満月
ENTRIES
☆ ブログラム
blogramのブログランキング
☆ にほんブログ村
☆ 人気ブログランキング
☆ FC2ブログランキング
☆ グリムス
COMMENTS
  • 鳥インフル禍を逃れた〜昆陽池の☆コブハクチョウ☆の近況〜2017.11.13
    ouna (11/18)
  • 鳥インフル禍を逃れた〜昆陽池の☆コブハクチョウ☆の近況〜2017.11.13
    藤の花 (11/18)
  • 六甲山 ☆六甲ミーツ・アート芸術散歩☆ の愉快な思い出♪
    ouna (11/11)
  • 六甲山 ☆六甲ミーツ・アート芸術散歩☆ の愉快な思い出♪
    ouna (11/11)
  • 六甲山 ☆六甲ミーツ・アート芸術散歩☆ の愉快な思い出♪
    ouna (11/11)
  • 六甲山 ☆六甲ミーツ・アート芸術散歩☆ の愉快な思い出♪
    藤の花 (11/11)
  • 六甲山 ☆六甲ミーツ・アート芸術散歩☆ の愉快な思い出♪
    WAKI (11/11)
  • 六甲山 ☆六甲ミーツ・アート芸術散歩☆ の愉快な思い出♪
    生禿 (11/11)
  • 六甲高山植物園・小便小僧・六甲ケーブルの楽しい思い出〜もう登らないので〜
    ouna (11/06)
  • 六甲高山植物園・小便小僧・六甲ケーブルの楽しい思い出〜もう登らないので〜
    藤の花 (11/06)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

ouna のブログへようこそ!

上高地の散策・・楽しかったり、惜しかったり・・ o〜(((〜´∀`)〜o

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler.


「絶景と秘境 周遊 3日間」のバスの旅に参加。

<3日目 > 9月24日(土) 上高地 日本屈指の山岳景勝地

乗鞍スカイラインをバスドライブ。。。畳平で秋色のお花畑を散策。。 終えて 上高地 に向かう。

同行のほとんどの方は大正池バス停で下車しましたが・・・
これまで何度か訪ねている okina・ouna は、上高地バスターミナルまで乗車して、河童橋辺りをゆるりと散策して楽しんだ。

 

河童橋 渡る人々


河童橋 木の吊り橋
12:31
梓川左岸、河童橋の手前から橋上を見ると、川下に向かって元気に手を上げる山ガール?
上高地のシンボルと言える河童橋は人気があって、皆さん渡ります。。。
中にはこんな方も・・・↓

 

河童橋を渡る郵便配達員


河童橋 左岸側  漢字記名

梓川左岸から赤い自転車を押して河童橋を渡る後ろ姿の郵便配達員さん。 分かりますか〜?
気付いてシャッターを押した瞬間に、素敵な山ボーイが さえぎった! ああ、惜しかった!
そうだ!上高地にも郵便局がある、赤いポスト目当てに探してみよう。

 

梓川右岸の護岸石


梓川の護岸石

今年は雨が多くて清流梓川の流れは豊か、昨年とずいぶん印象が違って見えた。
川岸の護岸石は天然石か? 見たことがない積み方に興味をいだいたり・・・
コンクリートの護岸よりも、上高地には似合います。
川の流れや焼岳を眺めながら、、、楽しく散策。。。(^^♪

 

穂高連峰は見えない


霧が晴れない穂高連峰

河童橋を渡って、右岸を少し上流のカメラスポットへ。
霧が晴れないかと待つこと10分、頂上付近の霧がわずかに薄くなったけれど・・・
完全な雄姿を見ることができなくて、惜しかったわ!
右手は明神岳、中央に白く見えているのは岳沢。
昨年訪ねた日より25日早い、上高地の木々は未だ青々と美しく、紅葉はまだ先のよう。

 

梓川右岸 護岸石


護岸石

岸辺によって撮った護岸石、面白い! 金属のロープで丸く固めた大きな団子状。。。

 

梓川右岸道の木立の中で


面白い形の木の根元

キャー! 上高地の特別天然記念物のカモシカかと思った・・・ヾ(@^▽^@)ノわはは
載せてませんが、大木の幹の根元に、どくろを巻いたコブラちゃん似もありましたよ。
木立の中では大木の幹に見惚れたり、笑ったりで楽しい散策になった。 

 

