内にも作品が展示されている。

 

マントを着た 小便小僧


マント,斜め前から見る

マント,横から見る

マント,後ろ姿

マントのデザイン、今年のテーマは「森の案内人」。
馬込さんのデザインは、「森の案内人」にぴったりの「ミチシルベ」と言われる、昆虫の「ハンミョウ」がモチーフに選ばれている。

マントは首回りの紫色から裾は明るいブルー、玉虫色のグラデーションが素敵です。
裏は暖かそうな白いフェイクファー? 寒い六甲山の冬を元気で乗り越えることができるでしょう。ナイス ( ̄一* ̄)b

 

小便小僧

平素の小便小僧

裸の小便小僧

 

六甲高山植物園の紅葉・黄葉


カエデの紅葉

カエデの紅葉


カラマツの黄葉

カラマツの黄葉


紅葉,黄葉

赤色・橙色・黄色に色づいて・・・


池には睡蓮

睡蓮の池に氷が張っている、と見間違えた
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2015」の展示作品です


紅葉,黄葉

植物園 西入口付近の紅葉・黄葉


関連記事:
小便小僧 変身か!?‥六甲高山植物園の小便小僧冬支度‥ 2013.11.17

小便小僧マントを着る・・六甲高山植物園・・ 2009.11.06 (月の滴)
 
| 植物園 - 六甲山 | 12:12 | comments(6) | trackbacks(0) |

ヒスイカズラ 〜これ何!?と問いかけられた〜 奇跡の星の植物館で

4月26日(日) 兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館 にて・・・

展示室2 から4へ移動する階段の所で、棚から花穂を長く垂らして咲いていたヒスイカズラ。
小さな蕾を付けた紐のようなのが、まだ多く垂れ下がっていた。。。
これからまだまだ咲くね、と眺めていたら、ご婦人に、これ何!? と指差して尋ねられた。
翡翠色の神秘的な花を咲かせる熱帯植物、初めて見ると珍しいですよね。∑( ̄ロ ̄|||)なに?
 

ヒスイカズラ(翡翠葛)

Strongylodon macrobotrys

棚から垂れ下がっているヒスイカズラ

棚から垂れ下がっている若い花穂や咲いているヒスイカズラ.


ヒスイカズラ,蕾いっぱい

まさしく 葛(カズラ)!! これから咲くヒスイカズラの蕾たち.


咲いたヒスイカズラ

咲いているヒスイカズラ 花の長さは約7.5cm.
穂の長さは約1m.

 

・・ヒスイカズラは植物園・植物館で・・


フィリピン諸島のごく限られた熱帯雨林にしか、自生しないマメ科の常緑つる性植物。
栽培には高温が必要、大型になるので難しく、主に植物園などで植栽・栽培されている。

普段は目にすることがなく、ouna も京都府立植物園で初めて見た時、珍しいと思った。
その後、旅行先の高知県立・牧野植物園で、運よくヒスイカズラの花と果実も見られた。

最近では、伊丹市昆虫館・チョウ温室で何度か、咲いているのに出会えた。
植栽されてから、花が咲くまで何年もかかるのに、蕾がふくらみ花が咲くとすぐに落ちる。
それだけに、見るチャンスを逃がしたことがあった。(ノ△・。)

奇跡の星の植物館 では、2000年の花博に合わせて植栽されたのが、2005年に初めて開花。

10年を経ても元気に咲いている、と紹介されています。

自生地では熱帯雨林の減少で、絶滅が危惧されているそうです。(T_T)

花

関連記事:
ヒスイカズラ が 咲いていた ・・ 出会えて ラッキー ・・ \(*T▽T*)/(2015.03.)

ヒスイカズラの首飾りは夢に終わった 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。(2014.06.)

ヒスイカズラ(翡翠葛)〜勾玉のヒスイ宝石〜 のようで心酔〜 d(* ̄o ̄)(2014.06.)

JUGEMテーマ:植物

花
| 植物園 - 六甲山 | 10:00 | comments(3) | trackbacks(0) |

サラシナショウマ ・ ヒゴタイに迎えられ〜 六甲高山植物園で芸術散歩♪

JUGEMテーマ:アート・デザイン

一足早い秋を見つけに六甲山・六甲高山植物園へ。。。
秋晴れの爽やかな六甲山、六甲ケーブル山上駅の10時の気温は17℃で涼しい。
麓の市街地より気温が5℃ほど低い六甲山の秋の訪れは早い。

芸術の秋です!
六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2014」 開催中! 9/13(土)〜11/24(月・休)

