満月
ENTRIES
☆ 人気ブログランキング
☆ FC2ブログランキング
☆ ブログラム
blogramのブログランキング
COMMENTS
  • ピエール ドゥ ロンサール * 返り咲き * 咲くには咲いたけど・・・
    ouna (07/21)
  • ピエール ドゥ ロンサール * 返り咲き * 咲くには咲いたけど・・・
    藤の花 (07/21)
  • 株主総会に出席 ・・ 初体験 の ouna ・・ ((o(^-^)o))わくわく
    ouna (07/03)
  • 株主総会に出席 ・・ 初体験 の ouna ・・ ((o(^-^)o))わくわく
    藤の花 (07/03)
  • 嘉例川駅(鹿児島県・JR肥薩線) 2006 〜懐かしくて回想〜
    ouna (06/16)
  • 嘉例川駅(鹿児島県・JR肥薩線) 2006 〜懐かしくて回想〜
    藤の花 (06/16)
  • うちの庭でなったハマユウ(浜木綿)の実〜竜串の海岸へ帰してやりたい〜
    ouna (06/10)
  • うちの庭でなったハマユウ(浜木綿)の実〜竜串の海岸へ帰してやりたい〜
    jhiloshi (06/10)
  • つるバラ2代目 * ピエール ドゥ ロンサール * 咲きました〜♪(後編)
    ouna (05/26)
  • つるバラ2代目 * ピエール ドゥ ロンサール * 咲きました〜♪(後編)
    藤の花 (05/26)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

ouna のブログへようこそ!
<< グリムスに猿の親子が来たょ! 次は象が来る?ぞー | main | ガチャポン初挑戦!(*゚ー゚*) 地底の太陽展で >>

「地底の太陽」に会えてよかった。。。岡本太郎生誕100年記念・地底の太陽展

JUGEMテーマ:展覧会.

2011.09.30(金)
もう会うことができないと思っていた大阪万博の幻 「地底の太陽」。
「地底の太陽」は、1970年の大阪万国博覧会の太陽の塔の地下で展示されていた。
現在は行方不明になっているが、再現されたので鑑賞してきました。


再現された「地底の太陽」

再現された地底の太陽

再現された地底の太陽

「地底の太陽」は、岡本太郎氏が「過去・現在・未来」を表現した空間の中で、「過去」を表す地下展示場の中心的な展示物だった。

縦3m、横13m、原寸大で再現されている。
写真をデジタル化して拡大プリントし、木製の土台に貼リ付けられているそうです。
真っ暗な展示室で照明に照らされ、周りには仮面、偶像や不思議な物体が飾られていて何とも言えない雰囲気をかもし出している。
地底の太陽は、太陽の塔の顔と同じようにユーモラスですね。


手の椅子

「手の椅子」(5色) 岡本太郎氏の作品。
万博・テーマ館の地下にあって使われた椅子、黒、黄、青が置かれている。
場内案内の方から、座ってご覧ください、とすすめられ・・・


天井に映る不思議な物体

「手の椅子」に座って、天井を見上げれば、様々な不思議な物体が・・・。

博覧会当時、今は50歳過ぎになっている子供を連れて何度も足を運んだ。
思い出はいっぱいあるけれど、本当を言えば、時を経て「地底の太陽」は思い出せない。




今も、万博公園の近くに行った時は必ず太陽の塔にご挨拶。
太陽の塔は3つの顔を持つ。
未来を表す上部の「黄金の顔」、現在を表す正面の「太陽の顔」、過去を表す背面の「黒い太陽」にはいつでも会える。
それにしても、万博終了後から行方不明の4つ目の顔「地底の太陽」はいま何処に・・・?


太陽の塔が好きでよく記事にします。

[震度6で壊れるの?太陽の塔さん!!補強後、内部公開されるの待つわ] 2011.07.16


[太陽の塔内覧会&万博ミュージアム(1)] 2006.11.01 (竹取物語)



岡本太郎生誕100年記念・地底の太陽展
万博記念公園内のEXPO’70パビリオン
2011年8月27日(土)〜10月10日(月・祝)
| 博物館・美術館・展示物 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stop-ouna.jugem.jp/trackback/156
トラックバック