上高地郵便局


山小屋風の郵便局
13:35
赤いポスト目当てに探した山小屋風な上高地郵便局は、バスターミナルからすぐ。
記念切手「天然記念物シリーズ 第1集〜上高地(天然保護区域)〜」を買った。
ところが、そこで惜しいことをした、と帰宅してから気がついた。


3日間のバス旅行も上高地散策が最後、バスターミナルに14時集合。
バス旅行はトイレ休憩がとても大事。2時間ぐらいはノンストップで走るので・・・。
バスターミナル近くのトイレはチップ・協力金制ですが、ありがたく拝借して、帰路のバスに乗り込む。

 

上高地郵便局で買った記念切手


記念切手「天然記念物シリーズ 第1集〜上高地(天然保護区域)〜」

記念切手 シート

買った記念切手シートは、前日の2016年9月23日発行、一日違いだった。
昔、切手を趣味で集めていた時は、初日印をよく押してもらっていたのに。

上高地郵便局から、ouna 宛に手紙を送ればよかった。
大正池と穂高連峰の風景の入った記念日付スタンプ、押印していただけたのに・・・
惜しいことをした。

関連記事:
上高地のお猿さん・・マユミの赤い実をむさぼる・・⊂((・⊥・))⊃ 2015.10

上高地 紅葉散策 マイペース ☆ 黄金色のカラマツ林 ☆ に感激!! 2015.10


blogramのブログランキング 
| 観光・旅行 | 08:45 | comments(2) | trackbacks(0) |

** 秋色のお花畑散策 ** 雲上の世界・乗鞍畳平で

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler.


「絶景と秘境 周遊 3日間」のバスの旅に参加。

<3日目 > 9月24日(土)
乗鞍スカイラインをバスドライブ、雄大な山岳風景を車窓観光しながら乗鞍畳平に到着。

乗鞍スカイラインをバスドライブ。。。畳平で秋色のお花畑を散策。。


畳平での滞在時間は限られているので、okina ・ ouna はバスターミナル横から石段を下った所のお花畑散策に決めた。

お花畑への石段を下りかけて、ouna は少し気分が悪くなり〜  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ〜
標高の高い乗鞍畳平(2702m)までバスは一気に上るので、軽い高山病か?
深呼吸してしばらく休むと回復した。

雲上の世界・畳平のお花畑は7月初旬〜8月中旬にかけてが見頃とか。
花が終わった高山植物も趣があって面白い、と気を取り直して秋色のお花畑を散策。。。
 

乗鞍畳平 お花畑は秋色 2016.09.24


秋色の装いのお花畑

夏に咲いた高山植物の花たちは、葉が紅葉・黄葉してお花畑を秋色に染めている。
紅葉・黄葉の葉だけでは、なかなか見分けがつかないですね〜〜 (w_−; ウゥ・・

乗鞍岳で見られる高山植物
アオノツガザクラ・イワギキョウ・イワツメクサ・ウサギギク・ウメバチソウ・オンタデ・キバナシャクナゲ・クルマユリ・クロユリ・コイワカガミ・コケモモ・コバイケイソウ・コマクサ・ウラジロナナカマド・チングルマ・トウヤクリンドウ・ハイマツ・ハクサンイチゲ・ミネウスユキソウ・ミネズオウ・ミヤマアキノキリンソウ・ミヤマキンバイ・ミヤマミミナグサ・ミヤマダイコンソウ・モミジカラマツ・ヨツバシオガマ
(環境省発行のリーフレット 乗鞍岳植物図鑑より)

夏のお花畑の写真などで、白いハクサンイチゲと黄色いミヤマキンバイがお花畑一面に咲いているのをよく見るのですが。
ouna が見たこともないお花が他にもたくさん咲くのですね。
 

お花畑の高山植物たち 紅葉・黄葉


紅葉・黄葉のお花畑の植物

紅葉の葉はチングルマ。 黄葉の葉はハクサンイチゲ。 白いのは?


紅葉のチングルマ 果穂の枯れたの

紅葉のチングルマの葉の集団と花後の果穂の枯れたの少々。
黄葉のハクサンイチゲ 黄一点!? 黒味がかった紫色の葉は??


緑の植物の中に紅葉の葉 ミヤマダイコンソウ

緑の中に紅葉の大きめの葉・・・うーん 分からない! ミヤマダイコンソウか?


