満月
ENTRIES
☆ ブログラム
blogramのブログランキング
☆ FC2ブログランキング
☆ 人気ブログランキング
☆ にほんブログ村
☆ グリムス
COMMENTS
  • コバノミツバツツジのスケッチ・・終活で絵の整理中・・廣田神社の つつじ を想う
    ouna (03/22)
  • コバノミツバツツジのスケッチ・・終活で絵の整理中・・廣田神社の つつじ を想う
    藤の花 (03/22)
  • 庭のヤマノイモ・自然薯 掘り上げの続編 〜墓穴を掘った〜!?
    ouna (03/18)
  • 庭のヤマノイモ・自然薯 掘り上げの続編 〜墓穴を掘った〜!?
    生禿 (03/18)
  • 庭のヤマノイモ・自然薯 掘り上げの続編 〜墓穴を掘った〜!?
    ouna (03/16)
  • 庭のヤマノイモ・自然薯 掘り上げの続編 〜墓穴を掘った〜!?
    藤の花 (03/16)
  • 芍薬の水彩画(習作) ・・ 絵の整理を急がないと ・・
    ouna (03/15)
  • 芍薬の水彩画(習作) ・・ 絵の整理を急がないと ・・
    *yoshimin* (03/14)
  • 芍薬の水彩画(習作) ・・ 絵の整理を急がないと ・・
    ouna (03/09)
  • 芍薬の水彩画(習作) ・・ 絵の整理を急がないと ・・
    amazonhead (03/09)
TRACKBACK
  • ☆ クリスマス グッズ ☆ キルト布で簡単に作ってみた♪
     月の滴 (11/25)
  • 葉隠れの術を使った蛾(ガ)の幼虫 〜そっと覗いてみたよ〜
     月の滴 (11/12)
  • どんな蛾(ガ)になるのかな!? 蔦についた幼虫
     月の滴 (09/19)
  • コスモスのスケッチ・・終活で絵の整理中・・
     月の滴 (08/28)
  • 芍薬(シャクヤク)のスケッチと切り花
     月の滴 (05/17)
  • 水陸両用バス 大阪ダックツアーで大川からお花見〜♪
     月の滴 (04/03)
  • アンティークの藍の食器を仕分け整理する
     月の滴 (03/03)
  • 「妖怪汁」 ・・ 賞味期限切れ 約7年をクリスマスイブに飲んでみた ・・
     月の滴 (12/25)
  • 「妖怪汁」 ・・ 賞味期限切れ 約7年をクリスマスイブに飲んでみた ・・
     月の滴 (12/25)
  • 「妖怪汁」 ・・ 賞味期限切れ 約7年をクリスマスイブに飲んでみた ・・
     月の滴 (12/25)
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

ouna のブログへようこそ!

日本のチロル・・・遠山郷 下栗の里は濃霧に包まれていた・・・

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler.


「絶景と秘境 周遊 3日間」のバスの旅に参加。

出発日は16号台風が近畿地方を通過した翌々日の9月22日(木)、小雨の中を出発。。。





<1日目 > 9月22日(木) 天空の絶景1 遠山郷・下栗の里

下栗の里は、南アルプスを望む飯田市上村の東面傾斜面にある標高800〜1000mの地区。
秘境にある天空の絶景で、「日本のチロル」といわれている。

中型バスでも行けない秘境をマイクロバスに乗り換えて、さらに奥の秘境へ。
雨の中、はんぱ亭駐車場から徒歩20分の山林内にある天空の里ビューポイントを目指す。

嬉しいことに、下栗地区の方々によって整備された全長約800mの遊歩道がある。
場所によっては道幅が狭いところもあったが、譲り合って慎重に進んだ。。。

途中、ビューポイントから戻る方から「写真で見るような風景が見られたよ」と、声かけられて胸弾ませながら急ぐ。

この日のために、新調したストック(トレッキング・ポール)が、雨中でとても役立った。

ようやくビューポイントに辿り着いたけれど、、、山の天気は一瞬で変わる。
下栗の里は濃霧にびっしり包まれて全く姿を現してくれなかった。(* ̄□ ̄*;

 

