満月
ENTRIES
☆ ブログラム
blogramのブログランキング
☆ FC2ブログランキング
☆ 人気ブログランキング
☆ にほんブログ村
☆ グリムス
COMMENTS
  • 松村邦洋さんのお腹へこんだ!30キロ減量に成功!!d(⌒ー⌒)b
    ouna (09/17)
  • 松村邦洋さんのお腹へこんだ!30キロ減量に成功!!d(⌒ー⌒)b
    藤の花 (09/17)
  • * 秋の蓮 *の絵 ・・頑張らないと!! 趣味で描いた絵の整理・・
    ouna (09/12)
  • * 秋の蓮 *の絵 ・・頑張らないと!! 趣味で描いた絵の整理・・
    藤の花 (09/12)
  • 伊丹市昆陽池公園のコブハクチョウの近況は・・2017.09.01・・
    ouna (09/05)
  • 伊丹市昆陽池公園のコブハクチョウの近況は・・2017.09.01・・
    藤の花 (09/05)
  • 家の *ハマユウ* 良い花が咲かなくなった! いよいよ老化かな〜?
    ouna (08/29)
  • 家の *ハマユウ* 良い花が咲かなくなった! いよいよ老化かな〜?
    amazonhead (08/29)
  • 家の *ハマユウ* 良い花が咲かなくなった! いよいよ老化かな〜?
    ouna (08/29)
  • 家の *ハマユウ* 良い花が咲かなくなった! いよいよ老化かな〜?
    藤の花 (08/29)
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

月に昇るその日まで

がんばろう!

ouna のブログへようこそ!

コスモスのスケッチ・・終活で絵の整理中・・

JUGEMテーマ:アート・デザイン.

 

 

コスモス(秋桜)のスケッチ


コスモスのスケッチ

ガッシュ(不透明水彩) 水彩紙 P6号 ouna 1989年秋

コスモス(秋桜)とワレモコウ(吾亦紅)を籠に生けて。
水彩紙にガッシュで簡単にスケッチ。

色とりどりのコスモスに、独特の風情ある秋の野の花ワレモコウをあしらって・・・
爽やかな秋の風に、たおやかに揺れるコスモスを表現してみた。。。( ̄Д ̄;;


ようやく猛暑も去りそうな気配!? 絵の整理をぼつぼつ再開。

好きな花のコスモス・ワレモコウの古いスケッチを取り出して眺めた。
久しく絵の制作はしていないけれど、水彩画と日本画で描いてみたい気持ちが湧いてきた。


関連記事:
夏の花のスケッチ ・・終活で絵の整理中・・ 2015.07.14


コスモス(秋桜)の絵 2011.11.08




blogramのブログランキング

| 花の絵 ouna 作 | 12:30 | comments(4) | trackbacks(1) |

ミニひまわりのスケッチ 2枚・・絵の整理再開・・

JUGEMテーマ:アート・デザイン

家のメンテナンス・リフォームで、スケッチ・デッサン・下絵・絵画の整理を中断していたのですが、ぼつぼつと再開します。

N公園の分区園・花壇で咲いていたミニのひまわり(向日葵)と花屋さんで買ったミニのひまわり(向日葵)。
スケッチの号数はサムホール(SM)で、簡単にスケッチ。
 

ミニひまわりのスケッチ 1


ミニヒマワリ ギンヨウヒマワリ

水彩絵の具 スケッチ用ボールペン 水彩紙 SM ouna 2004年9月

N公園の分区園・花壇で、高く直立した元気印の大きな向日葵(ひまわり)の傍に、可愛く咲いていたミニのひまわり。
名はたぶん、銀葉ひまわり(ギンヨウヒマワリ)・白妙ひまわり(シロタエヒマワリ)。
茎葉に銀白色の絹糸状の毛が密生して全体の姿は優しい感じ。
枝分かれして花をたくさん付けていた。。。