ショウジョウバカマの葉の黄葉

ショウジョウバカマの葉かな。




鮮やかな紅葉、これは? イワギキョウが咲いていた石垣の間にも。
 

イワギキョウ まだ咲いていた


イワギキョウ

お花畑への石段を下って右手の石垣に、何と!コバルトブルーのイワギキョウが咲いていた。
花の時期は過ぎてるけど、石垣は暖かい・・イシガキイチゴ イシガキ キキョウ。(⌒▽⌒)
 

畳平のお花畑 木道の遊歩道


お花畑の木道の遊歩道

この辺りシックな秋色の装い。
平坦で広々しているお花畑に、歩きやすい木道の遊歩道が整備されていて、一周30〜40分。
右手上に恵比須岳(2831m)とバスターミナルの建物が見える。
 

畳平 お花畑・富士見岳・魔利支天岳・不動岳




畳平バスターミナルから撮影。
手前はお花畑、左手に富士見岳、中央に魔利支天岳山頂の乗鞍コロナ観測所、右手に不動岳。

お花畑で見上げた富士見岳は、乗鞍コロナ観測所と共に、畳平との標高差100m余り。
道路も整備されているように見えるし。

「富士見岳と乗鞍コロナ観測所までなら登られそう、コマクサにも会えるかも、登りたいなー」と呟く ouna。
「高山植物が咲き誇る時に、ツアーでなく自分でゆっくりとしたプランを立てて来よう」と  okina の声がした。

お花畑のベストシーズンに、畳平の銀嶺荘か白雲荘に泊まる。
夜は天の川を眺め、早朝に ご来光を拝み、昼は魔王岳・富士見岳・魔利支天岳などに登山。
お花畑を心ゆくまで散策する、というプランはどうかな?

乗鞍スカイラインを下るバスの中でこんな楽しい夢を見た。。。((o(*^^*)o))わくわく

予告: 日本屈指の山岳景勝地 上高地散策

blogramのブログランキング 
| 観光・旅行 | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

乗鞍スカイラインをバスドライブ。。。畳平で秋色のお花畑を散策。。

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler


「絶景と秘境 周遊 3日間」のバスの旅に参加。

<3日目 > 9月24日(土) 天空の絶景 3 乗鞍スカイライン 畳平

朝8時、宿泊先の奥飛騨温泉郷・新平湯温泉のホテルを出発。
乗鞍スカイラインをバスドライブで乗鞍岳畳平(2702m)へ。。。ヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪

日本一高所の山岳道路、天空の絶景も視界がイマイチで、おお!絶景!の声は上がらなかった。
けれど、二度目の乗鞍スカイライン・畳平の雄大な風景に、またまた感激でした。

昨年もツアーで乗鞍畳平へ。。。ヾ(=^▽^=)ノ

乗鞍スカイライン 〜 乗鞍畳平 〜 雄大な風景に またも感激!!

 

乗鞍スカイライン バスで乗鞍畳平へ 車窓からの風景 2016.09.24


走るバスの窓越しに撮った北アルプス方面
09:23
コンデジで 走るバスの窓越しに撮った北アルプス方面の風景。
かすんでいて北アルプスの峰々はよく見えな〜い。


乗鞍スカイラインを走るバス
09:29
乗鞍スカイラインを走行中のバス。S字カーブを快調に走っています。。。
草紅葉、ハイマツの中にウラジロナナカマド?の紅葉も見える。


乗鞍スカイラインのS字カーブ
09:32
S字カーブが多く急坂の山岳道路。。。(@_@)


桔梗ヶ原
09:33
スカイライン終点の乗鞍畳平近くの桔梗ヶ原。
ハイマツの群生が緑のじゅうたんを敷き詰めたようで美しい。
ウラジロナナカマド?の盛りを過ぎた紅葉が一際目につく。


鶴ヶ池
09:35
走るバスの窓越しに見た鶴ヶ池。鶴の姿をしている・・? 火口跡に水がたまってできた池。
昨年は水が少なかったが、今年は豊かな青い水に富士見岳(2817m)が映り込んでいる。


恵比須岳の裾野 駐車場から見る
09:40
乗鞍畳平バスターミナルに到着。ちょっと寒い!
バスターミナル建物の裏山、恵比須岳(2831m)の裾野の紅葉が目に飛び込んできた。

バスターミナル北側の魔王岳(2763m)、登山口の石段を上ること15分ほどで山頂までとか。登りたかったのですが・・・急ぐと息が切れそう。

畳平での滞在時間は短いので、okina ・ ouna はバスターミナル横から石段を下った所のお花畑を散策。
高山植物の花の盛りはとっくに過ぎており、お花畑は秋色だった。