天空の里ビューポイントから下栗の里を望むも・・・


下栗の里は濃霧の中
9月22日 14:11

天空の里ビューポイントに立つと俯瞰(ふかん)で、一望できるはずの天空の里・下栗の里。
苦労しながらピューポイントまで上って、雨に濡れながらコンデジ向けたけれど・・・
チラリとも、見えていない下栗の里。

帰宅後、下栗の里のホームページでじっくりと・・・w( ̄o ̄)w オオー!
下栗の里の写真、歴史やその他を学んだ。

南信州・遠山郷「下栗の里」


雨・濃霧で何も写っていない写真では、下栗の里の記事は書けない、ボツ! と諦めていたのに更新しました。

2016.10.12
本日、下栗の里のホームページから写真を拝借して載せ、編集しました。




霧が晴れたら、ビューポイントの木々の間から、天空の里がパッと現れたのですよね。
でも、あれだけの雨・濃霧では仕方がありません。




天空の絶景、大自然の中にある のどかな下栗の里。
もう一度訪ねてみたい、の思いはあるのですが、、、傘寿の ouna には無理なようで残念。

予告:
<2日目 > 9月23日(金) 天空の絶景 2 千畳敷カール  油木美林


blogramのブログランキング

| 観光 | 10:10 | comments(2) | trackbacks(0) |

水陸両用バス 大阪ダックツアーで大川からお花見〜♪

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler.

4月1日(金) 小雨の中をH交通社の日帰りツアー、水陸両用!大阪ダックツアーに参加。
2009年4月6日、大阪城公園の花見の帰りに陸を走る水陸両用バスに出会ってから、7年目に夢がかなった。

街中を走行する派手なダックツアー・愛称カッパバスは歩行者に注目される!?
水上を走る時は、手を上にあげて大きく振ると「助けて〜!」と間違われますので、振り方はセレブにと。
こてこての大阪弁の赤い上着のガイドさんの話術に、大笑いした楽しい約80分でした。
桜はまだ満開でなかったけれど、大川を走る窓のないカッパバスからのお花見に大満足!
 

水陸両用観光バス 大阪ダックツアー



(9:16)バス右側
2009年4月に見た日本初の水陸両用バスの車体とラッピングが違うが・・・。
愛称・カッパバスはとても派手! ダックツアーなのに何故カッパ!?
第2次大戦中、米国で製造された軍事用水陸両用車の名称(DUKW)にちなむとか。
撮れてないのですが、後部にあまり大きくないスクリューがちゃんと付いている。

水陸両用観光バス
(9:16)バス左側
定員42名、タラップでバスに乗り込む。
京阪電車天満橋駅近くの、川の駅(はちけんや)を出発したバスは、大阪城前を経て桜之宮公園へ。
 

桜之宮公園 水陸両用バスの発着場


桜之宮公園 大川の発着場
(9:42)
ここからの水上運転は、船舶操縦士の免許を持つ船長さんと交代してスロープから大川へザボーン!

水陸両用バスのスプラッシュイン

バスが船となって大川へ スプラッシュインの瞬間!
座席がイマイチ、窓がないバスで雨としぶきでバス前面の様子は撮れなかった。
 

大阪造幣局と大川堤防の桜


大阪造幣局と大川堤防の桜
(9:46)
大川を下るバスの右側に大阪造幣局が見える。
堤防の桜はかなり咲いているが造幣局内の桜まだのよう。今年の通り抜けは4月8日頃から。
 

川崎橋と桜


斜張橋の川崎橋と桜
(9:49)
斜張橋(しゃちょうきょう)の川崎橋をくぐる。造幣局前の屋台のカラフルなテントと桜。
 

ビルの窓に映り込んだ水陸両用バス


ビルの窓に映り込んだ水陸両用バス
(9:59)
バスは天神橋前で折り返す。
川の駅前付近でビルの窓に、乗車中のバスの水上を走る姿が映り込んだ。ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
 

水陸両用バスの車内


水陸両用カッパバス車内
(10:13)
無事に大川から桜之宮公園に上陸、運転者交代のためにタラップを降ろすガイドさん。
陸上運転者に交代して国道1号線、天神橋筋を経て天神橋を渡り北浜へ。
 

北浜証券取引所前の五代友厚の銅像


五代友厚氏銅像 後ろ姿
(10:31)
ディーン・フジオカではない本当の五代友厚氏の銅像。車内から撮った後ろ姿。
正面からのはハンサムなお方ですが、障害物のため半身だけしか撮れていなくて残念。
朝ドラで有名になって訪れる人が多いとか。

