満月
ENTRIES
にほん ブログ村
 
人気ブログランキング
 
FC2ブログランキング
 
COMMENTS
  • 「 クロトン 」に 再び魅了されました〜 ♪v(⌒o⌒)v♪      
    AKAZUKIN (02/28)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    Ouna (02/24)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    Fly fishig 大好き (02/24)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    Ouna (02/23)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    藤の花 (02/23)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    Ouna (02/23)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    AKAZUKIN (02/22)
  • クロアゲハのラブラブな交尾シーンが撮れました 〜昆虫館で〜
    Ouna (02/19)
  • クロアゲハのラブラブな交尾シーンが撮れました 〜昆虫館で〜
    Ouna (02/19)
  • クロアゲハのラブラブな交尾シーンが撮れました 〜昆虫館で〜
    AKAZUKIN (02/19)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

Ouna のブログへようこそ!

☆ コルマナラ・ワイルドキャット ☆ 山猫さん!?

▽ チョウ温室の植物 ▽
 

コルマナラ・ ワイルドキャット

Colmanara Wildcat
コルマナラ・ ワイルドキャット 2

キャットウォークを、かっ歩するヤマネコさんたちに見える!?

コルマナラ・ ワイルドキャット 1


コルマナラ・ ワイルドキャット 3

(伊丹市昆虫館・チョウ温室で 2015.02.27)

チョウ温室内のあちこちで、洋ランのコルマナラ・ワイルドキャットに出会った。
ワイルドキャット・・・野生の猫・山猫さん といったところでしょうか・・・ ネコ

木の幹に、鉢植えで吊られた コルマナラ・ワイルドキャット、元気に空中に伸びて咲き。
キャットウォークを、かっ歩するヤマネコさんたちに見える。。。!?

鮮やかな黄色と葡萄茶色(えびちゃいろ)の模様、株によって少し違いがあるようです。
チョウは寄り添っていませんでした。

洋ラン図鑑を見ても 載っていないので新種かな、と調べてみると・・・
ラン科 コルマナラ属。
ミルトニア、オドントグロッサム、オンシジウムの3属間交配種でした。

洋ランは、人工交配により 園芸用の新品種が盛んに作出されており、珍しいのを目にする。

JUGEMテーマ:植物.
 
| チョウ温室の植物 - 伊丹市昆虫館 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

ヒスイカズラの花が散っていた ・・ 出会えて ラッキー ・・

▽ チョウ温室の植物 ▽

 

ヒスイカズラ(翡翠葛)の 花

Strongylodon macrobotrys

ヒスイカズラ 花
伊丹市昆虫館・チョウ温室で

前日からの雨も上がり、まずまずのお天気。
チョウも舞っているよね、とチョウ温室へ。蝶
ヒスイカズラが咲いている、と温室内にお知らせポスターが貼られていた。
咲いている!!・・・ラッキー \(*T▽T*)/

ヒスイカズラは、小さな苗から花が咲くまでにとても時間がかかる。
伊丹市昆虫館では約8年かかったそうです。
なのに、花は咲くとすぐに落ちてしまう。。。

勾玉
 

・・ヒスイカズラの花 散りて・・


ヒスイカズラの散った花
2015.02.27
妖精  妖精  妖精

今回、思いがけず出会えたヒスイカズラの花は、訪ねるのが少し遅かったようで。
花の残っている房は少しだけ・・・それも房の先の花は落ちている。
でも、前回は落ちた花にも会えなかったのだから・・・。

花を拾ってみると6〜7cm、勾玉の妖精のような可愛い姿・・・('∇^d) ナイス☆
ヒスイカズラの花言葉は、「私を忘れないで」・・・忘れませんとも。



チョウ温室で、ヒスイカズラの花に出会えたのは今回で2度目。
昨年6月上旬にも、勾玉のような形のヒスイ色の花を連ねた房を、長く垂らしていた。

ヒスイカズラ(翡翠葛)〜勾玉のヒスイ宝石〜 のようで心酔〜 d(* ̄o ̄)

ヒスイカズラの首飾りは夢に終わった 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。


JUGEMテーマ:植物

| チョウ温室の植物 - 伊丹市昆虫館 | 06:30 | comments(4) | trackbacks(0) |

ハワイアンホーリー 〜 カラーリーフ 〜

▽ チョウ温室の植物 ▽

 

ハワイアンホーリー

Leea guineensis

ハワイアンホーリー

(伊丹市昆虫館・チョウ温室で 2014.10.19)


カバタテハのお休み処〜この木何の木?気になる木〜(・_・?) 2014.02.13.