春に訪ねて以来の植物園では、もう秋色に染まり始めた木もあって、、、。
季節の移ろいを感じさせる高山植物の花たちが微笑みかけてくれる。

サラシナショウマ、今年はどんな踊りで迎えてくれるのか?と胸が躍った。


秋色に染まり始めた木
(秋色に染まり始めた木)

あらまあ! 踊ってないわ!
整列してお辞儀で迎えてくれた、今年のサラシナショウマの皆さん。

サラシナショウマ
(サラシナショウマ)

樹林区でミーツ・アート 芸術散歩。。。

ミーツ・アート作品
(ミーツ・アート  ART 16)


樹林区を進んで、小便小僧広場へ。。。

ミーツ・アート作品
(ミーツ・アート  ART 13)


絶滅が危惧されているヒゴタイは、小便小僧広場に並んで両手を上げて、
ouna さん、ようこそ! とアルパイン・ハウスの「バラのテーブル」に案内してくれた。

ヒゴタイ
(ヒゴタイ)

甘い香りが漂う鮮やかな、とろけるようなバラのフルコースが待っていた。(。´д`。)は?
でも、残念! ミーツ・アートの作品で、鑑賞するだけよ‥‥。


作品名 〜melting dream〜
アーティストサポート企業が、砂糖会社だもんね! きっと甘いでしょう。

バラのテーブル

ミーツアート作品
(ミーツ・アート  ART 17)

ミーツアート作品バラのテーブル
(ミーツ・アート  ART 17)

作品説明
★ミーツ・アート ART 17 西山美なコ
作品名 〜melting dream〜
砂糖で作られた甘く香しいテーブルの皿の上のものたち。
その形態は、会期が進むにつれ原形の姿をとどめることなくグロテスクに変容し続けます。
(以下略)

ouna の感想、ART 17 〜melting dream〜
その名は「溶融 夢」!? 少しとろりとしているようでした。
会期が終わりに近づくと、どう変容するのでしょう。。。
11月にまた訪ねて鑑賞してみたい。

植物園内のミーツ・アート作品展示は他にもあります。

関連記事:
六甲山で芸術散歩2013。。。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪  [ART 24] 六甲猫獣戯画


六甲山で芸術散歩2013。。。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪  [ART 34] untitled−forest


六甲山で芸術散歩2013。。。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪  [ART 33]


バラ
| 植物園 - 六甲山 | 08:30 | comments(2) | trackbacks(0) |

六甲山・六甲高山植物園の*オオヤマザクラ* 今年最後のお花見は‥‥/(´o`)\

JUGEMテーマ:お花見&桜

今年最後のお花見は‥‥
六甲高山植物園の オオヤマザクラ と胸ふくらませて出かけた‥‥o(^o^)o ワクワク

けれど、寒地性のオオヤマザクラは、盛りを過ぎ 少しの花を残して、、、
赤褐色の葉が目立つ葉ザクラになっていた。。。/(´o`)\オーノー!

市街地のソメイヨシノは例年よりも早く開花、すでに緑の葉ザクラになっている。
北海道南部と同じような気候の六甲山上では、暖地性のオオシマザクラが満開。
ソメイヨシノ、ヤマザクラはまだ蕾、これからまだしばらくはお花見ができそう‥‥o(^-^)o
(4月24日)

<六甲高山植物園のオオヤマザクラ>

六甲高山植物園のオオヤマザクラ


天辺に少しの花を残している。

六甲高山植物園のオオヤマザクラ


池にたくさんの花屑が浮かんで、、、鯉も花見をしているようでした。

植物園の池の水面に花屑
(2014.04.24)


これまでに、見頃のオオヤマザクラのお花見ができたのは、2011年4月29日の1回だけ。
お花見をする日を決めるのは、ほんに難しい‥‥


オオヤマザクラが美しい・・六甲高山植物園・・ (月の滴) 2011.04.30

六甲高山植物園のオオヤマザクラ1
(2011.04.29)

六甲高山植物園のオオヤマザクラ2
(2011.04.29)

<オオヤマザクラ(大山桜)> バラ科. 
学名 : Prunus sargentii
北海道,本州(中部以北),四国などに自生してい野生種のサクラ.
花期は5月(六甲高山植物園では4〜5月)
寒地性のサクラで,高さ20〜25m以上になる落葉高木.
幹の色が他のサクラよりも黒っぽいのが特徴.
花は径3〜4cmと大きく,濃いピンク色.葉が出ると同時に咲き,新葉の色は赤褐色.
(六甲高山植物園ガイドブックなどより)

| 植物園 - 六甲山 | 20:20 | comments(4) | trackbacks(0) |

小便小僧 変身か!?‥六甲高山植物園の小便小僧冬支度‥ 

JUGEMテーマ:観光施設の感想・情報.