NHK朝ドラ「あさが来た」は本日4月1日で完結ですが・・・。
むかし両替商があった北浜から、中之島公会堂前を経て昼食会場のホテルへ。

blogramのブログランキング 
| 観光 | 12:00 | comments(6) | trackbacks(1) |

猿岩が新年のご挨拶 〜壱岐の島から〜 ⊂((o・⊥・o))⊃


謹 賀 新 年

壱岐の猿岩
 

猿 岩


私は玄界灘に浮かぶ壱岐の島のシンボル「猿岩」だ。
この島に野生の猿は一匹もいない。それで代わりに私がいるんだよ。゛(6 ̄  ̄)ポリポリ

島の西側、黒崎半島先端にある高さ45mの玄武岩の奇岩。玄界灘の荒波によって作り上げられた。
その姿はそっぽを向いた猿の姿にそっくりなので、「猿岩」と呼ばれている。
はっきりとした眉・目・鼻・口・耳がついている顔は猿そのもの、と絶賛されているのだ。

昨年9月14日、この島を観光した okina が私の迫力に圧倒されて撮っていた。
島のバスガイドさんから、写真はぜひ来年の年賀状に使ってください、と薦められたとかで、私の写真は ouna によって今までPCのフォトギャラリーに閉じ込められていた。

平成28年の正月 〜待ちに待った私の登場の日がやってきた〜。
今年は申年 よろしくな!
ちょっと!そこの方! キャッキャ・キャッキャと笑って、入れ歯が外れたのでは。人( ̄ω ̄;) スマヌ

この小さな写真からでは、断崖絶壁にそびえ立つ私「猿岩」の迫力は今一のようだ!
ブログをご覧の皆さん、申年の今年中にぜひ実物を見に来ておくれ。

最後になってしまったが、皆さんにとって幸多い年であるように祈ってる。

申年 正月三日



猿岩さんへ
ブログ管理人の ouna から尋ねたいことがあります。
あなたの性別は?
話す言葉が男のようだけど、よく見れば背中に可愛い赤ちゃん猿が・・・子守りしてるのですか?

なに!?ここでは個人情報は明かせない。
それなら、そっとメールで教えてくださいな。よろしく!


JUGEMテーマ:新年の挨拶 明けましておめでとうございます

猿
応援クリックお願いします


blogramのブログランキング
| 観光 | 08:00 | comments(10) | trackbacks(0) |

阪急電鉄のラッピング列車で・・★ 神戸ルミナリエ ★へ・・

JUGEMテーマ:鉄子〜女子テツ・ママ鉄

12月7日(月)
神戸の冬の風物詩になっている「ルミナリエ」、12月4日(金)〜12月13日(日)まで。
ほぼ毎年楽しみに出かける ouna、今年も暖かだった7日に行ってきた。

阪急神戸線、西宮北口駅のホームで特急を並んで待っ。
ホームへ入って来た列車がラッピングされているのに気付いたが、ルミナリエ会場へ急いでいたので乗車した。

ちょうど乗ったのがラッピング車両だったので、神戸三宮駅に着いたら撮ろうとコンデジを手にしていた。
ouna は時折、鉄子・ばば鉄に変身するのです。。。(⌒▽⌒)アハハ!
けれど、神戸三宮駅は乗降客が多く、撮ることができたのは発車後で上手く撮れてません。

帰宅してからの検索でラッピング列車の全てが判明。
11月1日から運行されていたのに全く知らなかった。( ̄Д ̄;;
親しみやすい素敵なイラストのラッピング車両、思いがけず乗れて嬉しかった。


神戸線・宝塚線にラッピング列車が登場。2つの愛称を大募集 | 阪急電鉄

 

阪急電鉄 神戸線ラッピング列車 西宮・夙川エリア車両


神戸線ラッピング車両の一部
(2015.12.07 18:49 神戸三宮駅 ホームで)

素敵なイラスト、立体的に見えて西宮北口駅のカリヨン広場に吸い込まれて行きそう。。。


阪急電鉄神戸線ラッピング列車・ラッピング車両
(2015.12.07 18:49 神戸三宮駅 ホームで)

