満月
ENTRIES
☆ 人気ブログランキング
☆ FC2ブログランキング
☆ ブログラム
blogramのブログランキング
☆ おきてがみ
COMMENTS
  • 庭のハマユウ(浜木綿) 絶対絶命のピンチ脱出か!? 花が咲いた!
    ouna (10/19)
  • 庭のハマユウ(浜木綿) 絶対絶命のピンチ脱出か!? 花が咲いた!
    藤の花 (10/19)
  • 郵便受けの取り出し口の蓋が台風で破損 〜取り替えました〜
    ounna (10/06)
  • 郵便受けの取り出し口の蓋が台風で破損 〜取り替えました〜
    藤の花 (10/06)
  • クリスマス手作り小物 * パフ・リース & ミニ・リース *
    ouna (09/23)
  • クリスマス手作り小物 * パフ・リース & ミニ・リース *
    藤の花 (09/23)
  • ハマユウ(浜木綿)〜ハマオモトヨトウの幼虫に食われて〜 絶対絶命!
    ouna (09/17)
  • ハマユウ(浜木綿)〜ハマオモトヨトウの幼虫に食われて〜 絶対絶命!
    藤の花 (09/17)
  • 台風21号で〜 つるバラ * ピエール ドゥ ロンサール * が倒れた〜
    ouna (09/09)
  • 台風21号で〜 つるバラ * ピエール ドゥ ロンサール * が倒れた〜
    藤の花 (09/08)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

ouna のブログへようこそ!
<< 若竹の脱皮 2014年・・・今年も筍生活ですか〜・・・o(*^▽^*)o~♪ | main | オオゴマダラ産卵 ラッシュ ★ ブラウスに産み付けられたよ ★ 昆虫館・チョウ温室で >>

かたかご(カタクリ)** 万葉植物 **

かたかご(カタクリ)


カタクリの花 六甲高山植物園で

もののふの八十娘子(やそをとめ)らが汲みまがふ寺井の上の堅香子(かたかご)の花

大伴家持 万葉集 [巻十九 4143]


万葉集に詠まれている「堅香子(かたかご)」は、片栗(カタクリ)のことで、根茎から澱粉を採って片栗粉にした。
今は、量産できるジャガイモで代用されている。



カタクリの花に片思いの ouna ‥‥
六甲高山植物園へ今年も会いに行ってきました。

折悪しく、いつも曇っていたり寒かったりで、あでやかな顔を、なかなか見せてくれない春の妖精たち。



カタクリの花は、春まだ浅い山中に枯葉をもたげて芽吹き、あでやかに咲く。
晴れた日に、6枚の花被片を大きくそり返し、うつむき加減に咲くが、夕方になり日が陰ると眠り姫のように閉じてしまう。
そして、花が終わると、とけるように地上部がなくなり、翌春まで長い休眠に入る。

カタクリは種子を蒔いて花が咲くまでに7年もかかるという。

葉は2枚で、暗紫色の鹿の子のような斑点模様がある。
ところが、花をつけるまでは1枚の葉しか地表に出さず「片葉」だけ。
なので、別名「かたこ」「かたこ百合」とも呼ばれているとか。



カタクリ(ユリ科) Erythronium japonicum
北海道、本州、四国、九州の山地.
花期 4〜6月(六甲高山植物園では3〜4月)



< 秋田県田沢湖近くの刺巻湿原 ミズバショウ群生地で見たカタクリの群生 >

カタクリ 刺巻湿原で

カタクリ群生 刺巻湿原で
(2012.04.30 17:08)

JUGEMテーマ:植物



応援ありがとうございます
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ  blogramのブログランキング
にほんブログ村
| 万葉植物 | 12:00 | comments(8) | trackbacks(0) |
コメント
こちらにも近場にカタクリが群生しているところがあります。
先日行って見たら葉っぱが残っているだけでした。
あのうつむき加減に咲く愛らしい姿。
もう終わってしまったんですね。

堅香子っていうんですか。
片栗粉を作っていたからカタクリと呼ばれていたとばかり思ってました。

| matsuyama | 2014/05/08 10:16 PM |

matsuyamaさま ☆

カタクリの群生があるのですか、いいですね。d( ̄◇ ̄)b グッ♪
もう花は終わっているでしょうね。

「堅香子」は万葉仮名、「かたかご」は万葉名、「カタクリ」は現代名です。

片栗粉を作っていたからカタクリです。ヽ(^o^)丿
万葉仮名は、難しいですね。Σ( ̄ε ̄;|||・・・
| ouna | 2014/05/08 10:57 PM |

カタクリいいですね。
大好きです。
皆さん、けっこうブログに載せてくださるので、とっても嬉しいです。
万葉の時代からと考えると、感慨ひとしお。
| YUMI | 2014/05/09 7:16 AM |

カタクリの花があることだけ知ってたんですけど、見たことはありませんでした。
7年かかって、、というお話も知りませんでした。
お好きなんですね、この花のこと。わかるような気がします。
| みよっち | 2014/05/09 8:21 AM |

YUMIさま ☆

春の妖精といわれているカタクリですが、
 ouna になかなか顔を見せてくれなくて‥‥(>_<)
万葉の時代から、ずっと咲いているのですね。
このカタクリから採った片栗粉を見てみたいです。
| ouna | 2014/05/09 11:26 AM |

みよっちさま ☆

カタクリの花、ouna も最近まで見たことなかったのです。
花が咲くまで7年も8年もかかるらしく、貴重なカタクリです。
うつむき加減に咲く、というところが可憐でいじらしいと思います。ぐ〜♪ d(* ̄o ̄)
| ouna | 2014/05/09 11:35 AM |

こんにちは、ounaさん、

カタクリの可憐な花は何時見ても良いものですね。
別名「かたこ」「かたこ百合」と呼ばれるのは知りませんでした。
昔はカタクリを作ったそうですね。
| としあき | 2014/05/09 4:16 PM |

としあきさま ☆

カタクリの花は可憐ですね。
そして不思議な植物だと思います。

かたかご(カタクリ)の澱粉を見てみたいし、食べてみたいです。((o(^-^)o))わくわく
| ouna | 2014/05/10 12:04 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stop-ouna.jugem.jp/trackback/578
トラックバック