・・秋色のお花畑散策の記事は別ページで・・


乗鞍バスターミナル 畳平
10:16
乗鞍バスターミナル。
乗鞍岳の車両乗り入れは、バス・タクシーのみでマイカーの姿はありません。
乗鞍畳平観光お終いの時が迫ってきたのでバスに戻ります。

バスは乗鞍スカイラインを下って、次の観光先の上高地へ向かいます。。。


気圧が低いのでスナック菓子のプラ袋がふくらんだ
10:19
添乗員さんが、試しにバスにのせてきたプラ袋入りのスナック菓子。
バスに戻って見ると、気圧のいたずらでパンパンにふくらんでいた!ヽ((◎д◎ ))ゝ

乗鞍畳平は標高2702m、麓のほおのき平駐車場は標高1234m、標高差約1500m。
これをバスは一気に登りますので、高山病にかかる人も少なくないそうです。
気圧や酸素濃度も下界の2/3程、水も約80℃で沸騰するそう。


バスの窓越しに撮った風景
10:36
帰路の車中から撮った風景。雲か霧か?で遠くは望めない。


バスの窓越しに撮った風景
10:37
ハイマツが山の裾一面に生えている。 池も見える、火口湖か?


木々の黄葉が始まっている風景
10:44
ハイマツ地帯を過ぎるとダケカンバなどの黄葉が始まっている。。。

下界よりも気温が12℃低い畳平、ひと足早い冬が訪れます。
10月31日で乗鞍スカイラインは冬季閉鎖。


予告: 乗鞍畳平 雲上の世界のお花畑は秋色

blogramのブログランキング

| 観光・旅行 | 18:00 | comments(8) | trackbacks(0) |

太古の森・油木美林を雨中散策 〜こもれびの滝〜 豪快に流れ落ちていた

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler.


「絶景と秘境 周遊 3日間」のバスの旅に参加。

<2日目 > 9月23日(金) 神秘の秘境 太古の森・油木美林

天空の絶景 千畳敷カール観光 の後は、御嶽山四合目、東麓に広がる太古の森・油木美林へ。

駐車場でバスを降りて、森林内の遊歩道を散策しながら、「こもれびの滝」と「不易の滝」の観光です。

今回の旅はツキがありません。油木美林も雨 ... ///...
天気が良ければ樹齢300年を超える大木の桧などで森林浴 ♪♪ 渓流風景に癒されながら散策ができたのに。
雨の日の森林散策でも、マイナスイオンの効果はあるのかな!?

油木美林での滞在時間は40分、雨足も強くなってきたので okina・ouna は 「不易の滝」は割愛し、ウッドチップ敷き・丸太敷き・木橋・石段ありの遊歩道を滑らぬように気をつけて、「こもれびの滝」へ。

滝近くの東屋(あずまや)で一休みして、一気に滝つぼまで下りる。。。

そこには、写真などを見て思い浮かべていた、「階段状に滝が流れ落ち、木漏れ日が揺れる風情ある滝」と趣を異にして、豪快に水しぶきを上げて流れ落ちる滝があった。

 

こもれびの滝 水量が増して豪快に流れ落ちていた。。。


こもれびの滝
(13:57)

2016年9月23日(金) 雨
雨が続き普段より水量が増したのでしょうか、水しぶきを上げながら豪快に滝つぼに流れ落ちていた。。。
晴れていたら木漏れ日が見られたかも。


こもれびの滝をバックに記念撮影した方
(13:57)
滝の中段辺りの少し広い場所で傘さして、滝をバックに記念撮影される方々を見たのですが。
ouna は勢いよくしぶきを上げて流れ落ちる滝を間近に見て、圧倒されて立ちすくんだ。

 

こもれびの滝 下段部分の流れ・・・


下部の段は滑るように流れ落ちる こもれびの滝
(14:00)

豪快に滝つぼに流れ落ちた滝の水は、下部の段では滑るように流れ落ちている。。。
雨が降っているが、、、流れる水は清く澄んでいて綺麗。
御嶽山からの清く澄んだ水は、油木美林・こもれびの滝〜白川〜〜木曽川〜〜〜伊勢湾へと流れ行く。

 

こもれびの滝 落差15mを数段にわたって落ちる。。。。。


こもれびの滝のほぼ全景
(14:03)

