満月
ENTRIES
にほん ブログ村
 
人気ブログランキング
 
FC2ブログランキング
 
COMMENTS
  • 「 クロトン 」に 再び魅了されました〜 ♪v(⌒o⌒)v♪      
    AKAZUKIN (02/28)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    Ouna (02/24)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    Fly fishig 大好き (02/24)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    Ouna (02/23)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    藤の花 (02/23)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    Ouna (02/23)
  • コブハクチョウ の 近況 〜昆陽池公園 昆陽池・給餌池〜 2020.02
    AKAZUKIN (02/22)
  • クロアゲハのラブラブな交尾シーンが撮れました 〜昆虫館で〜
    Ouna (02/19)
  • クロアゲハのラブラブな交尾シーンが撮れました 〜昆虫館で〜
    Ouna (02/19)
  • クロアゲハのラブラブな交尾シーンが撮れました 〜昆虫館で〜
    AKAZUKIN (02/19)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

Ouna のブログへようこそ!

ガチャポン初挑戦! (*゚ー゚*)  地底の太陽展で

JUGEMテーマ:ガチャポン♪.

9月30日(金)
万博の「岡本太郎 地底の太陽展」会場で、「ガチャポン」されますか?
今日はまだ残ってるのですが、と呼び止められた。

はあ!?「ガチャポン」……???
ああ、そうだ! 甲子園球場へ行った時、孫がしていた あれだ!

案内された販売機は2台、その内1台はすでに終了している。
係の方に教わりながら、100円硬貨4枚入れ、がちゃがちゃ ハンドルを回すと。
ぽん! とカプセルが出てきた。



カプセルを開けると。
「何だこれは!」と書かれた「岡本太郎アートピースコレクション」 全8種の説明書と一緒に、「飛行船」が飛び出た。

うーん、別のがいいんだけどなー、と呟いてると。
傍で男子高校生らしいグループが、ゲットしたガチャポン整理しがら、「交換しましょうか」と言ってくれた。

「ありがとう」、もう一度、がちゃがちゃ してみます。
……と言いながら100硬貨に両替して再度挑戦!!

「何だこれは!」……「座ることを拒否する椅子」だ。
いやだ〜! 別のが欲しい 〜〜。 全8種を集めるには……? ふと、我に返った。

 

岡本太郎 アートピース コレクション


岡本太郎アートピースコレクション

飛行船と座ることを拒否する椅子だ。

 

ガチャポン


ガチャポン

万博のHPを見ると、「岡本太郎アートピースコレクション」のガチャポンが関西初登場!
代表作品がミニチュアで再現されています。
1回 400円なり。

説明によると、予想を超える販売数のため、1日の販売数を制限しているらしく。
小雨が降っているので、少しだけ残っていたようです。



「ガチャポン」を辞書検索すると。
がちゃぽん -- 日本国語辞典.
(「がしゃぽん」とも。 コインを入れて、がちゃがちゃとハンドルを回すと、ぽんとカプセル入りの玩具が出てくるところから)子供の集まる小売店などに置いてある玩具販売機。

「ガシャポン」は商標登録されているようです。

<ガシャポン・GASHAPON は、1988年にバンダイの登録商標として登録された玩具名。
同社のカプセル自動販売機とそのカプセルに入った玩具、「カプセルトイ」を指す。
別称としては「ガチャガチャ」や「ガチャポン」があり。
「ガチャンコ」と「ガチャ」は、現タカラトミー/トミーの登録商標とされる。>
(ウィキペディアより)

(岡本太郎 地底の太陽展は10月10日で終了しています)
 
| 博物館・美術館・展示物 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

「地底の太陽」に会えてよかった。。岡本太郎生誕100年記念・地底の太陽展

JUGEMテーマ:展覧会.

2011.09.30(金)
もう会うことができないと思っていた、大阪万博の幻 「地底の太陽」。
「地底の太陽」は、1970年の大阪万国博覧会・太陽の塔の地下で展示されていた。
現在は行方不明になっているが、再現されたので鑑賞してきました。

 

再現された「地底の太陽」



再現された地底の太陽


再現された地底の太陽

「地底の太陽」は、岡本太郎氏が「過去・現在・未来」を表現した空間の中で、「過去」を表す地下展示場の中心的な展示物だった。

縦3m、横13m、原寸大で再現されている。
写真をデジタル化して拡大プリントし、木製の土台に貼リ付けられているそうです。

真っ暗な展示室で照明に照らされ、周りには仮面、偶像や不思議な物体が飾られていて何とも言えない雰囲気をかもし出している。
地底の太陽は、太陽の塔の顔と同じようにユーモラスですね。


手の椅子

「手の椅子」(5色) 岡本太郎氏の作品。
万博・テーマ館の地下にあって使われた椅子、黒・黄・青が置かれている。
場内案内の方から、座ってご覧ください、とすすめられ・・・


天井に映る不思議な物体

「手の椅子」に座って、天井を見上げれば、様々な不思議な物体が・・・。


博覧会当時、今は50歳過ぎになっている子供を連れて何度も足を運んだ。
思い出はいっぱいあるけれど、本当を言えば、時を経て「地底の太陽」は思い出せない。





今も、万博公園の近くに行った時は必ず太陽の塔にご挨拶。

太陽の塔は3つの顔を持つ。
未来を表す上部の「黄金の顔」・現在を表す正面の「太陽の顔」・過去を表す背面の「黒い太陽」には、いつでも会える。
それにしても、万博終了後から行方不明の 第4の顔「地底の太陽」は、いま何処に・・・。


太陽の塔が好きでよく記事にします。

[震度6で壊れるの?太陽の塔さん!!補強後、内部公開されるの待つわ] 2011.07.16


[太陽の塔内覧会&万博ミュージアム(1)] 2006.11.01 (竹取物語)



岡本太郎生誕100年記念・地底の太陽展
万博記念公園内のEXPO’70パビリオン
2011年8月27日(土)〜10月10日(月・祝)
| 博物館・美術館・展示物 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

阪神・淡路大震災・・「神戸の壁」のこと

JUGEMテーマ:阪神淡路大震災.

阪神大震災 今日 16年

6434人が死亡、43,792人が負傷した阪神大震災は、17日で発生から16年になる。
(毎日新聞朝刊)

 
忘れてはならない、あの日のことを・・・
犠牲になられた皆さまのご冥福をお祈りいたします。



毎日新聞では 阪神大震災 となっていますが、ouna は、阪神・淡路大震災 と書いています。

今朝、テレビで、淡路市の 「 北淡震災記念公園 」に立っている「神戸の壁」を見た。

淡路市志筑(旧津名郡津名町志筑)から、2009.1.17 に移設オープンされている。

毎年、年末に志筑方面へ行く用があって、その時はいつも「神戸の壁」の前に立ち、震災の日のことを思った。


神戸の壁 」 2006.1.17 (竹取物語)

神戸の壁のイルミネーション 」 2006.12.27 (竹取物語)

神戸の壁のクリスマス・イルミネーション・・2007 」 2007.12.25 (月の滴)


昨年末にも静御前の像が立っているその地に行った。
もちろん「神戸の壁」の姿はなかった。

知人から、移転する前にと思い撮ってきましたと、2008年に写メールで送られていた。
「北淡震災記念公園」・野島断層保存館は以前にも見学しているが、改めて訪ねたい。


神戸の壁

神戸の壁・・淡路市志筑で 2008.8

神戸の壁


 
| 博物館・美術館・展示物 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) |