更新から1年経過、2015.02.18 この木の名前が分かりました。
コメントで、こっそりと教えてくださった「こっそりと」さんに・・・(^人^)感謝♪

チョウ温室のハワイアンホーリー、写真では裏葉があまり見えていませんが、魅力的な色。
茎・裏葉の色を、何色といえばいいのでしょう。。。(;^ω^)
葡萄茶色(えびちゃいろ)、赤銅色、ダークバーガンディー色、個体によって少し違うのもあるようですが・・・。

葉の縁が少し波打って、、、シックな感じがします。
他の若い木に花は付いていませんが、年数が経っているこの木に花が咲いていました。。。

非耐寒性の常緑低木、室内で観賞する鉢植えが通販で人気があるようです。

★ ハワイアンホーリー
学名 : Leea coccinea
科名 : ウドノキ科
分類 : 常緑低木
原産地 : ミャンマー
樹高 : 1.5〜2.5m
越冬温度 : 10℃以上
 
木木

よく似たこんな記事も載せています。

セイシボク(青紫木)
緑と赤のリバーシブルの葉〜この木何の木〜(・_・?) 2013.08.18


JUGEMテーマ:植物

木木
| チョウ温室の植物 - 伊丹市昆虫館 | 22:44 | comments(2) | trackbacks(0) |

* ウナズキヒメフヨウ * 花びら開いて見せて〜 (;人;)

▽ チョウ温室の植物 ▽

 

ウナズキヒメフヨウ


ウナズキヒメフヨウ一輪
(伊丹市昆虫館・チョウ温室で 2015.01.24)

ウナズキヒメフヨウ
(2015.01.03)

昆虫館・チョウ温室で、いつも幾つかの赤い蕾を付けているのに、、、
花びらが開いているのを一度も見たことはない。
チョウたちは大きくなった蕾でも、通り過ぎて、、、舞い降りるのを見たことがない。

1月24日、花蕊(かずい)を突き出している長さ6cmほどの花一輪を見付けた。
幹に名札が付いてました。。。 よかった! いつも植物の名前が分からなくて苦労する。

* ウナズキヒメフヨウ * 頷き姫芙容.
学名 : Malvaviscus arboreus var. mexicanus
分類 : 常緑低木
科名 : アオイ科
原産地 : メキシコ コロンビア
樹高 : 1〜2m
越冬温度 : 非耐寒性
開花時期 : 温室では周年開花

小さな蕾の時は上を向いているのに、大きくなるにつれて、うつむき加減になってくる。
ウツムキヒメフヨウだけど、ウナズキヒメフヨウ。いい名前が付けられてますね。

けれど、花はうつむいていて開かない、チョウは蜜が吸えないような気がする。
蜜はとても甘いらしい。 受粉は花の中に潜り込める小型の昆虫に頼るのかな!?

実物を見たことはないのですが、よく似た花で、ヒメフヨウというのがある。
こちらも、花びらは開いてないが、花びらから長い花柱を出して上を向いて咲いている。
ウナズキヒメフヨウはヒメフヨウの変種だそう。

ウナズキヒメフヨウは、
パッと開いているハイビスカスの仲間なのに、なぜうつむいているのだろう?
何か考えあってのことでしょう!?
花びら開いて見せて〜、とお願いしたけれど・・・開けない訳があるそうで・・・。

それは、花びらの基部が雌しべに巻き付き、開かない構造になっているらしい。
この次のチョウ温室見学のときには、落下した花をいただいて観察してみよう。

JUGEMテーマ:植物

花
| チョウ温室の植物 - 伊丹市昆虫館 | 08:30 | comments(2) | trackbacks(0) |

* ストレリチア * 飛び立つ鳥のように見える花

▽ チョウ温室の植物 ▽

 

ストレリチア レギネ

Strelitzia reginae

ゴクラクチョウカ

ストレリチア レギネの絵 ouna作
ouna の絵


ストレリチア レギネとチョウ 1

ゴクラクチョウカとスジグロカバマダラ

ストレリチア レギネとチョウ 2

ストレリチアは南アフリカに5種ほどが分布。
その内、ストレリチア レギネ Strelitzia reginae. 和名 ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)は、小型種で幹が立たずに株立ちになる。