冬の間、休園となる 六甲高山植物園 はそろそろ冬支度。

11月3日に第40回を迎えた、「小便小僧のマント着せ行事」
小便小僧が風邪ひかないようにとの思いで、マントをプレゼントされたことから始まった。

8日、今年はどんなマントを着ているのかなと、 紅葉見がてら六甲山・六甲高山植物園 へ。
一番に小便小僧広場へと向かった。。。

あれ! いつもの小便小僧の姿がない!! 小便小僧が変身しているようです。

いつもの広場、プールにいる小便小僧と雰囲気が違います。
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2013」に、出品の袴田京太朗氏の作品でした。

≪ジュリアン−Scatter≫

小便小僧,変身!? 作品ジュリアン

小便小僧のかたちをコピーし、アクリル板の積層でつくられたものです。
いつもの小便小僧は隣のガラス室の中にあり、それぞれ連動した作品になっている。

≪外の小便小僧と連動した作品≫

今年のマントを着た小便小僧
今年のマントを着た小便小僧。アルパイン・ハウスで。

天井から吊るされたアクリル板を組み合わせると、外の作品と全く同じ小便小僧になる。
(ジュリアン Scatter の説明は作品説明板より)

今年のマントは、植物園が開園80周年を迎えたことから、
「ハチ(蜂)」をイメージして仕上げられた。
神戸芸術工科大学の栗森菜央さん(19)のデザイン。

<小便小僧が着た過去のマント>

 
2011年,2009年のマント。

小便小僧マントを着る・・六甲高山植物園・・  2009.11.06  (月の滴)

| 植物園 - 六甲山 | 20:00 | comments(13) | trackbacks(0) |

六甲高山植物園の紅葉巡り ‥‥ 2013.11.08 ‥‥

JUGEMテーマ:紅葉

久しぶりに六甲高山植物園へ紅葉を見に行ってきました。
六甲ケーブルが18号台風による土砂災害のため運休中、代替バスがありました。

平地よりも気温の低い六甲山・六甲高山植物園は、紅葉の時期を早く迎えるのですが・・・。
今年は夏の猛暑と台風の被害を受けており、モミジの紅葉は今一つのようです。
園内12時の気温は14℃。

「紅葉スタンプラリー」開催中、スタンプを押しながら紅葉巡りを楽しんだ。。。


<植物園の紅葉・黄葉の風景>

シロヤシオ紅葉

カラマツ,カナクギノキ黄葉

カナクギノキ黄葉

シロモジ黄葉

池,西入口紅葉

西入口,イヌブナ黄葉,サラサドウダン紅葉

関連記事:
秋を満喫!・・六甲高山植物園・・  2009.11.05  (月の滴)

| 植物園 - 六甲山 | 20:00 | comments(4) | trackbacks(0) |

六甲高山植物園 9月下旬 * フジバカマ,ヒヨドリバナとアサギマダラ 蝶 *

JUGEMテーマ:観光施設の感想・情報

2011.09.28(水) 久しぶりの 六甲高山植物園。
午前10時の気温は18℃。六甲山は街より一足早く秋を迎えます。

秋の花のハマギクやノコンギク、ウメバチソウには小さな虫たちが、フジバカマやヒヨドリバナには大きな蝶が蜜を吸う姿に出会った。

ふわりふわりと花から花へ、フジバカマやヒヨドリバナの蜜が大好きな蝶はアサギマダラ。
「止まってくれないかなー」と呟きながらカメラを空に向けているアマカメラマン!?
目をやればアサギマダラが群れをなして舞っていました。。。

アサギマダラは、フジバカマやヒヨドリバナの蜜に含まれる毒性の強いアルカロイドを取り込むことで毒化し、敵から身を守っている。
鮮やかな体色は、毒を持っていることを敵に知らせる警戒色とか。

 

<フジバカマと蜜を吸うアサギマダラ>


フジバカマとアサギマダラ1

フジバカマとアサギマダラ2

フジバカマとアサギマダラ3

フジバカマはキク科の多年草で秋の七草の一つ。ヒヨドリバナとよく似ている。
フジバカマの葉は、普通3深裂して裏面に腺点がなく、脈は裏面に隆起している。

ヒヨドリバナの葉は、長卵状楕円形から長楕円状披針形、先が尾状に長く鋭く尖る傾向が強く、裏面には全体に腺点がある。

区別が難しいのですが、葉をよく観て見分けたいと思う。

 

<ヒヨドリバナ>


ヒヨドリバナ

ヒヨドリが鳴く頃に花が咲くのでヒヨドリバナの名がついた。

今年は台風で傷んで倒れ掛っているのもあって・・・花は盛りを過ぎているようです。

  
 
| 植物園 - 六甲山 | 15:00 | comments(2) | trackbacks(0) |