満月
ENTRIES
☆ 人気ブログランキング
☆ FC2ブログランキング
☆ ブログラム
blogramのブログランキング
COMMENTS
  • ピエール ドゥ ロンサール * 返り咲き * 咲くには咲いたけど・・・
    ouna (07/21)
  • ピエール ドゥ ロンサール * 返り咲き * 咲くには咲いたけど・・・
    藤の花 (07/21)
  • 株主総会に出席 ・・ 初体験 の ouna ・・ ((o(^-^)o))わくわく
    ouna (07/03)
  • 株主総会に出席 ・・ 初体験 の ouna ・・ ((o(^-^)o))わくわく
    藤の花 (07/03)
  • 嘉例川駅(鹿児島県・JR肥薩線) 2006 〜懐かしくて回想〜
    ouna (06/16)
  • 嘉例川駅(鹿児島県・JR肥薩線) 2006 〜懐かしくて回想〜
    藤の花 (06/16)
  • うちの庭でなったハマユウ(浜木綿)の実〜竜串の海岸へ帰してやりたい〜
    ouna (06/10)
  • うちの庭でなったハマユウ(浜木綿)の実〜竜串の海岸へ帰してやりたい〜
    jhiloshi (06/10)
  • つるバラ2代目 * ピエール ドゥ ロンサール * 咲きました〜♪(後編)
    ouna (05/26)
  • つるバラ2代目 * ピエール ドゥ ロンサール * 咲きました〜♪(後編)
    藤の花 (05/26)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

ouna のブログへようこそ!
<< 北上展勝地の桜と北上川の鯉のぼり〜\(^o^)/ | main | サクラソウ(桜草)の絵 >>

津軽鉄道のストーブ列車に乗って桜を見に・・・

JUGEMテーマ:観光施設の感想・情報.

5月1日(火)
東北三大桜を追う旅は秋田県から青森県に入る。
日本最北の民営鉄道・津軽鉄道のレトロなストーブ列車に乗って、桜を見に・・・。
津軽五所川原駅から芦野公園駅まで、30分ほどの短い列車の旅でした。
芦野公園は太宰治ゆかりの地で、桜の名所100選に選ばれている。

さくらまつりの期間中、ストーブ列車は、さくら列車として運行されているようです。
花見の時期、ストーブ列車ですが窓は全開されて、ストーブは焚いていません。 

冬は吹雪が吹きつける車窓ですが、5月の風は爽やかで津軽平野の眺めも抜群!
美人のアテンダントの津軽弁を交えての案内も楽しかった。

冬はストーブの上の焼き網でスルメをあぶって、お酒を飲むのが最高ですよ、と。
ouna は、もちろん飲み鉄ではないけれど、雪景色の津軽平野を走るストーブ列車にも乗ってみたい、と思った。

<津軽鉄道ストーブ列車>

ストーブ列車後姿
満開の桜に見送られ,芦野公園駅を出発して津軽中里駅へ向かうストーブ列車の後姿.

ストーブ列車
芦野公園駅で降りる人,乗る人.
ストーブ列車車体に46 2の字が見えるので,オハ46系(46 2)か?


車窓から太宰治記念館「斜陽館」の大きな赤い屋根が見える.
青森県五所川原市金木町朝日山412-1

ストーブ列車の内部
ストーブ列車の内部.


ストーブ列車の だるまストーブ.


津軽鉄道車内販売の方.

 
真っ黒な石炭クッキー買いました.

ストーブ列車の機関車
ストーブ列車の機関車.
画像はウィキペディアから拝借しました.
ツアーで自由行動が取れなくて.機関車が撮れなかった.


津軽五所川原駅で,待機の列車.
手前はリンゴの木.

| 観光・旅行 | 21:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
石炭クッキー、おいしかったですか?
郷愁を誘う列車ですね。
私も冬乗ってみたいです。
| YUMI | 2012/05/15 6:54 AM |

石炭クッキー、ココア味で美味しかったです!
けど、舌が真っ黒に‥‥(^0^*オッホホ
真夏にストーブを焚いて走るイベントもあるようです。
冬のストーブ列車がいいですね(^▽^)/
| ouna | 2012/05/15 10:04 AM |

今日は 雪 もう 無いでしょうね
| 案山子 九州 | 2012/05/19 3:37 PM |

案山子 九州さま ☆

桜の時期のイベントで走らせたストーブ列車。
雪はありませんが、、、雪が積もっている風景を想像しながら乗りました(^◇^)
雪の代わりに花吹雪が舞っていました。
岩木山には残雪がありましたょ。
| ouna | 2012/05/19 11:48 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stop-ouna.jugem.jp/trackback/268
トラックバック