日本でも暖かい地方ではハウスでの栽培が盛んで、切花として使われる。
鉢栽培でも比較的容易に花を咲かせるので、ご近所でも見かける。

和名 ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)の由来は、鶏冠にたとえたもの。
英名は、バードオブパラダイス。

仏焔苞は緑色、花(萼)3枚は橙黄色、舌状花弁1枚は碧紫色、極彩色の花は情熱的な雰囲気を漂わせている。

チョウ温室では、花が終わりに近いゴクラクチョウカのにじみ出る蜜を、スジグロカバマダラが吸っていた。

 

ストレリチア ニコライ

Strelitzia nicolai

ストレリチア ニコライ 1

ストレリチア ニコライ 2

ストレリチア ニコライ Strelitzia nicolai は、高さ3〜10mにもなる大型種で成長するとヤシのように幹が立つ。
通常、観葉植物として利用されるが、弱霜までの暖地では庭植えも可能のよう。

ルリゴクラクチョウカ(瑠璃極楽鳥花)とも呼ばれる。
英名はバードオブパラダイスツリー。

仏焔苞が藍色、花(萼)は白色、舌状花弁は淡青色。

チョウ温室では6mほど、見上げるほど大きくて、エキゾッチクなその姿に自生地を思う。
一部分しか撮れていない・・・o(;△;)o
大きな苞は、藍色ではないようですが・・・白い翼の鳥が飛び立つような花の姿は清楚。

花が終わりで茶色に枯れているのに、花蜜をあまり吸わないコノハチョウが群がっているのを見たことがある。
分かりにくいですが、載せている写真にも、コノハチョウとスジグロカバマダラがいる。

* ストレリチア *
学名 : Strelitzia
科名 : バショウ科
分類 : 多年草.(草本だが大型になり木本状になるものもある)
原産地 : 南アフリカ
草丈・樹高 : 〜10m(ゴクラクチョウカは〜2m)
越冬温度 : 3℃前後

※ ストレリチア レギネの全体写真が撮れていないので ouna の絵を載せています. ('◇')ゞ

※ 写真は伊丹市昆虫館・チョウ温室で 2015.01.24 に撮影.

※ 関連記事:
ルリゴクラクチョウカ 上を向いて見よう/コノハチョウとオオゴマダラ にらみ合い 2013.04.07

 
JUGEMテーマ:植物

蝶 蝶 蝶
| チョウ温室の植物 - 伊丹市昆虫館 | 08:00 | comments(9) | trackbacks(0) |

・☆ ラン ☆・ で華やぐ 〜 チョウ温室のお正月 〜

▽ チョウ温室の植物 ▽

 

チョウ温室のラン


ラン類1

シンビジウム.デンドロビウム.カトレヤ.コチョウラン.


ラン類2

ミニカトレヤ.デンドロビウム.パフィオペディラム.


ラン類3

ミニカトレヤ.デンドロビウム.パフィオペディラム.

(伊丹市昆虫館・チョウ温室で 2015.01.03)

蝶

お正月のチョウ温室は、プチ展示・「チョウ温室のラン」で、とても華やか!!
20品種100株以上のラン類が展示されています・・・ここに載せているランは一部です。
今年はよい香りのランが勢ぞろで、その素敵な香りにうっとり〜・:*:・(*´∀`*)・:*:・

チョウたちの姿は、写っていませんね・・・少しは舞っていたのですが・・・
午後3時ごろに訪ねたので、、、チョウたちはもうお休みのようでした。。。(-_-)zzz

昨年 展示のシンビジウム.
シンビジウム ・☆・ チョウにも人気があるといいのにね ・☆・ 2014.02.15


JUGEMテーマ:植物.

蝶

伊丹市昆虫館 兵庫県伊丹市昆陽池3丁目1番地 昆陽池公園内
お正月企画 プチ展示 「チョウ温室のラン」 会期:平成27年1月1日〜1月19日

蝶
| チョウ温室の植物 - 伊丹市昆虫館 | 20:00 | comments(4) | trackbacks(0) |

クロバナタシロイモ(黒花田代芋)・・「お主はいったい何者!?」の植物名 判明・・

▽ チョウ温室の植物 ▽

 

クロバナタシロイモ(黒花田代芋)の花

 

クロバナタシロイモ 花 1

 

黒猫 クリップアート

 

クロバナタシロイモ 花 2

(伊丹市昆虫館・チョウ温室で 2014.10.30)

 

お主は いったい 何者!? アンスリュームじゃないでしょう! 2014.12.23

 