滝つぼから戻る遊歩道で振り返って見た「こもれびの滝」
豪快にしぶきを上げながら、階段状に流れ落ちる滝(段瀑)、下段部分を合わせて落差15mだそう。
真っ直ぐに流れ落ちる、斜めに流れ落ちるなど変化に富んでいる。

滝を覆うように茂っている木々、色づき始めている葉がちらほら、、、
紅葉で滝が染まる景色もきっと素晴らしいことでしょう。

予告:
<3日目 > 天空の絶景 乗鞍スカイラインをバスでドライブ 雲上の世界 畳平へ。


blogramのブログランキング

| 観光・旅行 | 10:00 | comments(4) | trackbacks(0) |

千畳敷カール ああ!紅葉は 雨・霧の中 今年こそは!のチャレンジ NG

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler

「絶景と秘境 周遊 3日間」のバスの旅に参加。

<2日目 > 9月23日(金) 天空の絶景 2 紅葉に染まる千畳敷カール

宿泊先の信州駒ヶ根高原・早太郎温泉のホテルから朝8時30分に出発。
前夜からの雨でバスの運行が危ぶまれたが、出発時間を30分遅らせての発車。

<1日目 > 9月22日(木) 天空の絶景 1 遠山郷・下栗の里 の観光は濃霧で NG!
紅葉の千畳敷カールも駄目かもしれない、と心配していたけれど・・・
小雨の中をバスは無事に しらび平駅(1662m)に着き、中央アルプス 駒ケ岳ロープウェイに乗車。

千畳敷駅(2612m)までの約8分、雨・霧で視界が悪くて、南アルプス絶景!の雲上散策とならなかった。
駅到着は9時17分。駅の気温は 10.9℃。

千畳敷カールも、やはり雨・霧で、予定していた紅葉に染まるカール散策は断念。
青空の元、山肌が黄金色に輝く絶景を今年こそは! と再チャレンジしたのですが夢は破れた。

紅葉ジャストミート、ツアーでは本当に難しい。
来年、もう一度チャレンジしてみましょうか・・・(-_-)ウーム

 

紅葉の千畳敷カールは 雨・霧の中・・・


雨・霧に包まれた千畳敷カール
(2016.09.23 09:20)
千畳敷駅売店を出た所から、カールを見渡すも雨と霧で、、、
楽しみにしていた紅葉に染まるカールの散策はできなかった。


千畳敷駅売店出口からカールを見る
(09:24)
駅の売店出口から霧の晴れるのを待って、見え隠れする紅葉のカールを恨めしく眺めた。

一昨年10月10日のカールの風景 を思い出しながら・・・


カールの霧が一瞬 晴れて
(09:29)
あっ!急に霧が晴れて明るくなってきたようで・・・。
駅の売店を出て左手、極楽平登山道と千畳敷カール遊歩道の分岐点辺りにある駒ヶ岳神社。
こじんまりした神社ですが、お礼に?お参りの方が急ぎます。。。
okina と ounaも前回はお参りしましたよ。


カール山頂の霧は かかったまま

山頂は霧がかかったままで、、、裾野の紅葉は今一つかな!?


カールの紅葉 今年はイマイチ!?
(10:02)
売店出口前から少しの所で、カールを覗き込んで見ると・・・
赤く紅葉するナナカマド、今年は天候悪く雨・風のために葉が飛んでしまったのかな?
赤い実は頑張ってる。


雨・霧の中 カールを進み 登山するグループ 
(10:03)
雨・霧の中でも、カラフルな登山装備を整えて、木曽駒ヶ岳を目指して進むグループあり。
右手方向に進み、八丁坂分岐点から登ります。。。どうぞお気をつけて!

宝剣岳(2931m)頂上は、霧が全く切れなくて。
カール滞在時間ぎりぎりまでねばったけれど、その雄姿を見ることができなかった。


関連記事:
ああ!千畳敷カールの紅葉は終わっていた・・・けれど、好天で・・・(*^^)v 2014.10.12

中央アルプス * 千畳敷カールの紅葉 * を見に行ってきます。。。ε=ε=(ノ*・ω・)ノ 2014.10.09

中央アルプス千畳敷カール 散策の夢 実現 。。。 v( ̄ー ̄)v 2012.07.17


blogramのブログランキング

| 観光・旅行 | 11:45 | comments(4) | trackbacks(0) |

日本のチロル・・・遠山郷 下栗の里は濃霧に包まれていた・・・

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler.


