満月
ENTRIES
☆ 人気ブログランキング
☆ FC2ブログランキング
☆ ブログラム
blogramのブログランキング
☆ おきてがみ
COMMENTS
  • 庭のハマユウ(浜木綿) 絶対絶命のピンチ脱出か!? 花が咲いた!
    ouna (10/19)
  • 庭のハマユウ(浜木綿) 絶対絶命のピンチ脱出か!? 花が咲いた!
    藤の花 (10/19)
  • 郵便受けの取り出し口の蓋が台風で破損 〜取り替えました〜
    ounna (10/06)
  • 郵便受けの取り出し口の蓋が台風で破損 〜取り替えました〜
    藤の花 (10/06)
  • クリスマス手作り小物 * パフ・リース & ミニ・リース *
    ouna (09/23)
  • クリスマス手作り小物 * パフ・リース & ミニ・リース *
    藤の花 (09/23)
  • ハマユウ(浜木綿)〜ハマオモトヨトウの幼虫に食われて〜 絶対絶命!
    ouna (09/17)
  • ハマユウ(浜木綿)〜ハマオモトヨトウの幼虫に食われて〜 絶対絶命!
    藤の花 (09/17)
  • 台風21号で〜 つるバラ * ピエール ドゥ ロンサール * が倒れた〜
    ouna (09/09)
  • 台風21号で〜 つるバラ * ピエール ドゥ ロンサール * が倒れた〜
    藤の花 (09/08)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

ouna のブログへようこそ!

造幣局の「創業圧印機」 ・・桜の通り抜けで再び撮りました・・

JUGEMテーマ:博物館.

 

 

2017年4月14日(金)

大阪造幣局の桜の通り抜けで、見事な八重桜のお花見をしてきました。

 

造幣局 桜の通り抜けイラストマップ

 

桜の通り抜けは、造幣局の南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)に向かって560mの一方通行。。。

見事な八重桜の通り抜けですが、桜以外に造幣局ならではの、興味ある物も見ることができるのです。

 

大阪造幣局の「創業圧印機」

二台の「創業圧印機」 造幣博物館の北側 屋外に展示されている。

 

創業圧印機 二台

(2017.04.14)

 

創業圧印機 斜め横から

(2017.04.14)

 

▲ 左側(黒) : フランス・トネリ(Tonelli) 社製 圧印機

 

1871年(明治4年)の創業当初に、金・銀貨幣の製造に使われていた圧印機。

1868年(慶応4年)に、閉鎖状態であったイギリス領 香港造幣局の機械一式を、6万両で購入したうちの1台。

購入の際、五代友厚氏らの尽力により契約が結ばれたそうです。

 

▲ 右側(青) : ドイツ・ユロル(Yhlorn)社製 圧印機

 

操業とともに、貨幣製造作業が順調に進んでいることを受けて、1872年(明治5年)に購入された大形圧印機。

1分間に60枚程の圧印能力があったそうです。

 

 

・*・*・ 今年の桜の通り抜けで ・*・*・

1871年(明治4年)の操業当初、この「圧印機」で、どんな貨幣を製造していたのか、と想像しながら遠目に眺め、、、

2009年の桜の通り抜け以来、再び「創業圧印機」を撮ってきた。(r[◎]<)パチリ!

 

造幣博物館は、桜を見ながら通り抜ける通路の左側にあり、旧正門の手前。

通り抜けの桜は手入れが良くて見事に咲いていますが、「圧印機」も手入れがされているのでしょう、古びていません。近くで見てみたいですね。

花見客は数多くの桜を愛でるのに夢中で、「創業圧印機」に気付く方が少ないようですが・・・!?

 

 

ouna は 2009年4月17日、桜の通り抜けで「創業圧印機」が目に留まり、写真を撮った。(r[◎]<)パチリ!