神戸線のラッピング列車、わたせせいぞう氏が阪急神戸線の観光スポットを4車両に描いている。
ouna が乗ったラッピング車両は、西宮北口駅(カリヨン広場)と夙川界隈(桜)が描かれている。

他の「神戸エリア車両」・「灘・六甲エリア車両」・「神戸エリア車両」の3車両のラッピングも見てみたい!撮りたい!!
このラッピング列車は、ホームが広い阪急梅田駅で見るのが一番!
梅田に行った時、運よく出会えれば最高!
ラッピング列車は、2015.11.01(日)〜 2017.11末まで運行するので、いつか運よく出会えそう。ヾ(@~▽~@)ノ

 

神戸 ルミナリエ  第21回 2015年





神戸の冬の風物詩「ルミナリエ」 12月4日(金)〜12月13日(日)まで開催!
2015年の作品テーマは「心の中の神戸」。
今年初めて、屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」が登場、いっそう豪華になっている。


ルミナリエ ガレリア

(2015.12.07 19:51 ルミナリエ会場で)
ガレリア「輝きの間」 仲町通り。

観賞した「神戸ルミナリエ」、詳しくは別ページに載せます。




blogramのブログランキング
| 観光 | 11:30 | comments(10) | trackbacks(0) |

乗鞍スカイライン 〜 乗鞍畳平 〜 雄大な風景に またも感激!!

JUGEMテーマ:山岳.

10月19日(月)

新穂高ロープウェイで空中散歩 の後は、20年ほど前の夏に、夜行バスでご来光を拝みに登った懐かしい乗鞍岳へ。

今回は、紅葉の乗鞍岳を期待していたのですが・・・

バスは、マイカー通行できない日本一標高の高い乗鞍スカイラインを、ぐんぐんと登って行く。
高木が少なくなって車窓からの視界はよいものの、もう紅葉は終わって落葉しているようで残念!

スカイライン終点の畳平(2702m)乗鞍バスターミナルに近づくと、山肌一面のハイマツの群生が見事で、グリーンの絨毯を敷き詰めたようで美しく、息を呑んだ。

畳平での散策時間は限られ、北アルプスを一望できる目の前の魔王岳(2763m)は急坂で、ouna はとても登れそうもない。
そこで、鶴ヶ池の周辺を通って、以前にご来光を拝んだ富士見岳山麓の、長野県側がよく見える場所へと急いだ。
ゆるい坂道、高地なので息苦しくなったが、幾重にも重なる雄大な山々を見て感激した。

今回は、高山植物や紅葉の華やかな季節は終わっていて、山は冬を迎える状態で寂しさを覚え・・・。
元気でいたら、ベストシーズンにもう一度アタックしてみたい。
 

乗鞍スカイライン車窓からと乗鞍畳平で見た風景


乗鞍スカイライン

カーブが多い急坂の乗鞍スカイラインをバスはぐんぐん登っていく。


桔梗ヶ原 ハイマツの群生

バスの終点である畳平近くの桔梗ヶ原、ハイマツの群生が緑の絨毯を敷き詰めたよう。


ゴロゴロ石が目立つ

ハイマツが小さく、ゴロゴロ石?岩?が目立つ風景も。




畳平の乗鞍バスターミナルと恵比須岳(2831m)。




バスターミナルから見える自然科学研究機構 乗鞍観測所のドーム。
コロナ観測所で知られている。
最高峰の剣ヶ峰(3026m)はこの向こうで見えない。


鶴ヶ池と大黒岳

火口跡に水がたまった鶴ヶ池越しに大黒岳(2772m)を見る。
水は少なくなっているが、青空と大黒岳が映り込んでいる鶴ヶ池。




鶴ヶ池周辺の散策道脇に今年の初雪が残っていた。
ブログ更新が遅れている、もう一面の積雪でこの付近の散策は無理かと思う。




富士見岳の麓から八ヶ岳方面を望む。以前にご来光を拝んだところ。




富士見岳の麓から八ヶ岳連峰と南アルプスの一部を望む。




下山するバスの車窓から見えた穂高連峰と槍ヶ岳。
前日、上高地散策で見た岳沢がよく見える。




車窓から見た穂高連峰など北アルプスの中心部の山々。中央左寄りに焼岳が見える。
目の前は桔梗ヶ原。


関連記事:
新穂高ロープウェイ〜西穂高口駅 展望台〜からの絶景に感激!

