満月
ENTRIES
にほん ブログ村
 
人気ブログランキング
 
FC2ブログランキング
 
COMMENTS
  • フジバカマの花の蜜を吸うチョウたち・・超過密よ・・
    Ouna (10/24)
  • 昆虫食 マイブームにならなかった 。。もう一度食べよう・・(´〜`) モグモグ
    Ouna (10/24)
  • フジバカマの花の蜜を吸うチョウたち・・超過密よ・・
    AKAZUKIN (10/23)
  • 昆虫食 マイブームにならなかった 。。もう一度食べよう・・(´〜`) モグモグ
    藤の花 (10/23)
  • 昆虫食 マイブームにならなかった 。。もう一度食べよう・・(´〜`) モグモグ
    Ouna (10/20)
  • 昆虫食 マイブームにならなかった 。。もう一度食べよう・・(´〜`) モグモグ
    AKAZUKIN (10/19)
  • 野尻湖ナウマンゾウ博物館で見学した ナウマンゾウ の 化石・骨器など(後編)
    Ouna (10/18)
  • 野尻湖ナウマンゾウ博物館で見学した ナウマンゾウ の 化石・骨器など(後編)
    AKAZUKIN (10/17)
  • 野尻湖ナウマンゾウ博物館で 氷河時代の象と会った 思い出(前編) 
    Ouna (10/14)
  • 野尻湖ナウマンゾウ博物館で 氷河時代の象と会った 思い出(前編) 
    AKAZUKIN (10/13)
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

Ouna のブログへようこそ!

バラのブルームーン と 月の世界モニュメント ‥万博公園・平和のバラ園にて‥

JUGEMテーマ:観光施設の感想・情報

 

< ブルームーン >


Blue Moon

バラ ブルームーン

ドイツ -- タンタウ 1964年作出.

青いバラの名花。
蕾は濃い桃色で開くと藤色に。
肥料の量や気温によって青色が強く出たりするとか。
素晴らしい芳香がある。

 

< 月の世界 >


Moon World

モニュメント月の世界とバラ

万博公園・平和のバラ園にあるモニュメント「 月の世界」
 
イサム・ノグチ氏の作で、万博開催当時は「天の池」の中にあって。
噴水の一部となっていました。
今はモニュメントとして残されています。
(説明版より)

色とりどりのバラの芳香に酔う? 月。
月は ouna のブログタイトルとご縁があり、いつもご挨拶。

 

追記:月の世界モニュメントについて
月の世界 モニュメント 〜太陽の塔さん振り向いて照らして〜 2016.10.30
 
| 太陽の塔・万博記念公園 | 18:00 | comments(4) | trackbacks(0) |

バラのアーチ散策〜万博公園・平和のバラ園にて〜

万博公園・平和のバラ園 バラのアーチ


バラ園 バラのアーチ

5月25日
万博公園近くの、H大学付属病院で受診しての帰りのこと。
帰宅を急いでいたので、ゆるりと散策できなかったけど、色とりどりのバラに元気を貰う。

赤色・黄色のアーチのバラは、盛りを過ぎているようで残念でした。
赤花のアーチは、マリアカラス・チャールストン・聖火で・・・
どれも目の覚めるような綺麗なバラたちです。
アーチの足元では、バラのフィナーレが鮮やかに咲いていた。

 

バラのアーチ 散策


バラのアーチ 散策する人

気の合ったお友達同士でしょうか・・・
小雨ばらつく中を、赤いバラ色の洋服・傘をさして、楽しそうにバラのアーチを散策。

 

アーチの赤いバラ

 

聖火


聖火

 

CL マリアカラス


CL マリアカラス

 

CL チャールストン


CL チャールストン


万博公園・平和のバラ園で、
5月19日(土)〜6月17日(日)まで、万博公園ローズフェスタ開催中。
1970年の万博開催時に9ヵ国より寄贈されたものを中心に。
84品種約5600株のバラの数々を楽しむことができます。

JUGEMテーマ:観光施設の感想・情報
 
| 太陽の塔・万博記念公園 | 23:30 | comments(2) | trackbacks(0) |

梅と太陽の塔・・万博公園にて・・

JUGEMテーマ:観光施設の感想・情報.

 

3月12日(月)

万博公園 近くの病院で定期受診後、少し足を延ばしていつものように太陽の塔に会いに。

ちょうど、万博公園 梅祭り開催中。

今年は開花が遅れているようで、開催期間が20日(火・祝)まで延長されている。

 

時ならぬ寒さで、色とりどりの梅の花も ouna も、ブルブルと震え上がった。

何とかして、梅林の向こうに太陽の塔を入れた写真を、撮って早く帰りたい、と苦労した。

夕方近し、やっと見つけた撮影スポット! 塩梅(あんばい)よく撮れているでしょうか!?