緑の葉でなく銀白色で葉を描くと独特な雰囲気の絵が仕上がる、と想像しながらスケッチ。
けれど、スケッチだけで終わったもよう。
 

ミニヒマワリのスケッチ 2


ミニヒマワリ 生け花

水彩絵の具 鉛筆 水彩紙 SM ouna 2004年9月

花屋さんで買った切り花のミニひまわりに、別の花を添えて。。。
添えた花の名は分からないのですが。

花瓶が小さ過ぎませんか〜・・・ouna はん。 ̄m ̄ ふふ
こちらもスケッチだけ、ひまわり(向日葵)を絵にしたことがなかったようです。

 

元気印の大きな向日葵(ひまわり)


大きな向日葵

N公園の分区園・花壇で、高く直立して大きな花を咲かせている、元気いっぱいの向日葵(ひまわり)。


関連記事:
夏の花のスケッチ ・・終活で絵の整理中・・ 2015.07.14

終活の手始め ・・・ スケッチ・デッサン・下絵・絵画の整理 ・・・ 2014.08.27


blogramのブログランキング

| 花の絵 ouna 作 | 10:00 | comments(4) | trackbacks(0) |

芍薬(シャクヤク)のスケッチと切り花

芍薬(シャクヤク) スケッチ


スケッチ 芍薬

顔彩 鉛筆 スケッチブック F6号 ouna 1978年5月23日

モデルの芍薬は花屋さんで買ったのか、義母が庭で咲かせていたものか覚えていない。
「立てば芍薬、座れば牡丹」の ことわざ があります。
牡丹は何枚か日本画にしたのですが、立てば芍薬の絵は何故かスケッチのみで終わっている。

 

芍薬(シャクヤク) 切り花 開花


芍薬 生け花 満開
(5月13日)

今、我が家はメンテナンス・リフォーム真っ只中。
クロス貼り替えで、2階洗面所に退避させている芍薬の生け花。

5月5日(木・祝日)に okina が、亡き義父母が住んでいて今は空き家になっている庭から、小さくかたい蕾をつけた芍薬を切って持ち帰った。
咲くかどうか心配だったけれど、よく水があがって1週間かかって咲いてくれた。

 

芍薬(シャクヤク) 切り花 蕾


蕾の芍薬
(5月7日)

6本の芍薬切り花ですが、全部撮れたいい写真を紛失・・・( ̄Д ̄;;
写っている蕾は大きな方で、他はとても小さかった。
義母が植えたものですが、手入れをしないのに毎年けなげに蕾をつけている。


JUGEMテーマ:アート・デザイン


blogramのブログランキング
| 花の絵 ouna 作 | 10:10 | comments(4) | trackbacks(1) |

アンスリウムとグロリオサのスケッチ

JUGEMテーマ:アート・デザイン.

 

アンスリウムとグロリオサ


スケッチ アンスリウムとグロリオサ

< 主役になれなかったグロリオサ >

スケッチ ガッシュ(不透明水彩) 水彩紙 41cm×32cm  ouna 作 1986年6月

久しぶりに絵の整理をしていて見つかったスケッチ。
真紅のアンスリウムに負けてしまっているグロリオサ。

買い物ついでに寄った花屋さんで元気なグロリオサに出会った。
カスミソウと生けてみたら主役になった。

 

グロリオサとカスミソウ


グロリオサとカスミソウ 1

グロリオサとカスミソウ 2


関連記事:
グロリオサと白い花の絵 2011.07.14


blogramのブログランキング
| 花の絵 ouna 作 | 00:30 | comments(2) | trackbacks(0) |

椿の絵(習作)・・・絵の整理中・・・

椿の絵(習作)