上高地 紅葉散策 マイペース ☆ 黄金色のカラマツ林 ☆ に感激!!


応援ありがとうございます


blogramのブログランキング
| 観光 | 09:30 | comments(8) | trackbacks(0) |

新穂高ロープウェイ〜西穂高口駅 展望台〜からの絶景に感激!

JUGEMテーマ:山岳

10月19日(月)
今まで、山麓まで行きながら乗る機会がなかった「新穂高ロープウェイ」。
紅葉のシーズンに、ようやく乗ることができた。

宿泊先の奥飛騨温泉郷のホテルから、朝一の始発(8時30分)に乗るべくバスは急ぐ。
第1ロープウェイ・新穂高温泉駅(1117m)前はすでに長蛇の列。。。

鍋平高原駅(1305m)まで約4分、この駅辺りは今が紅葉真っ盛り。紅葉
徒歩2分で、第2ロープウェイ・しらかば平駅(1308m)へ。
ここから待望の日本唯一の2階建てゴンドラで7分間の空中散歩をする。

槍・穂高に一番近い展望台がある西穂高口駅(2156m)に到着、屋上・展望台へ急いで上る。
晴天で、視界が良く絶景の北アルプスの山々や紅葉を見ることができて感激した。山 紅葉
 

新穂高ロープウェイと西穂高口駅の展望台から見た山々と紅葉


2階建てゴンドラで西穂高口駅へ

第2ロープウェイ、日本唯一の2階建てゴンドラで、西穂高口駅(2156m)へ。
眼下の紅葉を愛でながら空中散歩。


2階建てゴンドラ

猛スピードで対向する2階建てゴンドラの雄姿。


西穂高岳

西穂高口駅の展望台から東方向には、どっしりとした西穂高岳(2909m)。


槍ヶ岳

東方向の穂高連峰から左方向へ目を移すと、槍ヶ岳(3180m)の穂先が小さく見える。


槍ヶ岳の穂先

槍ヶ岳の穂先を少しアップ。槍のように尖がってます。(@_@。


焼岳

右方向(南東)へ目を移すと焼岳(2455m)の頂上が大きく迫って見える。


飛騨盆地を望む

南方向は、飛騨盆地が雲海におおわれて幻想的だった。
雲海の向こうに加賀の白山が、かすかに見える。

笠ケ岳

西方向には、笠ケ岳(2898m)が端正な姿を見せている。
麓は、迫力のある火山岩でできている。


しらかば平駅駐車場付近と紅葉

ロープウェイから見た、しらかば平駅の駐車場付近と紅葉風景。


しらかば平駅辺りの紅葉綺麗

鍋平高原駅から第2ロープウェイに乗り継ぐ、しらかば平駅辺りの紅葉は見頃。
散策したかったけれど、集合時間に遅れるので叶わなかった。

予告:
この後、新穂高とお別れして、日本一標高の高い乗鞍スカイラインを通って畳平へ。
別ページに載せます。

紅葉
応援ありがとうございます
 blogramのブログランキング
| 観光 | 09:00 | comments(12) | trackbacks(0) |

上高地 紅葉散策 マイペース ☆ 黄金色のカラマツ林 ☆ に感激!!

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler.

10月18日(日)
上高地は3度目、紅葉シーズンは初めて、胸躍らせてH交通社のツアーに参加。
散策コースは、制限時間と体調を考えて選んだ。

帝国ホテル前でバスを降りて、田代橋 → ウェストン碑 → 河童橋 → バスターミナルまでの1時間の最短コースを、マイペースで約1時間30分かけて散策。

好天に恵まれ足取りも軽く、夕日に輝く山々、清流梓川、紅葉・黄葉の風景を満喫、絵の制作意欲も湧いてきた。
赤いマユミの実をむさぼるお猿さんたちにも会えたよ。o(*^▽^*)o~♪

 

