満月
ENTRIES
☆ 人気ブログランキング
☆ FC2ブログランキング
☆ ブログラム
blogramのブログランキング
COMMENTS
  • リニューアルされた「太陽の塔」の内部公開 大人気!!
    ouna (01/27)
  • リニューアルされた「太陽の塔」の内部公開 大人気!!
    藤の花 (01/27)
  • お正月の生け花をリメイク〜アンティークの藍の雑器に生ける〜
    ouna (01/13)
  • お正月の生け花をリメイク〜アンティークの藍の雑器に生ける〜
    ouna (01/13)
  • お正月の生け花をリメイク〜アンティークの藍の雑器に生ける〜
    みさき (01/13)
  • お正月の生け花をリメイク〜アンティークの藍の雑器に生ける〜
    藤の花 (01/13)
  • 定番の「おせち料理」を卒業してワンランク上の「おせち」目指そう!
    ouna (01/06)
  • 定番の「おせち料理」を卒業してワンランク上の「おせち」目指そう!
    ouna (01/06)
  • 定番の「おせち料理」を卒業してワンランク上の「おせち」目指そう!
    藤の花 (01/05)
  • 定番の「おせち料理」を卒業してワンランク上の「おせち」目指そう!
    amazonhead (01/05)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

ouna のブログへようこそ!

「地底の太陽」に会えてよかった。。。岡本太郎生誕100年記念・地底の太陽展

JUGEMテーマ:展覧会.

2011.09.30(金)
もう会うことができないと思っていた大阪万博の幻 「地底の太陽」。
「地底の太陽」は、1970年の大阪万国博覧会の太陽の塔の地下で展示されていた。
現在は行方不明になっているが、再現されたので鑑賞してきました。


再現された「地底の太陽」

再現された地底の太陽

再現された地底の太陽

「地底の太陽」は、岡本太郎氏が「過去・現在・未来」を表現した空間の中で、「過去」を表す地下展示場の中心的な展示物だった。

縦3m、横13m、原寸大で再現されている。
写真をデジタル化して拡大プリントし、木製の土台に貼リ付けられているそうです。
真っ暗な展示室で照明に照らされ、周りには仮面、偶像や不思議な物体が飾られていて何とも言えない雰囲気をかもし出している。
地底の太陽は、太陽の塔の顔と同じようにユーモラスですね。


手の椅子

「手の椅子」(5色) 岡本太郎氏の作品。
万博・テーマ館の地下にあって使われた椅子、黒、黄、青が置かれている。
場内案内の方から、座ってご覧ください、とすすめられ・・・


天井に映る不思議な物体

「手の椅子」に座って、天井を見上げれば、様々な不思議な物体が・・・。

博覧会当時、今は50歳過ぎになっている子供を連れて何度も足を運んだ。
思い出はいっぱいあるけれど、本当を言えば、時を経て「地底の太陽」は思い出せない。




今も、万博公園の近くに行った時は必ず太陽の塔にご挨拶。
太陽の塔は3つの顔を持つ。
未来を表す上部の「黄金の顔」、現在を表す正面の「太陽の顔」、過去を表す背面の「黒い太陽」にはいつでも会える。
それにしても、万博終了後から行方不明の4つ目の顔「地底の太陽」はいま何処に・・・?


太陽の塔が好きでよく記事にします。

[震度6で壊れるの?太陽の塔さん!!補強後、内部公開されるの待つわ] 2011.07.16


[太陽の塔内覧会&万博ミュージアム(1)] 2006.11.01 (竹取物語)



岡本太郎生誕100年記念・地底の太陽展
万博記念公園内のEXPO’70パビリオン
2011年8月27日(土)〜10月10日(月・祝)
| 博物館・美術館・展示物 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

太陽光発電と太陽の塔と

こんにちは〜! 太陽の塔さん。
いつものように、太陽光発電システム表示板を見に来ましたよ。

万博公園では、省エネ対策の一つとして太陽光発電を導入してるのですよね。


< 万博公園太陽光発電システム リアルタイム表示板 >

太陽光発電システム 表示板 2011.06.07

6月7日午後2時52分、天気は曇り。
あれ!000と表示されてますねー。
何故なんでしょうね、太陽の塔さん。
分からない!?
そうね、太陽の塔さんは発電してないものね。

太陽光発電設備は自然文化園南西斜面に設置されているのです。



[太陽の塔と太陽光発電・・・万博公園]  月の滴

< 2009年12月1日午後1時35分の表示板を見てみましょうか >

太陽光発電システム 表示板



6月7日、
日本庭園を散策してから、太陽の広場へまわり、太陽の塔さんに向かって ouna はつぶやいた。

チョット聞いてよね、太陽の塔さん!
2月に着工していた ouna の隣の家が完成したの。
免震構造、省エネ、太陽光発電、オール電化、防犯完備の最新式の住宅。
太陽光パネルが屋根に載ってるわ。

東日本大震災以来、脱原発の気運が高く、菅総理が、1000万戸の屋根に太陽光パネルを設置する、とおっしゃったとか。
ouna の家は築25年、いぶし瓦葺きの寄棟屋根で、パネルは無理!?

猛暑の昨年も冷房に弱い ouna は、超クールビス・スタイルで耐えた。
今年もそうするつもりよ。



モノレールに乗って帰るため、万博記念公園駅へ向かっていたら、「地球にやさしい!… 」「毎日ここちいい!… 」派手な広告宣伝ラッピングカーが、、、乗り遅れてしまいました。

大阪モノレール、太陽の塔

JUGEMテーマ:太陽光発電

| 博物館・美術館・展示物 | 23:10 | comments(6) | trackbacks(0) |

阪神・淡路大震災・・「神戸の壁」のこと

JUGEMテーマ:阪神淡路大震災.

阪神大震災きょう16年
6434人が死亡、43,792人が負傷した阪神大震災は、17日で発生から16年になる。
(毎日新聞朝刊)
 
忘れてはならない、あの日のことを・・・
犠牲になられた皆さまのご冥福をお祈りいたします。

毎日新聞では阪神大震災と書かれていますが、ouna は、阪神・淡路大震災と書いています。

今朝、テレビで、淡路市の 「北淡震災記念公園」 に立っている「神戸の壁」を見た。

淡路市志筑(旧津名郡津名町志筑)から、2009.1.17に移設オープンされている。

毎年、年末に志筑方面へ行く用があって、その時はいつも「神戸の壁」の前に立ち、震災の日のことを思った。

神戸の壁】  2006.1.17  (竹取物語)

神戸の壁のイルミネーション】  2006.12.27  (竹取物語)

神戸の壁のクリスマス・イルミネーション・・2007】  2007.12.25  (月の滴)

昨年末にも静御前の像が立っているその地に行った、もちろん「神戸の壁」の姿はなかった。
知人から、移転する前にと思い撮ってきました、と2008年に写真がメールで送られていた。
「北淡震災記念公園」・野島断層保存館は以前にも見学しているが、改めて訪ねたい。


神戸の壁

神戸の壁・・淡路市志筑で 2008.8

神戸の壁

| 博物館・美術館・展示物 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) |