満月
ENTRIES
にほん ブログ村
 
人気ブログランキング
 
FC2ブログランキング
 
COMMENTS
  • ☆ ポインセチア ☆ と 放チョウ体験で放った黒いチョウ♪
    Ouna (11/19)
  • ☆ ポインセチア ☆ と 放チョウ体験で放った黒いチョウ♪
    藤の花 (11/19)
  • おお〜「ヨナグニサン」 やっと会えたわ〜 \(*T▽T*)/ 伊丹市昆虫館で
    OUna (11/15)
  • おお〜「ヨナグニサン」 やっと会えたわ〜 \(*T▽T*)/ 伊丹市昆虫館で
    藤の花 (11/15)
  • 蛾売りおじさんの「刺繍の蛾たち」に魅了されました〜伊丹市昆虫館で〜
    Ouna (11/15)
  • 蛾売りおじさんの「刺繍の蛾たち」に魅了されました〜伊丹市昆虫館で〜
    TOUSAKU WAKITA (11/15)
  • 蛾売りおじさんの「刺繍の蛾たち」に魅了されました〜伊丹市昆虫館で〜
    Ouna (11/14)
  • 蛾売りおじさんの「刺繍の蛾たち」に魅了されました〜伊丹市昆虫館で〜
    むに (11/14)
  • 蛾売りおじさんの「刺繍の蛾たち」に魅了されました〜伊丹市昆虫館で〜
    Ouna (11/12)
  • 蛾売りおじさんの「刺繍の蛾たち」に魅了されました〜伊丹市昆虫館で〜
    藤の花 (11/12)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

Ouna のブログへようこそ!
<< あさがほ(ムクゲ) ** 万葉植物 ** | main | 「大泉 洋さん」は「羊さん」だった! さっぽろ雪まつりの * 雪像 * で >>

すすき・をばな・かや(ススキ) ** 万葉植物 **

すすき・をばな・かや(ススキ)

 

万葉仮名 -- 須須伎 乎花 加夜

 

 

薄・芒(ススキ)

 

薄・芒(ススキ)

(六甲高山植物園で)

 

 

帰り来て見むと思ひし我が宿の秋萩すすき散りにけむかも

 

 万葉集 [巻十五 3681]

 

人皆は萩を秋と言ふよし我は尾花が末(うれ)を秋とは言はむ

 

 万葉集 [巻十 2110]

 

 

尾花(おばな)は、薄・芒(すすき)の花穂のこと。

尾花の名は花穂の形が馬などの尾に似ているところからで、「花芒」ともいわれる。

薄は秋の七草の一つ、十五夜に飾られる代表的な草花です。

 

薄は寂しげな風情を漂わせているが……。

花が咲いて後に白い綿状の毛束になって風にそよぐ姿は美しく、風に乗って飛んでいくさまは風情がある。

けれど、枯れ尾花はとんでもないものに見間違えられたりで…… (ノ>。☆)ノ キャッ

 

秋の七草の萩もいいけれど、Ouna も尾花に秋を感じます。

子供の頃、薄の葉を扱い(しごい)て指を切った痛い思い出もある。

 

 

薄は、茅・萱(かや)とも呼ばれる。

昔は屋根を葺いたり、炭俵を編んだりで、とても役に立つ植物だった。

屋根葺き材は地域によって、薄・葦・麦わらなどが使われており、それらの総称を「茅(かや)」と呼んでいる。

クマ笹や琉球竹を屋根材に使うところもあるらしい。

 

 

茅葺き屋根の家

 

茅葺き屋根の家

2009.11.20

 

10年も前のことだけど、京都府美山町の かやぶきの里 北村を訪ねた。

茅葺き屋根の家が多数あり、日本の農村の原風景を残して自然豊かでのどかだった。

画像の交流館・玄関前にも薄・尾花が見える。(*゚▽゚)ノ

かやぶきの里 北村では、今も薄で屋根の葺き替えをしている家が多いようです。

 

 

薄・尾花(オバナ)

 

薄・尾花;

2015.11.19

 

能勢妙見山で、尾花が秋の風になびいていた。

この薄は山野に生える普通の薄。

薄は色々な変種があるようです。「糸芒」「鷹葉芒」「縞芒」など。

葉に白い縦縞がある「縞芒」、観賞用に植えられているのを見たことがある。

 

 

 

ススキ(薄・芒)

イネ科の多年草。花期は7〜10月。

日本全土の日当りのよい山野に普通にみられ群生することが多く、茎葉が密生して大株となる。

茎は高さ1m前後の円柱形で、やや太く中実で節がある。

 

葉は長さ30〜50cmの線形、幅は6〜10mm、先はしだいにとがる。

中脈は太く白色で基部は長い鞘となり鞘口に長い毛がある。

 

花序は秋に茎の頂につき、長さ15〜30cmの散房状。

短い中軸上に7〜多数の枝(総)をつけ、各総はその基部から先端まで小穂を密生する。

 

ススキの小穂

 

小穂は長柄および短柄の2個が対になり、小穂自体は長さ5mmほどで黄色く、先端に ※ 芒(のぎ)がある。

小穂の基盤に長さ7mm内外の白い毛を密生するため、総全体が銀白色の毛に包まれる。

※ 芒(のぎ)とは、イネ科植物の実の外殻にある針のような毛。

(参考図書:平凡社大百科事典 小山鐵夫)

 

 

関連記事:

かやぶき屋根の里・・・京都府南丹市美山町 2012.10.31

 

JUGEMテーマ:植物

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ

にほんブログ村

| 万葉植物 | 10:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
すすき:秋ですね。兵庫県砥峰高原(とのみねこうげん)で見ましたが凄く綺麗でした。
| 藤の花 | 2019/09/23 11:26 AM |

☆ 藤の花さま

<ススキの群生地> 訪ねてみたいです。

葛城山のススキ(奈良県)
曽爾高原(奈良県)
岩湧山(大阪府)
砥峰高原(兵庫県)
上山高原のススキ草原(兵庫県)
| Ouna | 2019/09/23 5:11 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stop-ouna.jugem.jp/trackback/974
トラックバック