 

太陽の塔は、西側にある自然文化園の梅林を、横目で見られる位置に立っている。

そして、塔背面の黒い太陽は、北側にある日本庭園の梅林を、たぶん見ているでしょう。

 

万博公園には、自然文化園と日本庭園 合わせて150品種、約680本の梅が植わっている。

他の梅林では見られない珍しい品種もあります。

桃山、黄金梅、茶筅、記念、源平の枝垂梅、香篆、思いのまま、などなど。

咲く時期はそれぞれ異なるけれど、観賞したい品種が沢山あります。

 

 

▼ 梅と太陽の塔 ▼

 

自然文化園の梅と太陽の塔

 

 

▼ 梅と富士山のような雲 ▼

 

自然文化園の梅と雲

 

 

▼ 太陽の塔背面の黒い太陽 ▼

 

 

| 太陽の塔・万博記念公園 | 21:30 | comments(2) | trackbacks(1) |

震度6で壊れるの? 太陽の塔さん! 補強後、内部公開されるの待つわ

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など.

 

< 太陽の塔 >


太陽の塔、2011.06.07

太陽の塔正面の顔


太陽の塔さん、ご機嫌いかが?

13日の毎日新聞夕刊で見たのだけど、大変ですね〜。
耐震診断の結果、震度6クラスの地震で損壊する恐れがあることが分かったのです。
揺れが激しくなる上半身や、長さ25mの腕が特に危険という結果が出たそうですよ。

苦しいの? 顔がゆがんでませんか? 太陽の塔さん。
ああー、その顔は最初からでしたね。
2007年3月末から内部公開が中止されていましたね。

このたび改修工事の設計予算が計上されたとか、早ければ来年度にも工事が始まるそう。
よかったですね、耐震補強工事で丈夫になったら、きっとまた内部公開されるでしょう。
その時は ouna 元気だったら見学に参加しますね。

ずいぶん前のことだけど、
ouna が「かぐや姫」だった2006年10月末に、太陽の塔さんの内部見学をしましたよ。

太陽の塔内覧会&万博ミュージアム(1)


内覧会参加者証というカードを首から下げて・・・

内覧会参加者証


太陽の塔 さんの背面、お祭り広場のスタンドから入って、塔の地下出入口へ進んだ。。。

お祭り広場のスタンド


太陽の塔さんの背面下の地下への出入口(赤丸印の所)

一カ所しかない出入口が安全確保のため、増やすことが検討されているようですよ。

太陽の塔地下への出入口


※ 関連記事
太陽の塔の内部を見に行こう!」 2006.09.23. 竹取物語

太陽の塔
| 太陽の塔・万博記念公園 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) |

太陽光発電と太陽の塔と


こんにちは〜! 太陽の塔さん。
いつものように、太陽光発電システム表示板を見に来ましたよ。

万博公園では、省エネ対策の一つとして太陽光発電を導入してるのですよね。

 

< 万博公園太陽光発電システム リアルタイム表示板 >


太陽光発電システム 表示板 2011.06.07



6月7日午後2時52分、天気は曇り。
あれ! 000と表示されてますねー。
何故なんでしょうね、太陽の塔さん。
分からない!?
そうね、太陽の塔さんは発電してないものね。

太陽光発電設備は自然文化園南西斜面に設置されているのです。

[太陽の塔と太陽光発電・・・万博公園]  月の滴



 

< 2009年12月1日午後1時35分の表示板を見てみましょうか >


太陽光発電システム 表示板



6月7日
日本庭園を散策してから、太陽の広場へまわり、太陽の塔さんに向かって ouna は呟いた。

チョット聞いてよね、太陽の塔さん!
2月に着工していた ouna の隣の家が完成したの。
免震構造、省エネ、太陽光発電、オール電化、防犯完備の最新式の住宅。
太陽光パネルが屋根に載ってるわ。

東日本大震災以来、脱原発の気運が高く。
菅総理が、1000万戸の屋根に太陽光パネルを設置する、とおっしゃったとか。
ouna の家は築25年、いぶし瓦葺きの寄棟屋根で、パネルは無理!?

猛暑の昨年も冷房に弱い ouna は、超クールビス・スタイルで耐えた。
今年もそうするつもりよ。



 

< モノレール >


大阪モノレール、太陽の塔



モノレールに乗って帰るため、万博記念公園駅へ向かっていたら……。
「地球にやさしい!… 」「毎日ここちいい!… 」の派手な広告宣伝ラッピングカーが。
待ってーーー 乗り遅れてしまいました。


JUGEMテーマ:太陽光発電

| 太陽の塔・万博記念公園 | 23:10 | comments(6) | trackbacks(0) |