満月
ENTRIES
☆ ブログラム
blogramのブログランキング
☆ FC2ブログランキング
☆ 人気ブログランキング
☆ にほんブログ村
☆ グリムス
COMMENTS
  • コバノミツバツツジのスケッチ・・終活で絵の整理中・・廣田神社の つつじ を想う
    matsuya (03/27)
  • コバノミツバツツジのスケッチ・・終活で絵の整理中・・廣田神社の つつじ を想う
    ouna (03/22)
  • コバノミツバツツジのスケッチ・・終活で絵の整理中・・廣田神社の つつじ を想う
    藤の花 (03/22)
  • 庭のヤマノイモ・自然薯 掘り上げの続編 〜墓穴を掘った〜!?
    ouna (03/18)
  • 庭のヤマノイモ・自然薯 掘り上げの続編 〜墓穴を掘った〜!?
    生禿 (03/18)
  • 庭のヤマノイモ・自然薯 掘り上げの続編 〜墓穴を掘った〜!?
    ouna (03/16)
  • 庭のヤマノイモ・自然薯 掘り上げの続編 〜墓穴を掘った〜!?
    藤の花 (03/16)
  • 芍薬の水彩画(習作) ・・ 絵の整理を急がないと ・・
    ouna (03/15)
  • 芍薬の水彩画(習作) ・・ 絵の整理を急がないと ・・
    *yoshimin* (03/14)
  • 芍薬の水彩画(習作) ・・ 絵の整理を急がないと ・・
    ouna (03/09)
TRACKBACK
  • ☆ クリスマス グッズ ☆ キルト布で簡単に作ってみた♪
     月の滴 (11/25)
  • 葉隠れの術を使った蛾(ガ)の幼虫 〜そっと覗いてみたよ〜
     月の滴 (11/12)
  • どんな蛾(ガ)になるのかな!? 蔦についた幼虫
     月の滴 (09/19)
  • コスモスのスケッチ・・終活で絵の整理中・・
     月の滴 (08/28)
  • 芍薬(シャクヤク)のスケッチと切り花
     月の滴 (05/17)
  • 水陸両用バス 大阪ダックツアーで大川からお花見〜♪
     月の滴 (04/03)
  • アンティークの藍の食器を仕分け整理する
     月の滴 (03/03)
  • 「妖怪汁」 ・・ 賞味期限切れ 約7年をクリスマスイブに飲んでみた ・・
     月の滴 (12/25)
  • 「妖怪汁」 ・・ 賞味期限切れ 約7年をクリスマスイブに飲んでみた ・・
     月の滴 (12/25)
  • 「妖怪汁」 ・・ 賞味期限切れ 約7年をクリスマスイブに飲んでみた ・・
     月の滴 (12/25)
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

ouna のブログへようこそ!
<< アンティーク 中国の盃かな!? | main | 古い小型家電製品 金属製小型ごみの日に出す 〜収納庫の整理〜 >>

頂き物の夫婦湯呑 未使用品が3箱 〜収納庫の整理中〜

JUGEMテーマ:食器.

築30年の家のメンテナンス・リフォームに先がけて、収納庫内の物を仕分け整理中。
夫婦湯呑木箱入り 箱書付きなど3箱、未使用の品が出てきた。
20年以上の間、ずっと収納庫に仕舞ったままになっていたのです。
有名な作家さんの手になる夫婦湯呑、選んで贈ってくださった方に申し訳なくて・・・。

これからは、箱から出して食器キャビネットの方に移し、どんどん使っていきます。
残り少ない人生、美味しいお茶を入れて okina とゆるりとした時間を持ちたい。

 

頂き物の夫婦湯呑3セット 未使用品


頂き物の夫婦湯呑 未使用品 3セット


・・見る角度を変えて撮る・・

頂き物の夫婦湯呑3セット 未使用品

 

手前一列目 の夫婦湯呑  田中幹也 氏 作


湯呑の表面 内側にキラキラと華が咲いたようで美しい。
このような模様はどうすれば出るのか・・・? 不思議に思った。

調べてみると、結晶釉という釉薬を使ったよく似た陶器が見つかった。
この夫婦湯呑も結晶釉を使って焼かれたのでしょうか・・・?