その時は、展示されている機械が何か分からなくて、造幣局へメールで問合せ、「創業圧印機」の説明のお返事をいただき感激!ouna の別ブログに載せました。

 

造幣局の「創業圧印機」 2009.04.23 月の滴

 

創業圧印機 正面から

(2009.04.17)

 

創業圧印機 斜め横から

(2009.04.17)

 

 

日常、何気なく使っている貨幣ですが、造幣局の工場・博物館・展示などを見学をしたいと思いながら、まだ実現していません。

そこで、造幣局のウエブサイトを開いて見ると、いろいろと学べました。

 

造幣局のあゆみ - 独立行政法人 造幣局 (Adobe PDF)

 

ちなみに、「圧印機」のことも載っています。

 

造幣局のあゆみ 改訂版

目次・・明治期

明治4年(1871) 当時の操業設備の項(29)に、

金銀貨幣鋳造場の絵図。当時の操業風景の絵。フランス・トネリ社製の圧印機の写真が載っています。

 

 

「創業圧印機」と桜

折角ですので「創業圧印機」にも、お花見を・・・(^^♪ 2017.04.14

 

笹部桜

 

笹部桜(ささべざくら)

水上勉氏の小説「桜守」のモデルとなった笹部新太郎氏が、実生の中から選出育成した桜。

花は淡紅色で、花弁は14枚程の中輪。

白い花も見えてますが、開花するにしたがって白くなるのかな!?

 

 

紅華 蕾

 

紅華(こうか)

濃紅色の花が密生して咲き、咲き方が華やかであるところから、この名が付けられた。

けど、咲いてませんね〜。 通り抜け入口近くにあった紅華も、まだ蕾だったから。

 

関連記事:

** 大阪造幣局の桜 ** 通り抜けて見た桜 ** 2017

| 博物館・美術館・展示物 | 10:30 | comments(4) | trackbacks(0) |

夜の「紫陽花」 幻想的 〜ザ・ナイトミユージアム 六甲高山植物園で〜

JUGEMテーマ:観光施設の感想・情報.

11月2日(水)、夜のもみじ散策 開催中の六甲高山植物園で・・・
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016」ザ・ナイトミユージアム

陶芸家 角倉起美さんの作品「紫陽花」を鑑賞してきました。

釣瓶落としの秋の夕暮れ、17時30分には薄暗くなって、紅葉・黄葉の木々はライトアップ!!
アマチュアカメラマンが三脚を立てて夜の帳が下りるのを待っていた。

北海道南部に相当する気候の六甲高山植物園、一気に冷え込んできたので防寒対策し・・・
園からムードある提灯をお借りして、ミーツ・アートの「紫陽花」が咲く木立の中へ。

先日 10月20日(木)、植物園の木漏れ日の中で・・・
鮮やか・渋く・可愛くと、個性的な姿で弾むように咲いていた、アートの「紫陽花」。
今宵は、夜の帳が下りると光を放ち耀き、妖艶・幻想的に変化する「紫陽花」に魅了された。

提灯を手に鑑賞の ouna を撮りたかったのですが、お伴はなく自撮りもできなくて残念。
チャチなコンデジ、腕も今一の ouna 、夜の撮影は手に負えないのですが・・(;´Д`A ```

 

☆ 夜の ミーツ・アート「紫陽花」 六甲高山植物園で 11月2日 ☆


六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2016 で展示されている作品

角倉起美 Kazumi SUMIKURA 作品名 紫陽花

夜に発光して耀く陶器の紫陽花
17:26
紅葉・黄葉の木々はライトアップされたのですが、まだ夜の帳は下りきっていない。


夜に発光して耀く陶器の紫陽花
18:07
木々の間で咲く大玉・中玉・小玉の紫陽花たちは、光を放って耀いてます。


黄金色に耀く陶器の紫陽花
17:28
こちらの紫陽花は黄金色の耀き!