上高地 散策コースの紅葉黄葉 風景


田代橋上から見た梓川下流
15:43
田代橋の上から見た清流梓川。

ウォルター・ウェストン碑
16:12
日本アルプスを世に知らしめた、ウォルター・ウェストン卿の碑。

霞沢岳と黄金色に輝くカラマツ林
16:11
霞沢岳と夕日を受けて黄金色に輝くカラマツ林。

黄金色に輝くカラマツ林のアップ
16:22
黄金色に輝くカラマツ林に感激! 絵の制作意欲が湧いてきた。

赤い実が弾けたマユミの木
16:28
赤い実が弾けたマユミの木が多数。
田代橋を渡って間もなく、マユミの実をむさぼるお猿さんたちと遭遇。
眺めていて、時間を費やしてしまった。

黄金色のカラマツが梓川に映り込んでいる風景
16;32
梓川の清い川面に黄金色のカラマツが映り込んで綺麗。

焼岳を望む
16:47
河童橋の手前で、振り向くと夕暮れで暗い焼岳があった。

梓川上流と岳沢方面の風景
16:54
河童橋から梓川上流と岳沢方面を望む、ご存知の定番風景。

河童橋を渡る人たち
16:52
夕日に染まった明神岳と河童橋を渡る人たち。梓川の河原に降りて撮った。

梓川左岸から見た河童橋
16:57
夕暮れ近く人影の少なくなった河童橋。

夕日に染まる明神岳
17:07
集合場所のバスターミナルでバスに乗り込む前。
振り返ると明神岳が夕日を受けて赤みがかった黄金色に染まっていた。

予告:
別ページに、マユミの赤い実をむさぼる上高地のお猿さんを載せます。

応援ありがとうございます
 blogramのブログランキング
| 観光 | 20:20 | comments(12) | trackbacks(0) |

伊吹山の象徴 *シモツケソウ* よみがえって〜!(`・ー・´)b

JUGEMテーマ:山行記録.

8月10日(月)伊吹山登山 お花畑で立ちすくんだ!! の続きです。

牛の歩みの ouna が山頂に到着して、お花畑を見て立ちすくんだ!! その訳は・・・
伊吹山の象徴・シンボルのシモツケソウが衰退していたからです。

高齢の okina・ouna は、西登山道コース(山頂まで約40分 緩やかな勾配を約1000m)を選んで山頂を目指した。
2008年の登山では、コース入口付近から色々な高山植物が咲いていて、写真を撮り楽しみながら登った。
山登りが苦手になった ouna、足元に気を取られ景色や登山道脇を見る余裕がないものの、今回は緑が濃く花が少ないと感じた。

 

伊吹山 西登山道 下る人々


伊吹山西登山道,手前にアカソ

登山道脇にアカソの群生が見える。

 

「シモツケソウ群落再生事業について」の説明板


説明板

西登山道途中で、フェンスに「シモツケソウ群落再生事業について」の説明とシモツケソウ群落の経年変化の写真が掲げられているので立ち止まった。
写真からでは説明の字が読みづらいので、記事最後に引用で載せています。

 

フェンスで仕切られた一区画


フェンスの中で咲くシモツケソウ

フェンスで仕切られた中にシモツケソウが咲いている。
何故、このような事業がされているのか、不思議に思った。
山頂のお花畑に期待しながら、先行く okina を追って登る。

 

山頂のお花畑の現状 2015.08.10


山頂のお花畑,花が少ない

ようやく日本武尊像のある山頂に到着。
目の前に広がるお花畑には、シモツケソウの姿が少なく、その異変に ouna は呆然と立ち尽くした。
2m超えにもなって、花火のような花をパッと咲かせていたシシウドも少なく背丈が低い。

2008年に、色鮮やかな花たちが咲き誇っていたお花畑、何故このような姿になったのでしょう。
地球温暖化の影響もあるのでしょうか・・・?

 

山頂のお花畑の現状 2015.08.10


フェンスで囲われた区画あり

フェンスで仕切られている一画がここにも。

 

山頂のお花畑の現状 2015.08.10


シモツケソウが咲いていた一画

シモツケソウの群生を探して撮った。
緑のヨモギ、アカソやフジテンニンソウなどの中で、いじけた姿で咲いているシモツケソウが痛々く感じられた。

夏の伊吹山を鮮やかなピンク色に染めていたシモツケソウ、どう見ても衰退している様子。
シモツケソウだけではなく他の花たちも・・・。
登山道の途中で見た「シモツケソウ群落再生事業」の訳がようやく分かった。

 