うちには夫婦湯呑は2セットもあれば十分なので、これは息子夫婦にプレゼントします。
仲良くお茶してくれると嬉しい。

田中幹也 氏の略歴(箱の中に入っていた略歴書から抜粋)
昭和22年 淡路島賀集に生まれる
昭和50年 作陶に入る
昭和58年 大阪 淡路にて個展
昭和59年 以後毎年 淡路・神戸・東京・大阪などで個展
平成5年 大阪阪急にて個展(以後毎年)


 

二列目右側の夫婦湯呑  三島手 号 陶楽 森里良三 氏 作


花形の印で装飾する三島手。
土の味わいを保ちながら艶やかな雰囲気を生み出す陶楽の作品は特に、京三島と呼ばれているそうです。

陶楽・森里良三 氏の陶歴
昭和元年3月 初代陶楽の三男として京・五条坂で生まれ、平成17年没
国立陶磁器試験所入所、陶土の試験、研究に従事し、後に初代の元で作陶生活に入る
京焼・清水焼の伝統工芸士の称号を受ける
京都府知事より優秀技能者(京の名工)の表彰を受ける
その他、多数の賞を受ける
労働大臣より卓越技能者(現代の名工)の表彰を受ける
平成6年 勲六等瑞宝章叙勲を受ける


 

二列目左側の夫婦湯呑  薩摩焼 桃伯窯


箱書付きだが、栞が入っていない。開けた時に紛失したのかも知れない。
陶伯窯の薩摩焼で検索すると・・・
その特徴は、暖かい感じの太白、またはクリーム色の生地に微細な貫入(ひび)の入っているところで、美麗な錦爛手の上絵付、浮彫、透彫の技法にある。
また、若干の吸水性があるため、長く使うと茶渋に染まって金色に光っているような感じになるとか。

使用前に熱湯に浸すと、茶渋の浸透の度合いがゆるやかで、より上品な味わいになっていく。
使用後は水分を良く切り、乾燥させて保管。
水分を含んだまま置くと、変色やカビの付くこともあるそう。

上記のような説明がありますので、この夫婦湯呑は気をつけて使っていきます。

blogramのブログランキング
| 家のメンテナンス・リフォーム | 20:30 | comments(6) | trackbacks(0) |
コメント
銘作の数々がお蔵入りだったとは、もったいないですね。
かといってそれだけ値打ちのあるものをいつもの生活の湯呑みとして使うのも、
忍びないですけどね。
結晶釉の夫婦湯呑みもきらびやかでいいですね。
作者も飾って置くだけより、愛情を持って使ってもらった方が本望じゃないですかね。
後世に残す作品はご自分で大切に保存しているんじゃないですかね。
| matsuyama | 2016/03/13 10:31 PM |

☆ matsuyamaさま

もっと凄い物が出てくれば良かったのですが・・・
これらは日常に使う湯呑、たくさん出回っている物です。

落として割らないように気をつけて使っていきます。
| ouna | 2016/03/13 11:48 PM |

持っている物は使わないと「もったいない」ですからね。
私も、1日に3つくらいコーヒーカップなどを変えます。洗うのは自分なので、遠慮はしていません。
| 生禿 | 2016/03/14 11:44 AM |

☆ 生禿さま

家のメンテナンス・リフォームを機に整理して、
使えるものはどんどん使っていきます。
ありがとうございます。
| ouna | 2016/03/14 10:14 PM |

お宝拝見しております、リフォームで整理整頓ができ良いですね 。

もう雪は大丈夫と思いノーマルタイヤに変えたら山にまた雪が15cm程積もりました、杉花粉は多く飛んでいます花粉なければ良い季節ですが。
| 野鳥の楽園(yukemuri2) | 2016/03/16 11:07 AM |

☆ 野鳥の楽園(yukemuri2)

ありがとうございます。
お宝というほどの物ではありませんが・・・(#^^#)
不用品は片付けないと、メンテナンス・リフォームができませんので・・・(*^-^*)

寒の戻りでしょうか?寒いです。
杉花粉の季節ですね。
| ouna | 2016/03/16 9:36 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stop-ouna.jugem.jp/trackback/795
トラックバック