大玉の紫陽花
17:41
一番大きい紫陽花♪


夜、発光してステンドグラス風になる陶器の紫陽花
18:07
自ら発光、ステンドグラスのように美しい紫陽花!



17:38
ぐるっと回ってみました。。。


夜、黄金色に耀く陶器の紫陽花
17:30
黄金色の耀き・・・(^_-)-☆



17:35
モノクロに撮れました・・・(*‘∀‘)



17:37
他の紫陽花と違った雰囲気で・・・

 

ミーツ・アート「紫陽花」 木漏れ日の中で  11月2日


陶器の紫陽花 1
15:20

陶器の紫陽花 2
15:24

陶器の紫陽花 3
15:23

陶器の紫陽花 4
15:26

10月20日(木)に、六甲高山植物園で鑑賞した作品「紫陽花」と同じものですが・・・
紫陽花 七変化!? 時間や空模様などによって違った雰囲気を漂わせていた。
それぞれが異なる無数の花びら(がく)に感嘆させられた。


関連記事:
10月20日 六甲山の **秋色アジサイ(紫陽花)** み〜つけた ♪

アジサイ紫陽花紫陽花
| 博物館・美術館・展示物 | 09:00 | comments(6) | trackbacks(0) |

* 白磁風 花瓶 * 入札・落札 初体験の思い出の品

我が家のメンテナンス・リフォームの着工日が迫ってきたので、室内・備品を片付け中。

普段に花を生けるのは、花持ちが良い備前焼や丹波焼を使っている。
清々しい感じの白磁風 花瓶は、和室の飾り棚が定位置。
共箱に納めてメンテナンス・リフォーム完了まで仕舞っておきます。
 

白磁風 花瓶 川尻一寛 作


白磁風 花瓶と箱書


焼き物に興味を持っている okina と ouna は旅行先に焼き物の町を選んでいた。
ところが、この白い花瓶は昭和52年12月に ouna が 入札初体験で落札、縁あって我が家にやってきた。

心斎橋の大丸 美術画廊で開催された、毎日新聞大阪社会事業団主催の「昭和52年度 歳末たすけあい運動名士寄贈書画工芸作品入札・即売会」に参加。
初めての入札なので、幾らにすればよいか分からないまゝ、入札価格(底値)20,000円の品を35,000円で入札、最高値だったようで落札になった。

陶芸家・川尻一寛先生が歳末たすけあい運動の趣旨にご賛同のうえ誠心をもってご制作、ご寄贈の貴重な作品です。
これからも大切にしていきたい。


画像は、毎日新聞大阪社会事業団発行の領収書と共箱に花瓶と一緒に納められていた 川尻一寛 陶歴書。



略歴
1930年 京都府で生まれる
2001年 芸術院賞を受賞する
2008年 12月29日逝去


関連記事:
* 青磁香炉 * 伊万里大川内山窯元を訪ねた思い出の品 2016.04.24

14代 酒井田 柿右衛門の一輪生 * 九州旅行の思い出の品 * 2016.04.16


JUGEMテーマ:アート・デザイン


blogramのブログランキング
| 博物館・美術館・展示物 | 11:30 | comments(2) | trackbacks(0) |

大阪駅の「水時計」〜不思議なものですね〜 w川・o・川w オォー

JUGEMテーマ:観光施設の感想・情報

7月19日(土)
JR大阪駅の大阪ステーションビルにあるデパートでの買い物も一段落。
以前から気になっていた、サウスゲートビルディング 1F 南ゲート広場の壁面にある「水時計」を探し当て、ようやく前に立てた。。。

「水時計」は、ハイスピードで流れ落ちる水の糸が、時刻と季節感ある模様を次々と描き出して涼感たっぷり! 
どのような仕掛けがされているのか? とても不思議で魔法の時計に思えて見入った。

なぜ、「水時計」のことが気になっていたか、と言いますと・・・
JR大阪駅が改造された時(2011年)に、中央コンコース 1F 南側の床面にあった、出会いの砂時計「サンドファンタジー」が、姿を消したから。