「絶景と秘境 周遊 3日間」のバスの旅に参加。

出発日は16号台風が近畿地方を通過した翌々日の9月22日(木)、小雨の中を出発。。。





<1日目 > 9月22日(木) 天空の絶景1 遠山郷・下栗の里

下栗の里は、南アルプスを望む飯田市上村の東面傾斜面にある標高800〜1000mの地区。
秘境にある天空の絶景で、「日本のチロル」といわれている。

中型バスでも行けない秘境をマイクロバスに乗り換えて、さらに奥の秘境へ。
雨の中、はんぱ亭駐車場から徒歩20分の山林内にある天空の里ビューポイントを目指す。

嬉しいことに、下栗地区の方々によって整備された全長約800mの遊歩道がある。
場所によっては道幅が狭いところもあったが、譲り合って慎重に進んだ。。。

途中、ビューポイントから戻る方から「写真で見るような風景が見られたよ」と、声かけられて胸弾ませながら急ぐ。

この日のために、新調したストック(トレッキング・ポール)が、雨中でとても役立った。

ようやくビューポイントに辿り着いたけれど、、、山の天気は一瞬で変わる。
下栗の里は濃霧にびっしり包まれて全く姿を現してくれなかった。(* ̄□ ̄*;

 

天空の里ビューポイントから下栗の里を望むも・・・


下栗の里は濃霧の中
9月22日 14:11

天空の里ビューポイントに立つと俯瞰(ふかん)で、一望できるはずの天空の里・下栗の里。
苦労しながらピューポイントまで上って、雨に濡れながらコンデジ向けたけれど・・・
濃霧でチラリとも、見えていない下栗の里。

帰宅後、下栗の里のホームページでじっくりと・・・w( ̄o ̄)w オオー!
下栗の里の写真、歴史やその他を学んだ。

南信州・遠山郷「下栗の里」


雨・濃霧で何も写っていない写真では、下栗の里の記事は書けない、ボツ! と諦めていたのに更新しました。

2016.10.12
本日、下栗の里のホームページから写真を拝借して載せ、編集しました。
写真を食い入るように見ています。。。(旦)ジーッ



霧が晴れたら、ビューポイントの木々の間から、天空の里がパッと現れたのですよね。
でも、あれだけの雨・濃霧では仕方がありません。




天空の絶景、大自然の中にある のどかな下栗の里。
もう一度訪ねてみたい、の思いはあるのですが、、、傘寿の ouna には無理なようで残念。

予告:
<2日目 > 9月23日(金) 天空の絶景 2 千畳敷カール  油木美林


blogramのブログランキング
| 観光・旅行 | 10:10 | comments(2) | trackbacks(0) |

* 青磁香炉 * 伊万里大川内山窯元を訪ねた思い出の品


我が家のメンテナンス・リフォームの着工日が迫ってきたので、室内・備品を片付け中。
和室床の間が定位置の青磁香炉ですが、箱書桐箱に納めて完成時まで仕舞っておきます。
 

青磁香炉 小笠原長春 作


長春青磁香炉

2000年11月18日
長春青磁窯で、人工の釉薬を一切使用しない天然青磁が焼かれていると知った okina 。
2人で憧れの青磁を求めて、秘窯の里・大川内山を訪ねた。
長春青磁窯元のお座敷に並べられた数々の青磁作品の中から、シンプルな形の香炉を選んだ。


青磁は一般的に調合された釉薬から発色させているのに対し、長春の青磁は鍋島藩時代の独特な技法、この地大川内山に産出する陶石を砕いて釉薬を作り、これから発色しているもので、この方法は現在、長春の技法で他に類をみません。
クロームなど人工の釉薬を一切使用しない、その為に釉はたいへん厚くかけています。
その釉薬は深くしっとりとした独特の味をもち、光の当たり具合で色調が海の水色の変化を感じさせ、中国や朝鮮の青磁とはちがう日本的感性の青磁、と説明があります。


アルバムから探し出した写真が少しあるのですが旅行の資料が無くて、箱書桐箱の中に入っている栞と ouna が撮った写真を頼りに思い出しています。
大川内山の風景写真をスキャンしてみましたが不鮮明です。
 