< 吾輩はブラックキャットである・・・和名はクロバナタシロイモ(黒花田代芋)じゃ>

 

黒猫

 

物言わぬはずの奇妙な植物が・・・自己紹介したようですが・・・そんな筈はありません。

ブロ友の *yoshimin* さま が、植物の名前を教えてくださったのです。(感謝)

 

名前が分かればエントリーできる、と調べてみたが・・・摩訶不思議な花・・・Σ(゚Д゚;)

この花は、クリスマスよりも、ハロウィンに似合いそう。o(*^▽^*)o

 

ouna がチョウ温室で見たのは、黒というよりも 緑がかった帯暗紫色。

苞が大きく開き、三つだけ花柄を伸ばして咲いていたようで、、、

大小十数個の蕾は、これから大きくなり花柄を伸ばし、ぶら下がって咲くもよう。

 

もう一度、開花したクロバナタシロイモの花、花後にできる実も じっくりと観察したい。

 

 

クロバナタシロイモ(黒花田代芋)

 

学名:Tacca chantrieri
分類:多年草
科名:タシロイモ科
原産地:中国雲南省〜東南アジア
草丈:40〜80cm

 

葉は、淡い緑色、幅広い披針形で根元から叢生する。

長い花茎の先に帯暗紫色の大きな苞を数枚〜10枚つけ、その中に散形に花を多数つける。

花は3〜5cmの花柄を有し、6枚の花被片からなる。開花時には垂れ下がる。

開花時期は、5月〜10月だが、暖地では周年開花。

苞間から長く伸びた髭のような糸状体のものは苞、花のつかない花柄とも いわれる。

 

黒い苞葉、髭状のものが、黒猫やコウモリを連想させることから、、、

ブラックキャット、バットフラワー、デビルフラワーなどと呼ばれ、観賞用に栽培される。

 

 

タシロイモ(田代芋 T. leontopetaloides:中国名は蒟蒻芋)は、東南アジア原産。

芋からデンプンを採るために栽培される。

生芋は苦くて有毒なため、そのまま食用にはできない。

 

田代芋の名は、これを台湾から日本に初めて紹介した、植物学者・田代安定氏にちなむ。

(参考:平凡社大百科事典、ウィキペディアなど)

 

JUGEMテーマ:植物.

 

黒猫

| チョウ温室の植物 - 伊丹市昆虫館 | 21:00 | comments(6) | trackbacks(0) |

お主は いったい 何者!? アンスリュームじゃないでしょう!

▽ チョウ温室の植物 ▽

 

< ????? >


名前の分からない植物

名前の分からない植物 1

マントヒヒのようにも見える、この奇妙な植物は・・・< ????? >

名前の分からない植物 2

アンスリュームの根元辺りから茎を伸ばし、花?をつけて髭のようなものを垂らしていた。
たまたま、アンスリュームの近くに別の植物が植わっていたのかも知れないけれど・・・。

 

< アンスリューム >


アンスリューム
(伊丹市昆虫館・チョウ温室で 2014.10.30)

蝶が舞う 伊丹市昆虫館・チョウ温室には、暖かい南国・亜熱帯の植物が植えられている。
チョウたちのように、ouna も珍しい植物に魅了されるのですが。
名前が分からない植物に悩まされることが、しばしばあって・・・(@'ω'@)ん?
植物が物言うことができるなら、「お主はいったい何者」と聞いてみたい気持ちです。


JUGEMテーマ:植物.

花

追記:2014.12.24
「お主はいったい何者!?」の奇妙な植物の名前が判明。
ブロ友の *yoshimin* さまが、コメントで教えてくださいました・・・(^人^)感謝♪
別ページで、植物名を載せます。

木
| チョウ温室の植物 - 伊丹市昆虫館 | 10:00 | comments(10) | trackbacks(0) |

オドントネマ・ストリクツム の * 赤い管状花 * と チョウ

▽ チョウ温室の植物 ▽


伊丹市昆虫館・チョウ温室で、初めて見た植物。

1〜2mの半低木で幹は直立し、ぴんとした枝先についた花は、鮮やか赤色の管状花。
蕾が多いし、筒状の花は蜜を吸いにくいのでは、と思うけれど・・・
ツマベニチョウ・クロアゲハ・スジグロカバマダラなどが、次々飛んできて。
羽ばたきながら忙しそうに蜜を吸っていた。。。蝶
 