大きな砂時計」に代わって、不思議な「水時計」が設置されているのです。


≪ 「水時計」の撮影は ouna の手に負えなかった! ≫

水時計正面から
青海波の模様

水時計正面から
タイミングが合わなかった‥‥(;´▽`A``


水時計正面から
ひまわり

水時計正面から
時刻は1分間隔で表示される

水時計正面から


水時計斜めから


水時計斜めから


水時計斜めから



水の糸が流れ落ちる所、近づくとしぶきがかかる

| 博物館・美術館・展示物 | 16:30 | comments(8) | trackbacks(0) |

神戸の壁 ‥2006.01.17‥

JUGEMテーマ:阪神淡路大震災.

明石海峡大橋を渡り、淡路市志筑(旧 兵庫県津名郡津名町志筑)
しづかホール横に建つ「神戸に壁」を見てきました。
津名にゆかりの「静御前」の銅像(新谷英子 制作)に並んで建っています。

高さ約7メートル、幅約14メートルの壁面に、7日〜17日までライトアップされます。
夕方まで待って見ればよかった・・・。

「神戸の壁」の由来
昭和2年頃、神戸市長田区若松町市場の延焼防火壁として建てられた。
第二次世界大戦の空襲に耐え残り、又、阪神淡路大震災においては、建物は倒壊全焼した。
この壁だけは「倒れず、焼けず」多くの人を救い導き、荒廃したなかに堂々と建ち残っていた。
「歴史を語る生き証人」・・・・・と、碑のプレートに刻まれています。

神戸の壁よ永遠なれ
「震災を決して忘れてはならない」と発足した、リメンバー神戸プロジェクトは被災物を鎮魂と復活発展のため、指針シンボルとして保存する活動を展開。
神戸市長田区若松町3丁目の瓦礫の中から一片の残壁を「神戸の壁」と命名。
津名町が受け入れ11年2月11日移設、永久保存となったそうです。
(碑のプレートに刻まれた文から)

<神戸の壁>


<神戸の壁と静御前の銅像>


※編集箇所
神戸の壁よ永遠なれの文中の下記の部分を編集します。

津名町が受け入れ11年2月11日移設、永久保存となったそうです。

編集後
津名町が受け入れ平成11年(1999年)2月11日、移設式が行われた。
壁は、2000年1月に「町立しづかホール」野外ステージに設置された。

神戸の壁 2006.01.17 竹取物語 (かぐや姫)

過去のブログ「竹取物語」の古く拙い記事ですが、
記録として残したいので、こちらに移しました。

関連記事:
神戸の壁のこと ‥阪神・淡路大震災から19年‥ 2014.01.17

| 博物館・美術館・展示物 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

神戸の壁のこと ‥阪神・淡路大震災から19年‥

JUGEMテーマ:阪神淡路大震災.

阪神・淡路大震災から19年が経ち、20年目を迎えました。
忘れてはならない、あの日のことを・・・。
犠牲になられた皆さまに黙とうをささげました。。。

毎年、年末に淡路市志筑(旧 津名郡津名町志筑)方面へ行く用があって、その時はいつも(2008年まで)「神戸の壁」の前に立ち、大震災の日のことを思った。

大震災で焼け残った「神戸の壁」は、2000年1月に神戸市長田区から淡路市志筑新島(旧 津名郡津名町志筑)の しづかホールわきの野外ステージに移設されていたのです。

<「神戸の壁」 淡路市志筑(旧 津名郡津名町志筑)野外ステージで>

淡路市志筑にあった神戸の壁
(2005.12) この画像だけ,拡大できません.

淡路市立しづかホール
(2013.12.23) 淡路市立しづかホール.