伊万里市大川内町大川内山 秘窯の里 風景 2000年11月18日


鍋島藩窯橋

陶板と無数の陶片が施された鍋島藩窯橋が架かっている。
欄干の外側には陶板で竜と鳳凰(ほうおう)が描かれているようです。


大川内山 煙突や窯元が立ち並ぶ

切り立った屏風岩、中国の山水画に出てくるような山並みを見上げながら・・・
レンガ造りの煙突や窯元が立ち並ぶ道を進んで長春青磁窯へ。


幕府献上品門外不出の名品を焼いた鍋島藩窯が約300余年前、有田から伊万里市大川内山に移ったのは、青磁陶石が産出されていたからだと言われている。
また、制作技法が外にもれないように険しい地形のこの地に藩窯が移されたようです。

見どころの「大川内鍋島窯跡」などを見学したか、記憶にないのですが・・・
箱書桐箱に納める前に青磁香炉を手にして色調の変化を楽しみながら、もう一度ゆっくりと訪ねてみたいと思った。

JUGEMテーマ:旅行記

blogramのブログランキング
| 観光・旅行 | 21:00 | comments(2) | trackbacks(0) |

14代 酒井田 柿右衛門の一輪生 * 九州旅行の思い出の品 *


築30年の我が家のメンテナンス・リフォームの着工が5月初旬に決定。
リビングのボード類を移動させるので、趣味で集めた焼き物類の片付け中。

平成2年12月21日、フルムーンパスを利用しての九州旅行で・・・
有田焼14代 柿右衛門窯元・お屋敷を訪ねて購入した思い出の大切な一輪生。
箱書桐箱に納めてメンテナンス・リフォーム完了まで仕舞っておきます。
 

14代 酒井田柿右衛門の一輪生


14代 酒井田柿右衛門の一輪生と箱書

柿右衛門窯独特の「濁手(にごしで)」、乳白色の温味のある素地に描かれた色絵花鳥文に魅せられて、工房に展示されていた数々の作品の中から、小さな一輪生を okina と選んだ。


一輪生を箱に仕舞って、九州旅行の写真を古いアルバムから探し出した。
フルオートタイプのコンパクトカメラで撮った柿右衛門窯元・お屋敷の写真。
下手な写真をスキャンしてみたのですが、やはり古くて不鮮明・・・( ̄Д ̄;;
 

14代 酒井田柿右衛門窯元・お屋敷 平成2年12月21日


酒井田柿右衛門お屋敷と象徴の柿の木

酒井田柿右衛門お屋敷としだれ桜

有田では九州陶磁文化館、陶工・李参平が発見した泉山磁石場(国指定史跡)などを見学。
陶山神社へ参拝の後、目指していた柿右衛門窯元・お屋敷前でタクシーを降りると、昔 学校の教科書で見た「柿の木と古風な家」の風景が目前に・・・
赤い柿の実がまだ少し残っていて、感動しながらじっと見上げていた。

懐かしい写真を見ながら、25年も過ぎた今も同じような風景が見られるのでしょうか。
大木のしだれ桜は今年も美しく咲いたでしょうね、としばし思い巡らす。

JUGEMテーマ:旅行記


blogramのブログランキング
| 観光・旅行 | 15:30 | comments(2) | trackbacks(0) |

水陸両用バス 大阪ダックツアーで大川からお花見〜♪

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler.

4月1日(金) 小雨の中をH交通社の日帰りツアー、水陸両用!大阪ダックツアーに参加。
2009年4月6日、大阪城公園の花見の帰りに陸を走る水陸両用バスに出会ってから、7年目に夢がかなった。

街中を走行する派手なダックツアー・愛称カッパバスは歩行者に注目される!?
水上を走る時は、手を上にあげて大きく振ると「助けて〜!」と間違われますので、振り方はセレブにと。
こてこての大阪弁の赤い上着のガイドさんの話術に、大笑いした楽しい約80分でした。
桜はまだ満開でなかったけれど、大川を走る窓のないカッパバスからのお花見に大満足!
 

水陸両用観光バス 大阪ダックツアー



(9:16)バス右側
2009年4月に見た日本初の水陸両用バスの車体とラッピングが違うが・・・。
愛称・カッパバスはとても派手! ダックツアーなのに何故カッパ!?
第2次大戦中、米国で製造された軍事用水陸両用車の名称(DUKW)にちなむとか。
撮れてないのですが、後部にあまり大きくないスクリューがちゃんと付いている。

水陸両用観光バス
(9:16)バス左側
定員42名、タラップでバスに乗り込む。
京阪電車天満橋駅近くの、川の駅(はちけんや)を出発したバスは、大阪城前を経て桜之宮公園へ。
 

桜之宮公園 水陸両用バスの発着場


桜之宮公園 大川の発着場
(9:42)
ここからの水上運転は、船舶操縦士の免許を持つ船長さんと交代してスロープから大川へザボーン!