シモツケソウ


シモツケソウ

雑草にまみれて咲く弱々しいシモツケソウ。

 

花が咲いていない緑の中で調査?されている方々


植物調査をされている?方々

折しも下山途中、植物の調査をされているのでしょうか、数人の方の姿があった。
以前のようなお花畑に再生する研究がされているのでしょう。
関係者の方々のご努力で、目標が達成される日が早いことを念願します。

高齢の okina・ouna、もう一度シモツケソウの群落が夏山を染めるの見てみたいと思う、けれど無理かも知れない。
シモツケソウさ〜ん、頑張って〜!よみがえって以前のように夏の伊吹山を鮮やかなピンク色に染めて〜、と呼びかけながら下山した。

 

「シモツケソウ群落再生事業について」の引用

シモツケソウ群落再生事業について

国の天然記念物に指定されている伊吹山のお花畑の象徴的なシモツケソウ群落がここ数年前からフジテンニンソウ、アカソ等の繁殖力強い草本群落拡大により急速に衰退している。
フジテンニンソウ、アカソ等の群落の拡大原因は定かではないがここ十数年来降雪量が少なく、比較的温暖な平地でも繁殖が出来るフジテンニンソウ、アカソ等の群落が急速に拡大しているものと考えられる。

再生試験区域の説明

実施面積:400m2
実施期日:平成25年10月1日〜12日

<試験区の内容>

フジテンニンソウを掘り起こした更地にシモツケソウの小苗を植え付け、一部の区域にシモツケソウ、クガイソウ、ルリトラノオ等の種の播種を行った。
その後はシモツケソウの生育を阻害する雑草の除草を行っています。

主催:伊吹山自然再生協議会
実施者:米原市上野区・伊吹山もりびとの会

関連記事:
伊吹山お花畑・・シモツケソウ 2008.08.02 (月の滴)

伊吹山お花畑・・2008.8.1 2008.08.03 (月の滴)

伊吹山お花畑へハイキング 2007.07.18 (月の滴)



応援ありがとうございます
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング
| 観光 | 08:30 | comments(6) | trackbacks(0) |

伊吹山登山 お花畑で立ちすくんだ!!

JUGEMテーマ:山行記録.

2015年8月10日(月)
朝、目覚めて、そうだ! 伊吹山に登る日は今日しかない!今日でしょう!と思い立って出かけた。ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ

伊吹山へは、2008年8月1日にも2度目の登山をしている。
その時、山頂のお花畑でシモツケソウ・シシウド・メタカラコウ・ルリトラノオ・イブキジャコウソウなどが、咲き乱れる中に身を置いて夢心地だった。

すっかり魅了された伊吹山のお花畑、元気な内にもう一度見たいと思い続けていたのです。
okina・ouna にとっては、これが最後の伊吹山登山。

登山といっても、伊吹山ドライブウェイ終点、標高1260mの駐車場から、標高1377mの山頂までです。
山頂への登山道は3コースあるのですが、緩やかな勾配の西登山道を選んで、健脚の82歳 okina に置いてきぼりにされながら、牛の歩みで時間をかけて登った。

ようやく、日本武尊像のある山頂に到着。あれ!? お花畑を眺めて立ちすくんだ。Σ(|||▽||| )
2008年にその素晴らしさに魅了されたお花畑と、あまりにも違いがあって目を疑った。

 

伊吹山頂の日本武尊像


日本武尊像
(2015.08.10 / 13:36)

日本武尊像 と並んで、ouna が見た驚きのお花畑とは???

別ページに続きます。。。


行程 発着時間
JR大阪駅発 8:23 → 10:15 JR関ヶ原駅着
伊吹山上行バス発 10:35 → 11:25 スカイテラス伊吹山駐車場着 昼食
伊吹山西登山道口 12:00 → 13:00 伊吹山山頂到着

伊吹山西登山道下山 13:50 → 14:25 スカイテラス伊吹山駐車場到着
関ヶ原駅行バス発 14:30 → 15:10 関ヶ原駅着
JR関ヶ原駅発 15:24 → 17:15 JR大阪駅着


関連記事:
伊吹山お花畑・・シモツケソウ 2008.08.02 (月の滴)

伊吹山お花畑
(2008.08.01)


伊吹山お花畑・・2008.8.1 2008.08.03 (月の滴)

伊吹山お花畑へハイキング 2007.07.18 (月の滴)


伊吹山ドライブウェイ ホームページ



応援ありがとうございます
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ  
にほんブログ村 

blogramのブログランキング
| 観光 | 08:00 | comments(2) | trackbacks(0) |

山伏山 懸装品がズラリ〜 祇園祭・前祭 2015 宵々山で 〜

JUGEMテーマ:.