オドントネマ・ストリクツムの花とチョウ


オドントネマ・ストリクツムとクロアゲハ


オドントネマ・ストリクツム


オドントネマ・ストリクツムとツマベニチョウ


赤い管状花は、先の方がふくれるが先端は5浅裂している。
多数の花が穂状花序をつくるが、長短の差がある花が混じってつくのが特徴。
花序の長さは15〜30cmぐらいになる。
葉は長円形で、両端で細くなり、先は少し尖る。
半日陰の場所が適し、挿し木によって増やすことができる。

● オドントネマ・ストリクツム
学名:Odontonema strictum (Nees)O.Kuntze
科名:キツネノゴマ科
分類:常緑半低木
原産地:中央アメリカ
樹高:1〜2m
越冬温度:10℃以上
別名:ベニツツバナ(紅筒花)

撮影日 2014.10.19 2014.10.30
この植物の名前が分からず、昆虫館内の図書などで調べてようやく分かった。

JUGEMテーマ:植物

花
| チョウ温室の植物 - 伊丹市昆虫館 | 07:00 | comments(4) | trackbacks(0) |

チョウに人気の **フジバカマ** 蜜に芳香があるのかな?

▽ チョウ温室の植物 ▽

 

< フジバカマ(藤袴)の花 と 蜜を吸うチョウたち >


フジバカマの花 蜜を吸うチョウ 1


フジバカマの花 蜜を吸うチョウ 2


フジバカマの花 蜜を吸うチョウ 3


伊丹市昆虫館・チョウ温室に、秋の七草の一つである フジバカマ(藤袴)が、鉢植えで置かれていました。

フジバカマの花は、リュウキュウアサギマダラ・スジグロカバマダラなどのチョウたちに大人気の花です。

この日は午後で、チョウはあまり群がっていなかったけれど・・・。
フジバカマによく似たヒヨドリバナが、置かれていた時の群がりようは凄いものでした。

花 花の蜜を吸う蝶たち〜羽ばたいて場所取り合戦〜


チョウ温室のチョウではないですが、長距離を移動することで知られているアサギマダラ。
海抜約850mの六甲高山植物園のフジバカマに、群がっていたのに遭遇したことがあります。

花 六甲高山植物園 9月下旬 * フジバカマ,ヒヨドリバナとアサギマダラ 蝶 *


 

< 虫はどうやって蜜をみつけるの >


チョウはどうやって好きな蜜を見つけるのか、と疑問に思っていたのですが・・・。
以下は、今年4月1日の毎日新聞「疑問氷解」の記事からの抜粋引用です。

Q 虫はどうやって蜜をみつけるの。
A 兵庫県の伊丹市昆虫館副館長 坂本昇氏のお話です。

花の色が虫を呼び寄せる一因になっていることはわかっています。
チョウやハチなどの昆虫は、人が認識できない紫外線を見ることができます。
花は紫外線を反射したり吸収したりしていて、こうした働きが「蜜標」と呼ばれる目印になっています。
ハチやチョウはこの蜜標を見分けて、蜜のありかがわかると考えられています。

人工的につくった青色の花を置いておくと、アゲハチョウが蜜を吸いにやってくる。
チョウは蜜がある花の色を本能で知っているようです。
それぞれ種類によって色の好みがあり、すみ分けていると考えられます。

ただ、伊丹市昆虫館では、さまざまな色のお皿に蜜を入れて置いていますが、色に関係なくチョウが蜜を吸いにくる。
蜜のある場所をある程度は記憶できるのではないかと推測します。
木の樹液を吸うチョウもいるので、匂いも関係していると考えられています。

虫が蜜を吸う時に、おしべの花粉がめしべの先にくっついて受粉、実ができるのを助けます。
花は子孫を残すために、蜜で虫を誘っているのです。(抜粋引用終わり)


フジバカマはキク科の多年草。 薬用植物。 絶滅が危惧されている植物。
淡い紅紫色の花が咲き、、、枯れかかった頃でも チョウは群がっているのをよく見る。
桜餅のような甘い香り、クマリンの芳香があるからでしょうか。


昆虫館で蜜皿の蜜を吸うチョウ
(伊丹市昆虫館・チョウ温室の蜜皿とチョウ)

関連記事:
ふぢばかま(フジバカマ)** 万葉植物 ** 2011.10.05

蝶

JUGEMテーマ:植物
 
| チョウ温室の植物 - 伊丹市昆虫館 | 09:30 | comments(2) | trackbacks(0) |