椿の絵

日本画
水干絵具・胡粉 雲肌麻紙ボード 6号 F ouna 習作 1982年5月


スケッチ
画用紙 鉛筆・色鉛筆 1982年4月

精密描写(写生画)類は、汚れ・破れあり。
写真に残して古紙リサイクルに出しましょう。


椿

・・椿の絵(習作)によせて・・

春になると庭の片隅で乙女椿(オトメツバキ)が可憐な姿で咲く。
八重咲きというか、千重咲きといった方がよさそうな、しべが見えない椿。

しべが見える(ある)椿の花を絵にしたくて、小さな苗木を買って精密描写した模様。
忠実に写生をしたままのものを絵にしたので構図がよくない。

椿の葉は、つややかで堅く、ふくらみを持って表と裏の色も美しい。
緑の色だけで単調な表現になっているが、今なら違った色を使って描く。

若葉マークの頃の絵、もみじマークの今なら、きっと違った絵に仕上がるだろう。

絵の撮り方も拙く、実物はバック・花の色は少しピンク色をおびた温かみがある。
画像の色は見る環境によっても違いが出るようなので、とても難しい。。。(>_<)

椿を描いたのはこの作品のみ。
ずっと後に、やぶ椿の落ちたのを描いている。



関連記事:
終活の手始め・・・趣味で描いた <絵> の整理に目鼻を付ける・・・ 2014.08.31

 
JUGEMテーマ:アート・デザイン


blogramのブログランキング
| 花の絵 ouna 作 | 20:30 | comments(4) | trackbacks(0) |

実付の 〜 サルトリイバラ・タンキリマメ・ヘクソカズラ 〜 スケッチ楽し♪

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

* サルトリイバラ 実付き * スケッチ


サルトリイバラのスケッチ

水彩絵の具 スケッチ用ボールペン 水彩紙 33.5cm×24.5cm ouna 2002年11月

サルトリイバラは、落葉つる性半低木。
刺と葉柄の巻きひげで、他の物にからみついて茎を伸ばす。
つる(蔓)や巻きひげの曲線が面白く、径1.2cmほどの赤く熟れた実が魅力的。
秋に色付いた実を付けている、つる性植物たちが大好き! スケッチも楽しい。
 

* タンキリマメ 実付き * スケッチ


タンキリマメのスケッチ

水彩絵の具 スケッチ用ボールペン 水彩紙 28cm×23cm ouna 2002年11月

タンキリマメは、つる性多年草。
しなやかなつるに3枚の葉、弾けた赤いさや、光沢のある黒い実が可愛い。
 

* ヘクソカズラ 実付き * スケッチ


ヘクソカズラのスケッチ

水彩絵の具 スケッチ用ボールペン 水彩紙 33.5cm×24.5cm ouna 2002年11月

ヘクソカズラは、つる性多年草。
葉や茎に悪臭があるが、紅葉した葉、鈴生りの実に趣がある。

上記スケッチ3題は、夜間で照明がよくなくて、オフホワイトの水彩紙が暗く写ってしまいました。(ノ△・。)

パレット

平成14年頃、高齢の義母が地方の山間にある病院で療養のためお世話になっていて、足繁く看に通った。
バス停までの長い山道を四季折々の風景に癒されながらよく歩いた。
秋は、紅葉や草木に実が生っているのを見て、嬉しくて簡単スケッチ。

サルトリイバラ(猿捕茨)、別名サンキライ(山帰来)のハート型の葉を見付けては、子供の頃に母が作ってくれた「いびつ餅」を思い出し。
タンキリマメ(痰切豆)は薬効があるらしいが、苦そうな感じがした。
ヘクソカズラ(屁糞蔓)、何だか変な名前!? 花は可愛いのに、と可笑しくて笑い。

タンキリマメとヘクソカズラは、山道の脇のフェンスに驚くほどたくさん絡まっていた。
面白い姿の蔓性植物、よく見て細密スケッチしたくなり、タンキリマメの黒い種子を採ってきて庭にまいたが、芽を出し蔓延り(はびこり)そうになって okina に退治された。

当時のことを色々と思い出し、相変わらず絵やスケッチ類の整理が進まない。

関連記事:
終活の手始め ・・・ スケッチ・デッサン・下絵・絵画の整理 ・・・ 2014.08.27


応援ありがとうございます


blogramのブログランキング
| 花の絵 ouna 作 | 09:15 | comments(6) | trackbacks(1) |

ツタと落ち葉のスケッチ ・・ 秋は落ち葉で楽しい絵遊び ・・♪♪

 

ツタ(蔦)と桜の落ち葉 スケッチ


ツタと桜落ち葉のスケッチ

ガッシュ スケッチ用ボールペン 水彩紙 40cm×36cm ouna 2014年10月.