7月15日(水)
鉾に上りたかった 〜 祇園祭 2015 の宵々山で 〜

四条通りで町会所、鉾には上れなかったけれど・・・
室町通錦小路上ル山伏山町へ進むと、山伏山の町家、窓が取り外された2階で「御神体」、1階で「懸装品」がズラリと飾られていて、外からでも見られた。v( ̄ー ̄)v

無料で見応えのある数々の懸装品を鑑賞しながら、並んで通路を進むと ひんやり涼しい中庭に。。。
突き当りの蔵の前に厄除け「茅の輪」が設置されていて、くぐることができた。
思っていなかったことで有難く、お賽銭をあげて息災を祈る。(^-人-^)合掌
蔵の中には大切なものが懸っていたような・・・。

懸装品については、じっくり鑑賞できてなく、詳しくは分かりません。
来年、京都文化博物館で、京のまつり 祇園祭−山伏山の名宝−の展示があるようなので鑑賞して知りたい。
 

山伏山 御神体


山伏山の御神体

御神体(人形)町家2階で。

山伏山の名は山に飾る御神体が山伏の姿をしているところから。
昔、法観寺の五重塔(八坂の塔)が傾いた時、法力によってそれを直したという浄蔵貴所という高名な修験者(山伏)の大峰入りの姿をあらわしている。
左手に刺高数珠、右手には斧を持ち、腰には法螺貝をつけている。

山伏山は巡行の数日前より聖護院の山伏達の巡拝があり、また八坂神社からの清祓とともに六角堂から法印の祈祷も行われ、神前に供える三宝も仏式の黒塗のものが用いられている。
明治初年の神仏分離以前の神仏習合時代の姿をこの山に見ることができる。
(山伏山の説明板より)
 

山伏山の懸装品


町家の部屋に飾られた懸装品

町家 1階の部屋で。

左手上は水引、繭を紡ぎ、布を織り上げるまでの工程を描いた「機織図」で珍品。
左手下は胴懸、花卉胡蝶文様の綴織。
胴懸、前懸の中央に飾り房がついているのが特徴。
手前は欄縁、金具は精巧な飛鶴。

< 見送の一部分 >

見送の一部分

龍波濤文様の綴錦で、平成11年に復元された。

< 前懸 水引の一部分 >

前懸水引の一部分

「雲龍麒麟桐竹図」 中国の雲龍麒麟に日本の桐竹を取り合わせた重厚な刺繍。
(色合いが実物と少し違って写っている)

< 前懸の一部分 水引の組紐・房 >

前懸 水引一部分と前懸一部分

前懸は雲龍文様の刺繍。
水引から下がっている浅葱色の七宝編の組紐や房が素晴らしい。
(色合いが実物と少し違って写っている)

< 金具類 >

金具類

右手上に見送の裾一部分。

< 町家 調度 >

三十六歌仙屏風

三十六歌仙屏風。

< 古代の懸装品?? と ヒオウギ生け花 >

古代の懸装品か?

古代の懸装品か?

ヒオウギ生け花

お賽銭箱らしいものがあり、前にヒオウギが生けられている。
okina がお賽銭を入れた。
京都では祇園祭に「ヒオウギ」を生ける風習がある。
古代、ヒオウギで悪霊を退散したという言い伝えから、厄除けの花として飾られるようになった。と説明書あり。

< 菊の形の金具??>

菊の模様の金具か?

菊水鉾から寄贈された品でしょうか??

明治35年に、元治の大火で焼失した菊水鉾の旧懸装品や房類が寄贈され、中でも波濤に龍文様絽刺の見送りは官服直しのもので現在も大切に保存されているそう。
 

山伏山の駒形提灯


灯が灯った駒形提灯

19時19分、提灯に灯が灯されているが、まだ空は明るい。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング
| 観光 | 18:30 | comments(2) | trackbacks(1) |