水陸両用バスのスプラッシュイン

バスが船となって大川へ スプラッシュインの瞬間!
座席がイマイチ、窓がないバスで雨としぶきでバス前面の様子は撮れなかった。
 

大阪造幣局と大川堤防の桜


大阪造幣局と大川堤防の桜
(9:46)
大川を下るバスの右側に大阪造幣局が見える。
堤防の桜はかなり咲いているが造幣局内の桜まだのよう。今年の通り抜けは4月8日頃から。
 

川崎橋と桜


斜張橋の川崎橋と桜
(9:49)
斜張橋(しゃちょうきょう)の川崎橋をくぐる。造幣局前の屋台のカラフルなテントと桜。
 

ビルの窓に映り込んだ水陸両用バス


ビルの窓に映り込んだ水陸両用バス
(9:59)
バスは天神橋前で折り返す。
川の駅前付近でビルの窓に、乗車中のバスの水上を走る姿が映り込んだ。ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
 

水陸両用バスの車内


水陸両用カッパバス車内
(10:13)
無事に大川から桜之宮公園に上陸、運転者交代のためにタラップを降ろすガイドさん。
陸上運転者に交代して国道1号線、天神橋筋を経て天神橋を渡り北浜へ。
 

北浜証券取引所前の五代友厚の銅像


五代友厚氏銅像 後ろ姿
(10:31)
ディーン・フジオカではない本当の五代友厚氏の銅像。車内から撮った後ろ姿。
正面からのはハンサムなお方ですが、障害物のため半身だけしか撮れていなくて残念。
朝ドラで有名になって訪れる人が多いとか。

NHK朝ドラ「あさが来た」は本日4月1日で完結ですが・・・。
むかし両替商があった北浜から、中之島公会堂前を経て昼食会場のホテルへ。

blogramのブログランキング 
| 観光・旅行 | 12:00 | comments(6) | trackbacks(1) |

猿岩が新年のご挨拶 〜壱岐の島から〜 ⊂((o・⊥・o))⊃


謹 賀 新 年

壱岐の猿岩
 

猿 岩


私は玄界灘に浮かぶ壱岐の島のシンボル「猿岩」だ。
この島に野生の猿は一匹もいない。それで代わりに私がいるんだよ。゛(6 ̄  ̄)ポリポリ

島の西側、黒崎半島先端にある高さ45mの玄武岩の奇岩。玄界灘の荒波によって作り上げられた。
その姿はそっぽを向いた猿の姿にそっくりなので、「猿岩」と呼ばれている。
はっきりとした眉・目・鼻・口・耳がついている顔は猿そのもの、と絶賛されているのだ。

昨年9月14日、この島を観光した okina が私の迫力に圧倒されて撮っていた。
島のバスガイドさんから、写真はぜひ来年の年賀状に使ってください、と薦められたとかで、私の写真は ouna によって今までPCのフォトギャラリーに閉じ込められていた。

平成28年の正月 〜待ちに待った私の登場の日がやってきた〜。
今年は申年 よろしくな!
ちょっと!そこの方! キャッキャ・キャッキャと笑って、入れ歯が外れたのでは。人( ̄ω ̄;) スマヌ

この小さな写真からでは、断崖絶壁にそびえ立つ私「猿岩」の迫力は今一のようだ!
ブログをご覧の皆さん、申年の今年中にぜひ実物を見に来ておくれ。

最後になってしまったが、皆さんにとって幸多い年であるように祈ってる。

申年 正月三日



猿岩さんへ
ブログ管理人の ouna から尋ねたいことがあります。
あなたの性別は?
話す言葉が男のようだけど、よく見れば背中に可愛い赤ちゃん猿が・・・子守りしてるのですか?

なに!?ここでは個人情報は明かせない。
それなら、そっとメールで教えてくださいな。よろしく!


JUGEMテーマ:新年の挨拶 明けましておめでとうございます

猿
応援クリックお願いします


blogramのブログランキング
| 観光・旅行 | 08:00 | comments(10) | trackbacks(0) |