その後、「神戸の壁」は2009年1月に、淡路市小倉「北淡震災記念公園」に再移設された。

入場者が多数訪れ、自然の脅威や防災を学ぶ場に展示されて良かったと思います。

昨年12月23日、久しぶりに「神戸の壁」が立っていた淡路市志筑の跡地に行ってみました。

<「神戸の壁」が立っていた跡地 野外ステージ>

神戸の壁が立っていた跡地

神戸の壁が立っていた跡地
(2013.12.23)

2006.01.17に、ブログ「竹取物語」に「神戸の壁」のことを投稿していた。
昨年秋、「神戸の壁」 2006.01.17 の古い記事にアクセスが集中した日があった。
神戸の壁に、何か新しい企画でもあるのでしょうか?

志筑から再移設され5年経った「神戸の壁」、志筑にあったこともやがて忘れられるでしょう。
長期間放置のブログ「竹取物語」も消えてしまうかもしれない。
撮った写真は削除してしまってありません。

下記の3記事の内、「神戸の壁」 2006.01.17 (竹取物語)を編集し、記録としてブログ「月に昇るその日まで」で追って更新します。

神戸の壁 2006.01.17 (竹取物語)

「神戸の壁」の隠れ文字 2006.01.17 (竹取物語)

神戸の壁のイルミネーション 2006.12.27 (竹取物語)


| 博物館・美術館・展示物 | 20:23 | comments(4) | trackbacks(0) |

ガチャポン初挑戦!(*゚ー゚*) 地底の太陽展で

JUGEMテーマ:ガチャポン♪.
 

万博の「岡本太郎 地底の太陽展」会場で(9月30日)
「ガチャポン」されますか? 今日はまだ残ってるですが、と呼び止められた。
はあ? 「ガチャポン」・・・???
ああ、そうだ! 甲子園球場へ行った時、孫がしていたのだ!

案内された販売機は2台、その内1台はすでに終了。
係の方に教わりながら、、、
100円硬貨4枚入れ、がちゃがちゃとハンドルを回すと、
ぽん!とカプセルが出てきた。



カプセルを開けると、
「何だこれは!」と書かれた「岡本太郎アートピースコレクション」 全8種の説明書
と一緒に「飛行船」が飛び出た。

うーん、別のがいいんだけどなー、と呟いてると、
傍で男子高校生らしいグループが、ゲットしたガチャポン整理しがら
「交換しましょうか」と言ってくれた。

「ありがとう」
もう一度、がちゃがちゃしてみます。
と言いながら100硬貨に両替して再度挑戦!!

「何だこれは!」
「座ることを拒否する椅子」だ。

いやだ!別のが欲しい 〜〜
全8種を集めるには・・・!? ふと、我に返った。

岡本太郎アートピースコレクション

(岡本太郎アートピースコレクション、飛行船と座ることを拒否する椅子)

ガチャポン

万博のHPを見ると、
「岡本太郎アートピースコレクション」のガチャポンが関西初登場!
代表作品がミニチュアで再現されています。
1回400円.

説明によると、予想を超える販売数のため、1日の販売数を制限しているらしく、
小雨が降っているので少しだけ残っていたようで・・・



「ガチャポン」を辞書検索すると、
がちゃぽん -- 日本国語辞典
(「がしゃぽん」とも。コインを入れてがちゃがちゃとハンドルを回すと、
ぽんとカプセル入りの玩具が出てくるところから)
子供の集まる小売店などに置いてある玩具販売機。


「ガシャポン」は商標登録されているようです。
<ガシャポン(GASHAPON)は、
1988年にバンダイの登録商標として登録された玩具名で、
同社のカプセル自動販売機とそのカプセルに入った玩具「カプセルトイ」を指す。
別称としては「ガチャガチャ」や「ガチャポン」があり、
「ガチャンコ」と「ガチャ」は
現タカラトミー/トミーの登録商標とされる。>
(ウィキペディアより)

(岡本太郎 地底の太陽展は10月10日で終了しています)

| 博物館・美術館・展示物 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

「地底の太陽」に会えてよかった。。。岡本太郎生誕100年記念・地底の太陽展

JUGEMテーマ:展覧会.