ツタ(蔦)が地を這っていたので、曲線に置き換えて、紅葉して散った桜の葉を添えてスケッチしてみた。
このスケッチは作品にしていないけれど、紅葉・黄葉の落ち葉を大きな画面に描いてみたい、と夢見ている。

秋の夕暮れは、ちょっぴりセンチメンタルになる、ouna ですが、木々の紅葉・黄葉や草紅葉の美しさに毎年感嘆の声をあげる。

さっと吹く秋風に舞い散る葉を追って拾い集め、童心に返って落ち葉絵も描く。。。
絵といっても簡単なものだけど、絵具では出せない自然の美しい色合いの落ち葉、絵にして保存できないものかと思う。

最近、我が市道の街路樹が紅葉しないうちに剪定され、紅葉・黄葉や落ち葉拾いが楽しめなくて、がっかり。(* ̄□ ̄*;

 

落ち葉で描いた絵


イチョウ落ち葉で描いた若き日の ouna

街路樹のイチョウ落ち葉、ナンキンハゼなどで描いた。
若き日の ouna の姿 ヽ(*^^*)ノ


ouna が おみな だった頃のブログ「月の滴」の落ち葉絵の記事。
幼児向けの絵ですが・・・。

落ち葉で絵あそび・・・(1) 2007.12.03


落ち葉で絵あそび・・・(2) 2007.12.04


紅葉
ouna は一足早い紅葉を求めて、1泊2日で紅葉絶景の上高地へ行ってきます。
好天で視界がよいことを祈りながら・・・ ( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪

 
JUGEMテーマ:アート・デザイン


応援ありがとうございます
 blogramのブログランキング
| 花の絵 ouna 作 | 05:00 | comments(4) | trackbacks(0) |

薔薇のスケッチ * 庭の薔薇 * 終活で絵の整理中 ( ̄ー ̄)ノ"

 

薔薇(バラ)のスケッチ


ロイヤルハイネスのスケッチ

顔彩 鉛筆 スケッチブック F6号・両面 ouna 1978年頃


経年により、汚れ・破れ・色あせありで、とても見苦しい薔薇(バラ)のスケッチ。
この古びたスケッチには、忘れられない苦い思い出がある。(〃 ̄ω ̄〃ゞ

モデルの薔薇の名は、ロイヤル ハイネス − Royal Highness.
四季咲き、木立、大輪、ソフトピンクの気品ある美しい薔薇です。

当時、okina は狭い花壇に薔薇を数株植えて、咲かせては楽しんでいた。
日本画を習い始めていた ouna は、モデルにしてよく描いた。。。


庭に出て、スケッチブックに蕾・咲き始め・咲いたのなど描いて、先生に見ていただいた。
先生は開口一番、この薔薇は全てこちらに向いている、後ろには何があるの?とおっしゃった。
薔薇の背後、東側にブロックの塀があったのです。

見た儘を、克明にスケッチした初心者の ouna は恥ずかしかった。
もう一度スケッチして、F6号の本画にしたが、薔薇の絵は人気があって手元に残っていない。
残っている多数のスケッチ類は写真にして残し、古紙リサイクルに出そう。( ̄ー ̄)ノ" ゜

日本画のモデルになった薔薇たちは、家の改築時に整理されたか・・・?
現在の花壇は庭の中央に移ったので、日当たりが良くなり四方に伸びて咲くようになった。
 

okina が庭で咲かせた * 白い薔薇 * 赤い薔薇 *


庭で咲いた白い薔薇


庭で咲いた赤い薔薇


* 赤い薔薇 * 白い薔薇 * okina が咲かせて生けました〜 (>▽<;; 2014.05.27


JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 花の絵 ouna 作 | 20:00 | comments(8) | trackbacks(0) |

山茶花の絵 ・・終活で絵の整理中・・ 美品かな!?