2011.09.30(金)
もう会うことができないと思っていた大阪万博の幻 「地底の太陽」。
「地底の太陽」は、1970年の大阪万国博覧会の太陽の塔の地下で展示されていた。
現在は行方不明になっているが、再現されたので鑑賞してきました。


再現された「地底の太陽」

再現された地底の太陽

再現された地底の太陽

「地底の太陽」は、岡本太郎氏が「過去・現在・未来」を表現した空間の中で、「過去」を表す地下展示場の中心的な展示物だった。

縦3m、横13m、原寸大で再現されている。
写真をデジタル化して拡大プリントし、木製の土台に貼リ付けられているそうです。
真っ暗な展示室で照明に照らされ、周りには仮面、偶像や不思議な物体が飾られていて何とも言えない雰囲気をかもし出している。
地底の太陽は、太陽の塔の顔と同じようにユーモラスですね。


手の椅子

「手の椅子」(5色) 岡本太郎氏の作品。
万博・テーマ館の地下にあって使われた椅子、黒・黄・青が置かれている。
場内案内の方から、座ってご覧ください、とすすめられ・・・


天井に映る不思議な物体

「手の椅子」に座って、天井を見上げれば、様々な不思議な物体が・・・。

博覧会当時、今は50歳過ぎになっている子供を連れて何度も足を運んだ。
思い出はいっぱいあるけれど、本当を言えば、時を経て「地底の太陽」は思い出せない。




今も、万博公園の近くに行った時は必ず太陽の塔にご挨拶。
太陽の塔は3つの顔を持つ。
未来を表す上部の「黄金の顔」、現在を表す正面の「太陽の顔」、過去を表す背面の「黒い太陽」にはいつでも会える。
それにしても、万博終了後から行方不明の4つ目の顔「地底の太陽」はいま何処に・・・?


太陽の塔が好きでよく記事にします。

[震度6で壊れるの?太陽の塔さん!!補強後、内部公開されるの待つわ] 2011.07.16


[太陽の塔内覧会&万博ミュージアム(1)] 2006.11.01 (竹取物語)



岡本太郎生誕100年記念・地底の太陽展
万博記念公園内のEXPO’70パビリオン
2011年8月27日(土)〜10月10日(月・祝)
| 博物館・美術館・展示物 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

阪神・淡路大震災・・「神戸の壁」のこと

JUGEMテーマ:阪神淡路大震災.

阪神大震災きょう16年
6434人が死亡、43,792人が負傷した阪神大震災は、17日で発生から16年になる。
(毎日新聞朝刊)
 
忘れてはならない、あの日のことを・・・
犠牲になられた皆さまのご冥福をお祈りいたします。

毎日新聞では阪神大震災と書かれていますが、ouna は、阪神・淡路大震災と書いています。

今朝、テレビで、淡路市の 「北淡震災記念公園」 に立っている「神戸の壁」を見た。

淡路市志筑(旧津名郡津名町志筑)から、2009.1.17に移設オープンされている。

毎年、年末に志筑方面へ行く用があって、その時はいつも「神戸の壁」の前に立ち、震災の日のことを思った。

神戸の壁】  2006.1.17  (竹取物語)

神戸の壁のイルミネーション】  2006.12.27  (竹取物語)

神戸の壁のクリスマス・イルミネーション・・2007】  2007.12.25  (月の滴)

昨年末にも静御前の像が立っているその地に行った、もちろん「神戸の壁」の姿はなかった。
知人から、移転する前にと思い撮ってきました、と2008年に写真がメールで送られていた。
「北淡震災記念公園」・野島断層保存館は以前にも見学しているが、改めて訪ねたい。


神戸の壁

神戸の壁・・淡路市志筑で 2008.8

神戸の壁

| 博物館・美術館・展示物 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) |