山茶花の絵


白い花びらに紅のサザンカ

日本画
水干絵具・胡粉 雲肌麻紙ボード 8号 F ouna 制作 1981年12月〜1982年1月

この山茶花の日本画は、今まで断捨離といって仕分けした絵と異なり、シミ・汚れが少しもなくて美品!?
額に入れて収納してあったのが良かったのかも知れない。
けれど絵は未熟、手を入れて良い絵にして残して置くことにしよう。
 

山茶花のスケッチ


白い花びらに紅のサザンカ 紅色のサザンカ

スケッチ 画用紙 鉛筆 顔彩 ouna 1978年11月

破れたり色あせしているスケッチ類は、古紙リサイクルに・・・。

花

うちの庭の山茶花(サザンカ)は紅色の一重咲き。
ご近所の生垣に白い花びらに紅をさしたのが咲いていて好きだった。
自動車が通る市道脇なので、鉛筆で花の幾つかを素早くスケッチ、作品にしたのを覚えている。

山茶花はツバキ科で椿と似ているが、椿の花は葉の下側につき、山茶花の花は葉の上に咲く。
花期も春咲く遅咲きもあるが、山茶花の多くは10〜12月に咲き、椿は春に多く咲く。
山茶花の葉は椿よりも小さいので見分けられる。

絵を描いていると、植物のことが色々と覚えられてよかったかな・・・o(*^▽^*)o~♪

関連記事:
サザンカ(山茶花)の絵 2011.11.13


JUGEMテーマ:アート・デザイン

花

応援ありがとうございます
 blogramのブログランキング
| 花の絵 ouna 作 | 22:22 | comments(10) | trackbacks(0) |

柿・栗のスケッチ 〜終活で絵の整理中 なのに思い出に耽る〜

柿のスケッチ


筆柿 枝葉付

水彩絵の具 スケッチ用ボールペン 水彩紙 34cm×26cm ouna 2002年11月.

柿

いつになくスケッチ用ボールペンを使って、水彩絵の具で着色した比較的新しいスケッチ。
スケッチだけで終わり、作品にはしていない。

知人から頂いた枝葉付きの柿。スケッチの後は賞味したに違いない (○`〜´○)。
先がとがった小ぶりなこの柿の名は? 絵の整理中だけど調べてみると筆柿のよう。

 

栗のスケッチ


栗 枝葉

鉛筆・色鉛筆 画用紙 ouna 1980年10月4日 栗畑にて.

 

栗の枝葉のスケッチ


栗の枝葉

鉛筆 画用紙 ouna 1980年10月4日 栗畑にて.

栗

日本画を描くために写生・スケッチに明け暮れていた1980年頃。
栗が生っている木の下にイガグリが落ちている風景を描こうと思い、西宮市鷲林寺町にある栗畑に出かけた模様。
画用紙にメモがあるので思い出したが、栗畑がある場所をどうして知ったのかは分からない。

人影のない栗畑、イノシシが出るかも知れないのに・・・。
よそ様の栗畑に入り、無断で描かせていただき大胆なこと。m( ̄ー ̄)m
主に季節の花を追って、どこまでもスケッチに出かけていたその頃は、ouna もまだ若かった。

折角 遠くまで行って描いたのに本画が無い。
スケッチの枚数が少ないので、大きな作品にできなかったようです。
色あせ・たたみじわ がある見苦しいこのスケッチは古紙リサイクルに・・・。

数多い写生・スケッチ類の整理をしながら、当時の思い出に耽ってしまい作業がはかどらない。


関連記事:
花のスケッチ 3題 ・・・終活で絵の整理中 なれど進まず・・・ 2015.08.19

夏の花のスケッチ ・・終活で絵の整理中・・ 2015.07.14


JUGEMテーマ:アート・デザイン


応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング
| 花の絵 ouna 作 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) |